「友達に借りたお金を返したい」
「元彼に借りたお金を返したい」

大切な友達や彼氏彼女からお金を借りたけど、期限までに返せなくてそのまま縁が切れてしまった。お金を返したいけど今更言いにくくて、心の内でモヤモヤしている人はここで解決してください。

この記事でわかること
  • 今更言いにくい人にお金を返す方法

それでは早速説明していきます。

お金を返したい時に配慮すること

「当時、お金が無かったから」「返すのを忘れていた」など、何らかのきっかけでお金を返せなくなり、そのまま縁が切れてしまったことはありませんか?

お金を返していない時の心のモヤモヤは、長く記憶の片隅に残ってしまうものです。

そのモヤモヤを解決する方法は「お金を返す」しかありませんが、今更その人に連絡を取りにくいのではないでしょうか。

そんな状況で相手に配慮しながらお金を返すためには次の3Stepを考えてみましょう。

お金を返したい時の3Step
  1. 相手の状況をリサーチ
  2. 返す方法を検討
  3. 返済する

一番大切なことは、「相手の状況を配慮する」ことです。

【リサーチ】相手の状況を確認する

このような状態になるのは、借用書なしの個人間取引の場合です。借用書があれば裁判所を通じて回収の手続きがあったはずです。

これが借用書なしの個人間取引の場合、踏み倒されたお金は回収しにくいのが現実です。

貸したお金を踏み倒されている状態の人ができることは「証拠を集めて裁判」の手段しかありませんが、それには費用もかかるので泣き寝入りをするしか無かったのだと思います。

それと同時に、あなたとの縁を切る決断をしたはずです。

そんな人から急に「お金を返したい」と連絡が来れば怪しいと感じて嫌な思いをするかもしれません。

相手の気持ちを確認するには次の方法が有効です。

お金を返したい時の配慮1

第三者を交えたやりとりにする

共通の友人にそれとなく意思を伝えてもらったり、弁護士を通じたやりとりがおすすめです。

【検討】お金を返す方法を検討する

今更と思われる状況でお金を返したいなら返済の方法は一括返済に限ります。分割返済が許される程の信用はもう回復できません。

連絡手段があれば弁護士を通じた方法でスムーズに進めることができますが、この方法を選択するなら一括返済するようにしましょう。

それ以外の場合は、第三者を通じて振込先を教えてもらうなど、会うことを前提としない方法での返済を考えなければなりません。

お金を返す時の配慮2

相手が望まない限り無理に会わないようにする

いくらこちらが誠意を持ってお金を返したくても、相手がまた会いたいと思っているとは考えにくいことに配慮が必要です。

【行動】お金を返す

相手の気持ちに十分配慮した上で状況が整えば、ようやく借りたままになっているお金を返すことができます。

返済方法は、どのような場面でも口座振込にしましょう。

口座振込なら取引の証拠になるので個人間取引をする場合の鉄則です。

お金を返したい相手に誠心誠意の謝罪を伝えたい場合は文書で記して第三者に渡してもらうのがベストです。

お金を返す時の配慮3

返済は口座振込にして謝罪は文書で第三者から渡してもらう

望まない相手への連絡はご法度です。これらの配慮がなければあなたの心のモヤモヤを解消したいだけの自己満足になってしまい逆効果になってしまいます。

お金を一括で返す方法

一括でお金を返す方法

返し損ねたお金を返すなら、最大限相手に配慮をしたうえで振込で残額を一括返済するのが鉄則です。

もし、分割を前提に返済を考えていたならすぐに用意できるお金が足りないでしょうから次のことを一度考えてみてください。

一括返済できない時の選択

今はやめておくor借りてでも返す

この状況での究極の2択ではないでしょうか?それぞれ説明していきます。

【選択肢1】無理して返さない

お金を全額用意できない場合には無理して返さないことを選択しても仕方ないかもしれません。返したい気持ちを抑えてスルーしておけば慌てて返す必要も無くなります。

心の問題ですが、今後も絶対に縁が無いと言い切れる場合にはこちらを選ぶ方が正解になることもあるでしょう。

心配なのは何かの機会にお金を借りたままになっている相手やそのことを知っている人に偶然会ってしまったときのこと。もしくは相手から返済の依頼があった場合でしょうか。

どこで情報が伝わるかわかりませんし、同じ地域に住んでいれば会う可能性もゼロではありません。

なるべく恨みを買わないようにしておくほうが得策です。

【選択肢2】他から借りてでも返したい

買ってしまったお金の恨みはどんな形でも早いうちに解消するほうが良いに決まっています。

個人間でのトラブルは解決が難しいのですが、カードローンならどこにも恨みは発生しません

そういった意味でもお金を借りるところは個人ではなく事業としてサービスを提供しているカードローンを利用するのがベストです。

トラブル防止の鉄則

個人間でお金の取引はしないこと

個人間であれば融通が利くなどと言われますが、それは幻想でトラブルの種でしかありません。

お金の貸し借りの鉄則は、個人間の取引はしないことです。この記事に来た人ならば何らかの後ろめたい気持ちがあると思いますので次はこのような状況にならないようにしましょう。

カードローンを使って今のうちにお金を返したいと考えている人は次の特集記事から公式サイトに進みまずは審査をしてください。