お金に困ったとき、人からお金を借りるのであれば相手が納得できる理由が必要です。

貸して欲しい理由を正直に言えれば問題ないですが、言いたくない理由や特定の相手には知られたくないなどの事情がある場合もあります。

お金を借りる際に言いにくい理由を説明する女性

例えば「ついギャンブルに使いすぎた…」
などは言いにくい理由ですよね。

この記事でわかること
  • お金を借りる最適な理由・言い訳
  • 借りる理由が伝わりやすい相手の選び方
  • 理由を説明する上で気をつけたいポイント

「どう言えばいいのか」と考えを巡らせているのなら、お金を借りるときの理由としておすすめな言葉を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お金を借りる際によくある理由・言い訳

お金を借りるよくある理由

「借りる」ことを考える場合、数万・数十万と大きな金額が必要である状況が多いです。そのためお金を借りる理由としてよくあるのは、一般的に以下のような理由になります。

いずれにしても自分では今用意するのが難しいが、対応するのにお金が必要といった内容です。

よくあるお金を借りる理由

冠婚葬祭費
学費や進学、留学費
新生活の準備費
生活費
車の購入費
住宅購入・引っ越し費
医療費
事故の賠償・慰謝料
その他トラブル解決費

学生がお金を借りる理由

  • 学費や進学費、留学費、新生活の準備費

将来のための投資としてのお金や、新たな生活をスタートするためのお金が必要になる場合が多いです。

社会人(20〜30代)がお金を借りる理由

  • 冠婚葬祭費、生活費、車の購入費、住宅購入・引っ越し費

特に冠婚葬祭費に関しては、タイミングが重なったり遠方であれば交通費もかさむため、ひと月で数十万の出費になる場合もあります。

40代〜がお金を借りる理由

  • 住宅購入・引っ越し費、医療費、事故の賠償・慰謝料、その他トラブル解決費

病気にかかりやすくなったり、親の介護が始まってくる世代のため、医療費や事故、トラブル解決などでお金が必要になる傾向があります。

また本人が必要な場合と、自分以外で子供や家族のために必要という場合もあります。

相手に理解してもらいやすい理由とは

「今日、財布を忘れた…」という、ちょっとしたお金の貸し借りであればすぐに貸してもらいやすいですが、金額が大きくなるにつれ借りる理由が大切になってきます。

この理由には「緊急性」「限定性」「損害性」「共感性」「ポジティブorネガティブ」の5つが絡み合っています。

緊急性 突発的な出来事や急な締切期限などの定め
限定性 年齢や期間など条件の定め、1回きり
損害性 何かしらの損失が発生する、状況が悪化するなど
※対応しないことでのデメリット
共感性 大変さ、辛さ、仕方ないなど
※状況理解の深さに繋がる
ポジティブ
or
ネガティブ
理由の印象が自分への印象に繋がる
※学費→頑張っている、生活費→お金にだらしない?等

「緊急性」「限定性」「損害性」

「緊急性」「限定性」「損害性」の3つに当てはまる数が多い程、お金を借りる必要性が相手に伝わりやすくなります

逆に、この3つを満たしていない理由は「今絶対に必要なの?」と疑問を抱かれやすくなります。

「共感性」

「共感性」については、相手も同じような苦労をしていれば「自分も大変な思いをした」と困っている状況を理解してもらいやすくなります

つまり「誰に頼むか?」を考える時に考慮した方がいい内容です。

例:駐禁の罰金
支払った経験の有無で以下のように相手の反応が変わる
支払経験アリ「運が悪かったな、あの罰金はイタイよな」となりやすい
支払経験ナシ「なんで駐車場に停めなかったの?」となりやすい

「ポジティブorネガティブ」

「ポジティブorネガティブ」については、頼まれた相手が理由に対して抱く印象のことを指します。

ポジティブな理由の方が理解はされやすいです。
一方、ネガティブな理由であっても借りれなくなるわけではありません。ですが「どうしてそうなったの?」と経緯を細かく問われたり、口うるさく言われてしまう傾向は強くなります。

注意すべきなのが借りる理由の印象が、自分への印象に繋がりやすい点です。そのため今後の信頼感に影響する場合があります。

これも「共感性」と同様に「誰に頼むか?」を考える時に考慮した方がいい内容です。

お金を借りる際に言いにくい理由を説明する女性

例えば「子供の高校入学費用を貸して欲しい」
という理由であれば以下のようになります。

【例】理由:子供の高校入学費用を借りたい場合

緊急性 振込期限がある、期限が短い
限定性 制限アリの場合がある(平成××年3月中学校卒業見込みの者等)
損害性 振込まなければせっかく受かった高校に進学できなくなる
共感性 自分の子供も受験費や入学費など貯めるのが大変だったな
ポジティブ
or
ネガティブ
進学という喜ばしい出来事

子供の入学費用を借りたい場合は、以上のように「緊急性」「限定性」「損害性」の3つに該当しているので、相手が必要性を認識しやいすい理由になります。

更に、相手にも子供がいる場合は「自分もそうだったな」と「共感性」が高まりより助けてもらいやすくなります

くわえて、進学というポジティブな内容であることから、貸しにくさが軽減され「子供の将来に関わることだものね」と貸してもらいやすい理由ということになります。

お金を借りる理由として望ましいのは、貸し手が納得できる理由であることです。
相手が「 返済の不安感 < 借りる理由の納得感 」となれば、助けてくれるでしょう。

理解してもらいやすい理由のポイント
  • 借りる理由は「貸し手」が納得できる内容である必要がある
  • 借りる理由が「緊急性」「限定性」「損害性」の3つにあてはまっていれば、必要性を認識しやいすい理由になる

理由だけじゃダメ、頼む相手の選び方

お金を借りる相談をする相手を迷っている男性と不思議そうに男性を見つめる女性のイラスト

お金を借りたい理由がしっかりしたものであっても、借りる相手の選択を間違えれば借りれない場合があります。
そうなるとせっかく借りる理由を伝わりやすくしたところで、無駄になってしまいます。

また、借りれた後にトラブルに発展することもありますので、嫌な思いをしないように対処しておきましょう。

以下の3つのポイントを照らし合わせて、借りる理由を理解してくれそうな相手に相談しましょう。

借りる相手を選ぶ3つの基準

借りる相手は、以下の項目を軸に判断することをおすすめします。
この3つを事前に確認しておくことは「借りやすさの判断」と「トラブル回避」に繋がります。

頼む相手を判断する3つのポイント
  1. 相手との信頼関係
  2. 相手の現在の生活状況
  3. 口の堅さ(黙っていてくれそうか)

相手との信頼関係

貸し手が一番気になるのは「きちんと返済できるのか?」ですので、借りる相手と自分の間で信頼関係はあるに越したことはありません。信頼関係がそのまま返済への信頼に繋がります

一般的には親や兄弟などの関係性が近い人の方が借りやすいですが、もの凄く仲が悪いのであれば無理に相談せず、親戚など別の人に相談した方が円満に進みます。

相手の生活状況

相手の生活状況も把握できるのなら、それとなく確認しておいた方が良いです。子供が大学進学を控えている、事故で怪我をした直後など、お金を借りることが難しい状況の相手に相談しても借りることが難しいためです。

口の堅さ・黙っていてくれそうか?

お金を借りたことを周囲にバレたくない人は「相手の口の堅さ」についても気にしておきましょう。身内同士など、関係性が近い中で知らぬ間に広まってしまう場合があります。

借りれれば誰でもいいと手当り次第に相談するのではなく、関係性に不安がある人には相談しないことも大切です。

3つの基準を照らし合わせて相談できそうな相手を選ぶことができれば、次はその相手が「身内」「知人」で理由を工夫しましょう。

相手によって理解しやすい理由が変わってくるからです。

【身内】親に借りる

親に借りやすい理由
冠婚葬祭費/生活費/事故の賠償・慰謝料/その他トラブル解決金
比較的どんな理由であっても助けてくれる可能性は高い

「お金を借りる」というデリケートな相談がしやすいのはやはり身内です。

身内の中でも一番相談しやすく借りやすいのは親でしょう。頼んだ経験がすでにある人も多いかもしれません。

親に相談する場合は、理由がネガティブなものであっても「助けてやりたい」と思うのが親心です。長年の親子関係もありますので、比較的どんな理由であっても助けてくれる可能性は高いです。

家庭事情などにより一概には言えないにしろ、緊急性や損害性の高い生活に必要なお金やトラブル解決のお金を借りるのに頼みやすい相手です。

【身内】兄弟に借りる

兄弟に借りやすい理由
冠婚葬祭費/生活費/医療費/その他トラブル解決金
ネガティブな理由でも理解してもらいやすい
少額を借りたい場合の相談相手として適している

親に言いにくい場合は、兄弟に相談するという方法が取れます。関係性が近いため親と同様に、家族だからこそ相談できる強みがあり、包み隠さず本音での話やすさもあります。

そのため、ネガティブな理由であっても理解してもらいやすい相手です。

ただし、年齢が近いほど収入や家庭状況が似ている可能性が高いため、大きなお金を借りることは難しかもしれません。

限定性が高い理由や比較的少額を借りたい場合の相談相手に適しています。

【身内】親戚に借りる

親戚に借りやすい理由
学費や進学/留学費/新生活の準備金/冠婚葬祭費/住宅購入・引っ越し資金
ポジティブな理由の方が良い
大きな金額を借りる相談相手としても適している

親に言いにくい場合、親戚も相談しやすい相手です。特に子供の頃から可愛がってもらっていたなら、親のように親身になってくれるでしょう。

全く交流がない場合は、いきなりお金の相談となると印象が良くないため、理由はしっかりと説明する必要があります。可能であれば、日頃から交流を深めておくのがおすすめです。

基本的には限定性が高い「お祝い事」など、ポジティブな理由が適しています。また、関係性が薄い場合は「共感性」が高い理由の方が理解してもらいやすいです。

また、親と年齢が近いはずですので、大きな金額を借りる相手としても適しています。

気をつけなければならないのが、親に黙っていて欲しい場合です。黙っていて欲しいとお願いしても、心配や延滞した場合に親に喋ってしまう可能性がありますので、口止めのお願いはしっかりしておきましょう

また、身内とは言え親子関係ではありません。返済はきちんと行わなければ信頼を一気に失う相手でもあります。
親戚同士の借金はのちのトラブルに発展しやすい問題の一つなので、信頼関係を崩すような言動には十分気をつけてください。

【身内】祖父母に借りる

祖父母に借りやすい理由
冠婚葬祭費/新生活の準備金/冠婚葬祭費/生活費/車の購入費/住宅購入・引っ越し資金
ポジティブな理由の方が良い

親に言いにくい場合に相談できる相手で、祖父母も考えられます。

余程のことが無い限り、祖父母は孫を可愛がってくれるはずですので、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

祖父母であれば高齢ですので、一度感じた不安な部分は強く記憶に残ってしまいます。そのため余計な心配をさせすぎないようには気をつけましょう。

祖父母に借りる場合は、できるだけ健康状態の悪化やトラブルを感じる理由は避けましょう。ポジティブな理由で相談するのが適しています。

親に黙っていて欲しい場合は、親戚同様に話されてしまう可能性がありますので要注意です。
話してしまう可能性で言えば、親戚より高まります。最悪、親に知られてもいい理由であれば安全です。

【知人】友人に借りる

友人に借りやすい理由
冠婚葬祭費/医療費/事故の賠償・慰謝料/その他トラブル解決金
少額で共感を得られる理由が良い

相談できる相手はかなり絞られてきますが、身内に相談できない場合は知人に相談することが考えられます。

知人となるとまず、友人が挙げられます。
お金を借りる相談ができる友人となると、ある程度信頼関係は成り立っているはずですので、ネガティブな理由でも相談できるでしょう。

知人から借りる場合、ポジティブ・ネガティブというよりは「共感性」の高い理由であることの方が重要です。身内より価値観に差があることが想定できますので、必要だと理解してもらうハードルが上がるからです。

注意点は、理由が自分都合であると借りることが難しくなります。
例えば、「生活レベルを上げたいから車購入や引っ越しをしたい」となると難しくなります。想像できると思いますが「我慢すればいいんじゃない?」となってしまいますので、どうしてもの場合は身内への相談の方が良いでしょう。

また、心許せる友人であっても他人です。返済について身内よりシビアになるのは当然ですので、返済に不安感を与える理由や態度は避けましょう

友人に借りる場合は、必要な金額の一部などできるだけ少額で、共感性の高い理由の方が良いでしょう。

【知人】上司に借りる

上司に借りやすい理由
冠婚葬祭費、生活費、医療費、事故の賠償・慰謝料、その他トラブル解決金
仕事に影響が出る理由や共感を得られる理由が良い

信頼関係が築けているのであれば、職場の上司に相談する方法もあります。

特に仕事に影響が出る理由であれば、親身に相談に乗ってくれるかもしれません。プライベートな話ができる程に関係性が築けているのであれば、子供や配偶者など家族がまつわる理由は共感してもらいやすいでしょう。

ですが、あくまで仕事での関係性のため、積極的に相談することはおすすめしません。
また、借りた後に関係性がこじれると、職場に居づらくなったり一括返済を要求されるリスクは友人より高くなります。

誠意ある態度も忘れないで

お金を借りる時に大切な頼み方

身内でなくとも人からお金を借りる場合の大前提として「誠意ある態度で頼むこと」はかかせません。ここを疎かにすると貸してもらえたはずが貸してもらえない事態になりますので、忘れずに心に留めておいてください。

貸す側は当然、どうしてお金を必要とする理由を知りたいと思います。いくら親でもフリーローンのように、貸したお金の使い道は自由とはいきません

そのため、借りる理由は「貸し手」が納得できる必要があると述べました。
そして、後から揉めないためにも相手が抱える返済の不安をできるだけ軽くする配慮もしておくべきです。

「お金を何に使うのか?」
「なぜお金が必要なのか?」
「どのように返していくつもりなのか」

以上のことをポイントにお金を必要とする理由は、焦らず落ち着いてきちんと説明しましょう

親身になってくれるがゆえ、うるさくグチグチ言われたり叱られることもあります。「どうしてそこまで言われなければならないんだ」と言いたくなりますが、お願いしている立場であることは忘れないでください。
逆ギレせず、相手の話も冷静に聞くようにしましょう。

不誠実な態度のせいで助けてもらえなくなるのは、非常に残念なことです。

身内から借りる場合は、つい甘えも出やすいです。ちょっとした喧嘩から貸したお金の話になりトラブルに発展することもありますので、返済はうやむやにしないようにしましょう。

お願いせずにお金を借りる方法

人からお金を借りる以外のお金を借りる方法

お金を借りる以上、身内であっても知人であっても「伝え方」を間違えるとの信頼関係が壊れてしまうリスクがあります。
よっぽどお金に余裕がある相手で無い限り、お願いしてから実際にお金を受け取るまでの時間もある程度必要です。

したがって、お金を借りるときは本来であれば、できるだけ他の人を巻き込まないようにすることが一番賢い方法です。

潔い手段であれば「消費者金融でお金を借りる」という選択肢もあります。

人からお金を借りる場合は、高額になるほど頼んですぐの入金は難しいので、その時間を待てるのであれば最初からカードローンで借りる方がリスクが少なくて済みます。

誰にも頭を下げずに済み、苦しい言い訳を考える必要もありません。

何より相手との関係性を壊すことがなく、最短1時間程度でお金を借りれることが最大のメリットです。

人から借りることに迷いがあるのであれば、検討してみるのも賢い選択です。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。