一番早くお金を借りる方法を知りたい女性

お金を借りようと思うのですが
1番早く借りれる方法は?

早くお金を借りたいのなら、ネットを利用することが一番です。スマホがあれば24時間365日、いつでもどこでも申込むことが可能です。

この記事でわかること
  • 一番早くお金を借りる方法
  • 「早さ」だけじゃない「安心」も兼ね備えた借入先

この記事では、安心して早くお金を借りる方法を解説します。

大手消費者金融であれば最短1時間で融資可能

ネットでお金を借りる一番早い方法は、消費者金融を利用することです。
消費者金融以外にも銀行系カードローンがありますが、銀行系は現在、即日融資ができなくなっています。

そのため、借入までの早さを求めるなら消費者金融一択となります。

また、消費者金融の中でも「大手消費者金融」であればネットサービスが充実しており、対応もしっかりしているため、申込みを行うと最短30分程度で審査が終わります。もちろん申込状況によって審査にかかる時間は異なりますが、会社によっては申込後に電話することで審査を優先してくれる所もあります。

口座振込も可能なので審査に通れば窓口に行く必要なく、最短1時間で口座にお金を振り込まれている状態を作ることができます。

大手消費者金融は提携ATMが利用できて便利だということを説明する女性の画像

提携ATMが使える点も大手ならではの便利さです。
近くに銀行や無人機がなくてもお金を引き出すことが可能です。

そして、ネット経由で審査申込みを行うと特典サービスを受けれる大手消費者金融もあり、例えばアイフルであれば契約後30日間金利0円サービスがあります。

このようにネットからの申込みは、お金を借りる一番早い方法なだけでなく、簡単でお得に借りれる方法でもあります。

ネットでお金を借りる一番早い方法

ネットでお金を借りる一番早い方法大手消費者金融への申込むこと

甘い言葉に騙されないで!審査なしの借入は危険

審査なしでお金を貸そうとする業者の画像

借入するときに最も危険なのは「誰でも借りれる」「ブラックOK」などの言葉です。他にも以下のような言葉は注意です。

ネット申込みで注意すべき言葉
  • 即日審査なし! ※通常お金を借りる時に審査なしはあり得ない
  • 即日未成年OK! ※大手消費者金融では親の同意が必要
  • 即日無職OK! ※返済手段が無い人には通常お金を貸せない

特に、銀行や消費者金融などの正規金融機関では、審査なしでお金を融資することはありません

大切なことですので、もう一度言います。
審査なしでお金を借りることはできません。

貸し手側からすると貸し倒れのリスクがあるため、きちんと返してもらえる金額で貸そうとするのは当然です。貸すだけ貸してなんとしても回収する、という借り手側のことを無視した貸し方は行わないと言うことです。借り手側もその場しのぎになってしまい、どんどん借金が膨らんでいく結果となれば生活ができなくなります。

返済能力を判断せずにお金を貸すことは、最終的に双方にとってリスクでしかありません。

緊急性の高い状態で一刻も早く借入したい人ほど、冷静になることが難しい状況なのはよく分かります。どうしてもの場合は債務整理を相談する、市役所などの公的機関からお金を借りるという方法もあります。

焦ってさらに苦しい状況にならないために、次に解説する正規業者を見分ける方法を覚えておいてください。

借入時には必ず貸金業登録番号を確認する

正規の貸金業者を見分けるには貸金業登録番号を確認することが大切

インターネットは、誰でも情報を発信できる世界です。実店舗を持たず、匿名でも「お金貸します」と案内を出すことができます。その結果、貸金業として正規に登録されていない金融会社や個人も残念ながら紛れています。

貸金業登録されている正規業者は貸金業登録番号を持っています。この貸金業登録番号は表示義務があるため、正規業者であれば店舗営業の場合は必ず店舗内に掲示、ネット営業であれば必ずサイト内に貸金業登録番号を記載しています。

正規業者を見分けるにはサイト内に○○知事(2)第000XX号と表示があるか確認しましょう。サイト最下部に記載してあることが多いです。

見つけたとしても聞き慣れない業者であれば、念の為金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索することもできます。安心して借りれる所なのか確認することはとても重要です。

優良貸金業者は更新数で見分ける

貸金業登録番号の見方を説明した画像

貸金業登録番号は「登録先の財務局や都道府県名」「登録更新数を示す数字」、そして「業者を識別する番号」の3つの構成になっています。

特にカッコ内の登録更新数を示す数字が大きいほど優良貸金業者であると判断できます。

3年ごとに更新される回数ですが、大手消費者金融のアイフルやプロミスは更新回数が12回、同じ大手で創業年数が30年程開きのあるSMBCモビットも更新回数7回と、十分信用に繋がる更新回数になっています。
※ 2020年01月時点

ネットでお金を借りるときの注意点

お金を借りる際は貸金業登録番号登録更新数をしっかり確認すること

ネットでお金を借りることに不安がある人が選ぶべき借入先

赤いハートマークを両手で囲み安心を表わしている画像

「早いのは分かったけど、消費者金融ってイメージがあまり良くない…」という人は、銀行の傘下になっている大手消費者金融をおすすめします。
銀行傘下の消費者金融は、いわゆる大手消費者金融と呼ばれているSMBCグループのSMBCモビットやプロミスなどです。先程説明した通り、貸金業登録番号の更新回数で見ても、もちろん優良貸金業者です。

「早い方がいいけど時間に余裕が全く無いわけじゃない」という人は、銀行系カードローンもおすすめです。
銀行は普段から多くの人が自分のお金を預けているので、大きな安心感があります。

このように不安な人は聞いたこともない会社は避けて、銀行、またはその銀行傘下の大手消費者金融から借りましょう。

この2つであれば間違いなく安心です。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

お金を借りるならどっちがいい?銀行と大手消費者金融のカードローンの違い

金利が安い銀行と借入が早い大手消費者金融の違いを時間とお金を天秤にかけている画像で表している

カードローンの場合、銀行も大手消費者金融も共にネット申込みでお金を借りることができます。どちらもサイト機能が充実しているため、スマホから誰でも簡単に申込みが可能です。

異なる点は、金利や借入可能額、審査時間など、借入条件です。特に、借入の際に気になる金利借入までの早さに大きな違いがあります。

銀行と消費者金融の違い
  • お金を借りるときの金利が低いのは銀行系カードローン
  • お金を借りるまでの時間が早いのは消費者金融カードローン

金利の低さで選ぶなら銀行系カードローン

お金を借りる際、気になるのは金利だと思います。できるだけ低金利に越したことはありません。
金利の低さで選ぶなら、銀行系カードローンがおすすめです。すでに給与振込口座で利用している銀行があれば、安心感もあります。

消費者金融と比べると、銀行系カードローンの方が金利が3%程低くなります。

ただし、銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低い代わりに審査は厳しくなるのが一般的ですので、借入まで約1週間程かかる場合があります。

また、銀行系カードローンでは即日での融資はできませんので、即日希望の人は消費者金融を選ぶ必要があります。

至急借りるなら消費者金融カードローン

少しでも早くお金を借りたい場合は、消費者金融がおすすめです。現在、最短即日融資ができるのは消費者金融だけですので、とにかく急いでる人は消費者金融一択です。

その代わり、銀行系カードローンと比べると金利が3%程高くなります。

ちなみに、消費者金融の中には「大手」だけでなく「中小」もあります。中小は大手で借りれなかった人も受け入れている所もありますので、審査が通りやすい一面があります。

ですが、先に中小に申込み万が一審査に落ちた場合は借入先がないに等しくなりますので、まずは必ず大手消費者金融から申込みましょう

お金を借りるのに大切なのは「いつまで」にお金を借りたいか

お金を借りる時は金利と時間のバランスをよく考えて借りようという意味を示しているカレンダーと鉛筆の画像

銀行も消費者金融もシーズンや時間帯、曜日によって審査状況は異なりますので、借入までの時間は余分に見積もっておくのが賢明です。

いつまでにお金が必要かは今一度、よく確認しておいてください。

時間 金利
銀行
時間に余裕あり
大手消費者金融
即日可
できるだけ早い

このように「金利」と「いつまでに必要か」のバランスを考えて、自分に合った借入れ先を選んでください

ネットでお金を借りる最も早く安全な方法

5個中1個のライトが点滅している画像、安心して早く借りるには大手消費者金融を選ぶことが大切なことを示している

ネットで少しでも早く安全にお金を借りたい場合は、SMBCモビットなどの大手消費者金融を利用しましょう。はじめての利用であれば審査通過も難しくありません。

ネットは手軽ゆえに、借りる相手の信頼性が一番大切です。

ネットでお金を借りる一番おすすめな方法

早さ・手軽さ・信頼性」から総合的におすすめできるのはネット経由で大手消費者金融会社に申込むことです。

スマホがあれば、借入の審査申込みから契約まで全てネットで完結することができるので、本人確認書類や源泉徴収票などの審査に必要な個人情報書類もネット経由で提出することができます

借入までの時間が早いだけでなく、銀行傘下で安心な大手消費者金融はSMBCグループのSMBCモビット、プロミスがあります。

SMBCモビットであれば、気になる在籍確認が電話以外の方法で対応してもらえるため「会社にバレてしまうんじゃないか…」という不安も解消されます

10秒で簡易審査ができるので、以下のSMBCモビット公式サイトから詳細を確認してみてください。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!