大学の掲示板を見ている大学生たち

学生であってもお金が必要になることはあります。

例えば、サークルや友達づきあいのお金だけでなく、将来に関わる試験費や実習費、学費や一人暮らしの仕送りがストップしてしまうパターンもあります。私も学生時代に「学費の支払いが難しくなった」と、親から突然言われた一人です。

そんな時、学生にできるお金の借り方が4つあります。お金の悩みを抱えている学生さんは参考にしてください。

この記事でわかること
  • 学生でもお金を借りれる4つの方法
  • 学生がお金を借りた場合に注意しておくこと

この記事は、決して無理な借入を推奨するものではありません。緊急時や将来に向けて学生のうちに経験しておきたいことのために、方法の一つとしてご紹介しています。利用の際はきちんとした返済計画を立てた上で、利用しましょう。

学生でお金を借りる4つの方法

学生がお金を借りるには、「奨学金」「クレジットカードのキャッシング機能」「学生ローン」「カードローン」の4つが挙げられます。融資条件として年齢や借入金額などそれぞれに特徴があるため、学生でお金を借りたい場合はよく内容を理解しておく必要があります。

奨学金
  • 未成年でも借入可
  • 在学中は無利息
  • 卒業後に返済開始
  • 親権者の同意が必要
    クレジットカード
    (キャッシング枠)
    • 親の同意があれば未成年可
    • 資金使途は自由
    • 借入額は年収の1/3までの制限あり
    カードローン
    • 未成年は利用不可
    • 資金使途は自由
    • 最短即日融資が可
    • 親バレを避けられる
    • 借入額は年収の1/3までの制限あり
    学生ローン
    • 未成年者でも利用できる場合あり
    • 資金使途は自由(※制限がある場合もある)
    • 借入額は年収の1/3までの制限あり

    アイフル

    1. 金利:3.0%~18.0%
      (実質年率)
      融資額:800万円以内

      ※当社ご利用限度額が50万円超、
       または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
       源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

      おすすめ度 5.0
      速さ・利便性 5.0
      安心度 5.0
    • ポイント
    • 審査条件
    • アドバイス
    • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

      事前に融資可能か診断できる

      最短30分で審査

      WEBで完結するから誰にも知られない

      ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
    • スマホの方は横にスクロールできます
      誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
      ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
      ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
      担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
      収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
      ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
      即日融資は可能? 即日借りれる!
      ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
      返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
       35日以内または毎月約定日払い
      ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
       ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
      必要な申込書類は? 運転免許証など
      返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
      ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
    • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
      今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

    公式サイトでもっと詳しく
    1秒で結果がわかる簡易診断あり

    アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。

    奨学金制度を利用してお金を借りる

    学生がお金を借りる王道の方法として、奨学金制度があります。

    奨学金は学費や卒業までの毎月の生活費など、まとまったお金を借りたいときに便利です。返済は卒業半年後からの開始になります。

    奨学金制度には「貸与型」と「給付型」があり、利子の有無などが異なります。

    国が実施する貸与型の奨学金のため、親権者の許可や収入証明、親権者以外での連帯保証人が必要になり、募集定員や時期にも限りがあります。

    奨学金制度の借入条件

    • 未成年でも借入可能
    • 親権者の許可と親権者以外の連帯保証人が必要

    金銭的に進学が難しい人も、奨学金制度を利用すれば諦めずに将来の可能性を広げることができます。ただし借入総額が大きくなるパターンが多いため、卒業後に安定した収入源を確保できなければ返済で生活が苦しくなる場合があります。

    繰上げ返済も可能ですが、借入金額によっては何十年とかけて返済していきますので、月々の返済予定額はしっかりと確認しておきましょう

    日本学生支援機構の公式サイトから詳細を確認することができます。奨学金制度を利用したい学生の方は、一度確認をしてみてください。

    クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

    クレジットカードを既に持っている場合、契約時にキャッシング枠も申込みをしていればキャッシング枠を利用することが可能です。キャッシング枠の申込みを行っていない場合は、新たに申込むことは可能ですが安定した収入が必要です。

    消費者金融の借入条件

    • 高校生を除く18歳以上であること
      ※未成年は親の同意が必要
    • アルバイトなど安定した収入が毎月あること

    キャッシング枠は総量規制の対象となるため年収の1/3までしか借入できません。基本的に0〜5万までのところが多いです。

    また、キャッシング枠はクレジットの総利用枠に含まれます。残高不足でクレジットの引落ができない状態にならないよう、支払い月の調整も必要です。

    カードローンを利用してお金を借りる

    消費者金融のカードローンであれば、最短即日で融資してもらうことが可能です。借入条件は以下の2つです。

    消費者金融の借入条件

    • 満20歳以上であること
    • アルバイトなど安定した収入が毎月あること

    以上2点は両方必須の条件になります。残念ながら未成年は安定した収入があっても借入することができません。また、満20歳以上でも安定した収入がない場合も借入することができません。

    借入は総量規制に基づくため、借入金額は年収の1/3までになります。

    フリーローンのため、使用用途は自由です。学業に関することはもちろん、旅行やサークルに必要な道具を買うなどにも利用することができます。

    学生ローンを利用してお金を借りる

    学生ローンも基本的には消費者金融と同じ条件になります。

    消費者金融の借入条件

    • 満20歳以上であること
    • アルバイトなど安定した収入が毎月あること

    稀に未成年であっても融資可能な学生ローンもあります。

    学生ローンの場合は、使用用途が学業に関することのみに限られている場合があることと、来店が必要な所が多く雑居ビルの一室で入りにくい場所にあることもあります。年齢以外の借入条件もしっかり確認しておく必要があります。

    学生でお金を借りた場合に注意したい2点

    学生がお金を借りたときに一番気になるのは、お金を借りたことが親や家族にバレることではないでしょうか。

    うっかりミスで知られたくない人にキャッシングを知られてしまうパターンがあります。気にならない人は問題ありませんが、絶対に人にバレたくない人は以下の2点には注意しておく必要があります。

    親にバレたくなければ郵送物に注意する

    一人暮らしの場合、親バレの心配はほぼありません。しかし、実家暮らし親の同意書が必要ない方法でお金を借りた場合は注意が必要です。

    消費者金融や学生ローンなどでお金を借りると「契約書」や「明細書」が自宅宛に送られてくることがあります。「親展」で届きますのでなので基本的に本人以外は開封することはないでしょうが、開封されてしまうとバレてしまいます。実家暮らしの人は郵便物に気をつけましょう

    例えば、消費者金融会社から送られてくる郵送物は主に次の5つです。

    1. 契約書
    2. キャッシングカード(希望の場合)
    3. 利用明細書
    4. 重要なお知らせなど
    5. 督促状

    これらの郵送物が届くのは避けられませんが、減らすことは可能です。例えば、利用明細は借入返済時にその場で発行してくれるATMなどを利用すれば、すでに発行済のため自宅に届くことはありません。また、催促状は返済を延滞しない限り発行されることはありませんので、返済を延滞しないことも重要です。

    学生時代の延滞は思わぬところで影響が出る可能性がある

    特に、クレジットカードやカードローンの延滞は、後に思わぬところで影響が出る場合があります。

    例えば、将来の結婚生活で住宅ローンを使って家を買う際に、過去の滞納履歴が融資審査にマイナスとなり審査に落ちるなどのパターンがあります。思い当たる節がなく審査に落ちた場合、調べてみるとローンの返済や学生時代のケータイ代未払いの履歴が残っていた…などよくある事例です。

    もしかしてお金にルーズ?と相手に誤解を与えかねませんので、ローンの返済は絶対に遅れないようにしましょう。

    学生がお金を借りる方法のまとめ

    学生でお金が必要になる場面は、以下のような状況が多いです。しかも期限までにお金を用意しなければ実習を受けれなくなり、卒業に関わってくる場合もあります。

    • 参考書やサークル活動費が必要
    • 卒業を控えた資格の受験料や実習費が足りない
    • 将来のために学生のうちに留学したい
    • 親からの仕送りが難しくなった
    • 学生のうちに車の免許を取っておきたい

    このようなお金の悩みを抱えているのであれば、学生がお金を借りる方法とポイントをしっかり把握して、借入の検討してみるもの良いでしょう。

    学生がお金を借りる4つの方法
    • 奨学金
    • クレジットカード(キャッシング枠)
    • カードローン
    • カードローン
    学生がお金を借りる時の基本的な条件
    • 満20歳以上であること
    • アルバイトで毎月安定した収入があること
    学生でお金をかりた時に気をつけること
    • 実家ぐらしの場合は郵送物に気をつける
    • 延滞は絶対にしない

    チカミチでよく検索される言葉
    お金借りる 学生/学生 お金 借りる 学費/学生 お金 借りる 知恵袋/親 に お金 借りる 大学生/学生 お金 が 必要/学生 100 万 借りる