融資契約の審査が通らなくても、金融会社は審査に落ちた理由を教えてくれません。

ですが、審査が通らない人には共通の理由がありますので、どうしても審査が通らない人は一度読んでください。

石の上にも6か月!?失われた信用を取り戻したい

「まさか自分がお金を借りれないなんて!」ローン審査に落ちてお金を借りれない人は、どうすればお金を借りることができるのかでしょうか?

それを知るためには、ローンの仕組みを少しだけ理解しなければなりません。実は、あなたがお金を借りれないのは、信用情報に傷があることが原因である可能性が高いです。

信用情報とはざっくりと言えば、借入希望者の全ての借入履歴等が詰まったデータです。これに傷があるということは、返済能力が低い可能性があるということを表します。

もし、信用が原因でローン審査に落ちた場合は、信用情報を綺麗な状態に直せば審査が通りやすくなります。ここでは、お金を借りれない人のためのローン審査対策法を紹介していきます。

6か月耐えることはできますか?

金融会社が照会する信用情報機関は主にCICとJICCです。ここで照会される履歴データには、保有しているクレジットカードの2年分の支払い履歴のほか、スマホ機種分割の支払い、消費者金融などからの借入と返済状況が毎月更新で記載されています。

そして、この履歴データには直近6か月間に新規で申込まれたクレジットカードや借入の履歴が掲載されていることに注意してください。

この履歴を見れば審査申込みだけでなく結果までわかるので、6か月間の申込みの数とその結果を重要な判断材料として審査します。

審査に落ちる心当たりがない場合、この申込情報が原因となっている可能性が高いと判断できます。

この申込情報は、保有日数は6か月ということが重要なポイントです。

ローン審査を通す前や審査に落ちた場合は、まず次のことを考えましょう。

  1. クレジットカードを作らない
  2. 新規でローンなど借入申込みをしない
  3. 返済遅延などをしない
  4. カードのキャッシング枠を増やさない
  5. クレジットカードでの買い物を控える
  6. リボ払いはしない

更に、これを6か月間継続しましょう。

情報の保有期間が6か月ということもあり、この期間を耐えれば原因である申込情報がクリアになり、審査結果の改善が見込めます。

6か月耐えるだけでは足りない人もいる

お金を借りる時に、次のような状態にある人はそもそも審査は通りません。

  1. 過去に返済トラブルがあった
  2. 半年以内にカードローンを複数申し込んだ
  3. 半年以内にクレジットカードを沢山作った
  4. 金融機関からの借入総額が多い(年収の1/3以上ある)※総量規制
  5. 安定した収入が無い

その他、融資基準として年間収入を100万円〜200万円以上(※金融機関により異なる)に設定している金融機関もあるので、お金を借りる前に融資条件を調べておくことが必要です。

これも関係あるの!?信用情報の落とし穴

ローンやキャッシング審査に落ちる理由に心当たりが無い時は、意外なところで審査落ちの条件に該当しているかもしれません。

ローン審査は、他社借入状況や年収、職業などが基本になりますが、「クレジットカードのキャッシング枠」や、携帯電話契約にかかる「機種分割払い」にも注意が必要です。

気付いていない借入になっていたり、使っていないだけで高額なキャッシング枠があれば審査にマイナス影響します。

わたしも見落とした信用情報の盲点

審査を受けるにあたって見落としがちなポイントを確認しましょう。

年齢(20歳以上から借入可能)
1か月に3件以上ローン申請をした
キャッシング枠付きのクレジットカードが大量にある
スマホの機種分割料金の支払いを延滞したことがある
過払い金請求をしたことがある

これらは全て、信用情報に記録されている内容ですので、不自然な点があれば審査が通らない可能性が高くなります。

スマホの契約と借入審査の落とし穴

最新のスマホを購入するとき、機種料金を2年〜4年などの分割払いにしていませんか?

2年縛りは機種料金の分割払い期間でもあります。

機種分割払いで携帯の契約をした場合、携帯電話会社が一旦機種の代金を融資する形になっていて、ユーザーは月賦で携帯電話会社に返済しています

高額なスマホ機種を契約するとき、実は携帯電話会社もこれらの信用情報機関に信用情報を照会しています。

また、これらの契約情報と返済状況は常に信用情報機関に保管されるため、金融会社などでの借入や住宅ローン審査の時に影響してくることがあります。

例えば、不動産を購入するときに住宅ローン契約をする場合、月ごとの返済能力も審査されるので、ローンの借入金額と月々の返済予定金額によっては、携帯契約の残債が多ければ審査が通りにくくなる可能性があります

クレジットカードと借入審査の落とし穴

金融会社から融資を受ける場合、クレジットカードの使用と保有状況も審査に影響します。

クレジットカードでの買い物も、契約している信販会社からの融資となるので、カードで高額な買い物をしたあとは、返済能力の審査に悪影響となります。

リボ払いなどで継続的に月の返済が発生している場合、月の返済能力がマイナスとなるため融資額が減額される可能性があります

また、持っているクレジットカードにキャッシング枠を設定しているカードが多ければ、設定したキャッシング枠の金額を借入と同様にみなされる可能性があり、借入総額に含まれ、融資金額によっては審査が通らない可能性があります。

対策として、使わなくなっているクレジットカードはこまめに解約しておくことが大切です。

<お金を借りる時の審査にどうしても通らない場合は、span class=”line-lime”>クレジットカードの使用状況や携帯電話の契約が原因となっている可能性が考えられますので再確認してみてはいかがでしょうか。

審査スルーにするための条件とは

何の問題もなく審査を通過してお金を借りれる「審査スルー」をするためには無条件で借りることができる信用力が必須です。

では、審査スルーができるのはどんな人でしょうか?

  • 過去に延滞などが無い(ブラックじゃない)
  • 会社勤めで安定収入(年200万円以上)がある
  • 50万円未満の低額融資である
  • 他社での借入が無い
  • 提出書類が既に揃えられている

あなたはこの条件全てに該当していますか?それにも関わらずローン審査が通らないなら、スマホの分割支払料金の延滞やクレジットカードの保有数が原因になっているのかもしれません。

審査では何を見てるの!?

日本の銀行や正規の貸金業者から審査なしでお金を借りることはできません。返済能力に不安がある人に対して審査を通さないこと自体が返済事故の予防となっているからです。

金融会社は適正な融資をするためにどんな人でも最低次の4つは審査します。

  • 本人確認:免許証等
  • 勤務先:在籍確認電話
  • 返済事故歴:信用情報照会
  • 借入総額:信用情報照会

審査の通過率は金融会社によって異なり、公表されているプロミスとアイフルの審査通過率は平均45%程度です。45%は低く見えますが、実際には審査落ちした人が何度も申込んでいることが原因で低くなった数字だと予想できます。

したがって、もしあなたの借入希望額が50万円以下で総量規制にも掛からない場合、過去に延滞を起こしていなければ、本人確認書類だけで審査が通る可能性が高いと考えられます。

審査を通過すれば、契約を含め最短1時間程度でお金を借りることができるのが大手消費者金融です。