お金借りる 近道【チカミチ】

 

 

 

 

「審査について」の記事一覧

お金を借りるときに理由として使えるおすすめの言葉

お金に困ったとき、人からお金を借りるのであれば相手が納得できる理由が必要です。

貸して欲しい理由を正直に言えれば問題ないですが、言いたくない理由や特定の相手には知られたくないなどの事情がある場合もあります。

お金を借りる際に言いにくい理由を説明する女性

例えば「ついギャンブルに使いすぎた…」
などは言いにくい理由ですよね。

この記事でわかること
  • お金を借りる最適な理由・言い訳
  • 借りる理由が伝わりやすい相手の選び方
  • 理由を説明する上で気をつけたいポイント

「どう言えばいいのか」と考えを巡らせているのなら、お金を借りるときの理由としておすすめな言葉を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お金を借りる際によくある理由・言い訳

お金を借りるよくある理由

「借りる」ことを考える場合、数万・数十万と大きな金額が必要である状況が多いです。そのためお金を借りる理由としてよくあるのは、一般的に以下のような理由になります。

いずれにしても自分では今用意するのが難しいが、対応するのにお金が必要といった内容です。

よくあるお金を借りる理由

冠婚葬祭費
学費や進学、留学費
新生活の準備費
生活費
車の購入費
住宅購入・引っ越し費
医療費
事故の賠償・慰謝料
その他トラブル解決費

学生がお金を借りる理由

  • 学費や進学費、留学費、新生活の準備費

将来のための投資としてのお金や、新たな生活をスタートするためのお金が必要になる場合が多いです。

社会人(20〜30代)がお金を借りる理由

  • 冠婚葬祭費、生活費、車の購入費、住宅購入・引っ越し費

特に冠婚葬祭費に関しては、タイミングが重なったり遠方であれば交通費もかさむため、ひと月で数十万の出費になる場合もあります。

40代〜がお金を借りる理由

  • 住宅購入・引っ越し費、医療費、事故の賠償・慰謝料、その他トラブル解決費

病気にかかりやすくなったり、親の介護が始まってくる世代のため、医療費や事故、トラブル解決などでお金が必要になる傾向があります。

また本人が必要な場合と、自分以外で子供や家族のために必要という場合もあります。

相手に理解してもらいやすい理由とは

「今日、財布を忘れた…」という、ちょっとしたお金の貸し借りであればすぐに貸してもらいやすいですが、金額が大きくなるにつれ借りる理由が大切になってきます。

この理由には「緊急性」「限定性」「損害性」「共感性」「ポジティブorネガティブ」の5つが絡み合っています。

緊急性 突発的な出来事や急な締切期限などの定め
限定性 年齢や期間など条件の定め、1回きり
損害性 何かしらの損失が発生する、状況が悪化するなど
※対応しないことでのデメリット
共感性 大変さ、辛さ、仕方ないなど
※状況理解の深さに繋がる
ポジティブ
or
ネガティブ
理由の印象が自分への印象に繋がる
※学費→頑張っている、生活費→お金にだらしない?等

「緊急性」「限定性」「損害性」

「緊急性」「限定性」「損害性」の3つに当てはまる数が多い程、お金を借りる必要性が相手に伝わりやすくなります

逆に、この3つを満たしていない理由は「今絶対に必要なの?」と疑問を抱かれやすくなります。

「共感性」

「共感性」については、相手も同じような苦労をしていれば「自分も大変な思いをした」と困っている状況を理解してもらいやすくなります

つまり「誰に頼むか?」を考える時に考慮した方がいい内容です。

例:駐禁の罰金
支払った経験の有無で以下のように相手の反応が変わる
支払経験アリ「運が悪かったな、あの罰金はイタイよな」となりやすい
支払経験ナシ「なんで駐車場に停めなかったの?」となりやすい

「ポジティブorネガティブ」

「ポジティブorネガティブ」については、頼まれた相手が理由に対して抱く印象のことを指します。

ポジティブな理由の方が理解はされやすいです。
一方、ネガティブな理由であっても借りれなくなるわけではありません。ですが「どうしてそうなったの?」と経緯を細かく問われたり、口うるさく言われてしまう傾向は強くなります。

注意すべきなのが借りる理由の印象が、自分への印象に繋がりやすい点です。そのため今後の信頼感に影響する場合があります。

これも「共感性」と同様に「誰に頼むか?」を考える時に考慮した方がいい内容です。

お金を借りる際に言いにくい理由を説明する女性

例えば「子供の高校入学費用を貸して欲しい」
という理由であれば以下のようになります。

【例】理由:子供の高校入学費用を借りたい場合

緊急性 振込期限がある、期限が短い
限定性 制限アリの場合がある(平成××年3月中学校卒業見込みの者等)
損害性 振込まなければせっかく受かった高校に進学できなくなる
共感性 自分の子供も受験費や入学費など貯めるのが大変だったな
ポジティブ
or
ネガティブ
進学という喜ばしい出来事

子供の入学費用を借りたい場合は、以上のように「緊急性」「限定性」「損害性」の3つに該当しているので、相手が必要性を認識しやいすい理由になります。

更に、相手にも子供がいる場合は「自分もそうだったな」と「共感性」が高まりより助けてもらいやすくなります

くわえて、進学というポジティブな内容であることから、貸しにくさが軽減され「子供の将来に関わることだものね」と貸してもらいやすい理由ということになります。

お金を借りる理由として望ましいのは、貸し手が納得できる理由であることです。
相手が「 返済の不安感 < 借りる理由の納得感 」となれば、助けてくれるでしょう。

理解してもらいやすい理由のポイント
  • 借りる理由は「貸し手」が納得できる内容である必要がある
  • 借りる理由が「緊急性」「限定性」「損害性」の3つにあてはまっていれば、必要性を認識しやいすい理由になる

理由だけじゃダメ、頼む相手の選び方

お金を借りる相談をする相手を迷っている男性と不思議そうに男性を見つめる女性のイラスト

お金を借りたい理由がしっかりしたものであっても、借りる相手の選択を間違えれば借りれない場合があります。
そうなるとせっかく借りる理由を伝わりやすくしたところで、無駄になってしまいます。

また、借りれた後にトラブルに発展することもありますので、嫌な思いをしないように対処しておきましょう。

以下の3つのポイントを照らし合わせて、借りる理由を理解してくれそうな相手に相談しましょう。

借りる相手を選ぶ3つの基準

借りる相手は、以下の項目を軸に判断することをおすすめします。
この3つを事前に確認しておくことは「借りやすさの判断」と「トラブル回避」に繋がります。

頼む相手を判断する3つのポイント
  1. 相手との信頼関係
  2. 相手の現在の生活状況
  3. 口の堅さ(黙っていてくれそうか)

相手との信頼関係

貸し手が一番気になるのは「きちんと返済できるのか?」ですので、借りる相手と自分の間で信頼関係はあるに越したことはありません。信頼関係がそのまま返済への信頼に繋がります

一般的には親や兄弟などの関係性が近い人の方が借りやすいですが、もの凄く仲が悪いのであれば無理に相談せず、親戚など別の人に相談した方が円満に進みます。

相手の生活状況

相手の生活状況も把握できるのなら、それとなく確認しておいた方が良いです。子供が大学進学を控えている、事故で怪我をした直後など、お金を借りることが難しい状況の相手に相談しても借りることが難しいためです。

口の堅さ・黙っていてくれそうか?

お金を借りたことを周囲にバレたくない人は「相手の口の堅さ」についても気にしておきましょう。身内同士など、関係性が近い中で知らぬ間に広まってしまう場合があります。

借りれれば誰でもいいと手当り次第に相談するのではなく、関係性に不安がある人には相談しないことも大切です。

3つの基準を照らし合わせて相談できそうな相手を選ぶことができれば、次はその相手が「身内」「知人」で理由を工夫しましょう。

相手によって理解しやすい理由が変わってくるからです。

【身内】親に借りる

親に借りやすい理由
冠婚葬祭費/生活費/事故の賠償・慰謝料/その他トラブル解決金
比較的どんな理由であっても助けてくれる可能性は高い

「お金を借りる」というデリケートな相談がしやすいのはやはり身内です。

身内の中でも一番相談しやすく借りやすいのは親でしょう。頼んだ経験がすでにある人も多いかもしれません。

親に相談する場合は、理由がネガティブなものであっても「助けてやりたい」と思うのが親心です。長年の親子関係もありますので、比較的どんな理由であっても助けてくれる可能性は高いです。

家庭事情などにより一概には言えないにしろ、緊急性や損害性の高い生活に必要なお金やトラブル解決のお金を借りるのに頼みやすい相手です。

【身内】兄弟に借りる

兄弟に借りやすい理由
冠婚葬祭費/生活費/医療費/その他トラブル解決金
ネガティブな理由でも理解してもらいやすい
少額を借りたい場合の相談相手として適している

親に言いにくい場合は、兄弟に相談するという方法が取れます。関係性が近いため親と同様に、家族だからこそ相談できる強みがあり、包み隠さず本音での話やすさもあります。

そのため、ネガティブな理由であっても理解してもらいやすい相手です。

ただし、年齢が近いほど収入や家庭状況が似ている可能性が高いため、大きなお金を借りることは難しかもしれません。

限定性が高い理由や比較的少額を借りたい場合の相談相手に適しています。

【身内】親戚に借りる

親戚に借りやすい理由
学費や進学/留学費/新生活の準備金/冠婚葬祭費/住宅購入・引っ越し資金
ポジティブな理由の方が良い
大きな金額を借りる相談相手としても適している

親に言いにくい場合、親戚も相談しやすい相手です。特に子供の頃から可愛がってもらっていたなら、親のように親身になってくれるでしょう。

全く交流がない場合は、いきなりお金の相談となると印象が良くないため、理由はしっかりと説明する必要があります。可能であれば、日頃から交流を深めておくのがおすすめです。

基本的には限定性が高い「お祝い事」など、ポジティブな理由が適しています。また、関係性が薄い場合は「共感性」が高い理由の方が理解してもらいやすいです。

また、親と年齢が近いはずですので、大きな金額を借りる相手としても適しています。

気をつけなければならないのが、親に黙っていて欲しい場合です。黙っていて欲しいとお願いしても、心配や延滞した場合に親に喋ってしまう可能性がありますので、口止めのお願いはしっかりしておきましょう

また、身内とは言え親子関係ではありません。返済はきちんと行わなければ信頼を一気に失う相手でもあります。
親戚同士の借金はのちのトラブルに発展しやすい問題の一つなので、信頼関係を崩すような言動には十分気をつけてください。

【身内】祖父母に借りる

祖父母に借りやすい理由
冠婚葬祭費/新生活の準備金/冠婚葬祭費/生活費/車の購入費/住宅購入・引っ越し資金
ポジティブな理由の方が良い

親に言いにくい場合に相談できる相手で、祖父母も考えられます。

余程のことが無い限り、祖父母は孫を可愛がってくれるはずですので、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

祖父母であれば高齢ですので、一度感じた不安な部分は強く記憶に残ってしまいます。そのため余計な心配をさせすぎないようには気をつけましょう。

祖父母に借りる場合は、できるだけ健康状態の悪化やトラブルを感じる理由は避けましょう。ポジティブな理由で相談するのが適しています。

親に黙っていて欲しい場合は、親戚同様に話されてしまう可能性がありますので要注意です。
話してしまう可能性で言えば、親戚より高まります。最悪、親に知られてもいい理由であれば安全です。

【知人】友人に借りる

友人に借りやすい理由
冠婚葬祭費/医療費/事故の賠償・慰謝料/その他トラブル解決金
少額で共感を得られる理由が良い

相談できる相手はかなり絞られてきますが、身内に相談できない場合は知人に相談することが考えられます。

知人となるとまず、友人が挙げられます。
お金を借りる相談ができる友人となると、ある程度信頼関係は成り立っているはずですので、ネガティブな理由でも相談できるでしょう。

知人から借りる場合、ポジティブ・ネガティブというよりは「共感性」の高い理由であることの方が重要です。身内より価値観に差があることが想定できますので、必要だと理解してもらうハードルが上がるからです。

注意点は、理由が自分都合であると借りることが難しくなります。
例えば、「生活レベルを上げたいから車購入や引っ越しをしたい」となると難しくなります。想像できると思いますが「我慢すればいいんじゃない?」となってしまいますので、どうしてもの場合は身内への相談の方が良いでしょう。

また、心許せる友人であっても他人です。返済について身内よりシビアになるのは当然ですので、返済に不安感を与える理由や態度は避けましょう

友人に借りる場合は、必要な金額の一部などできるだけ少額で、共感性の高い理由の方が良いでしょう。

【知人】上司に借りる

上司に借りやすい理由
冠婚葬祭費、生活費、医療費、事故の賠償・慰謝料、その他トラブル解決金
仕事に影響が出る理由や共感を得られる理由が良い

信頼関係が築けているのであれば、職場の上司に相談する方法もあります。

特に仕事に影響が出る理由であれば、親身に相談に乗ってくれるかもしれません。プライベートな話ができる程に関係性が築けているのであれば、子供や配偶者など家族がまつわる理由は共感してもらいやすいでしょう。

ですが、あくまで仕事での関係性のため、積極的に相談することはおすすめしません。
また、借りた後に関係性がこじれると、職場に居づらくなったり一括返済を要求されるリスクは友人より高くなります。

誠意ある態度も忘れないで

お金を借りる時に大切な頼み方

身内でなくとも人からお金を借りる場合の大前提として「誠意ある態度で頼むこと」はかかせません。ここを疎かにすると貸してもらえたはずが貸してもらえない事態になりますので、忘れずに心に留めておいてください。

貸す側は当然、どうしてお金を必要とする理由を知りたいと思います。いくら親でもフリーローンのように、貸したお金の使い道は自由とはいきません

そのため、借りる理由は「貸し手」が納得できる必要があると述べました。
そして、後から揉めないためにも相手が抱える返済の不安をできるだけ軽くする配慮もしておくべきです。

「お金を何に使うのか?」
「なぜお金が必要なのか?」
「どのように返していくつもりなのか」

以上のことをポイントにお金を必要とする理由は、焦らず落ち着いてきちんと説明しましょう

親身になってくれるがゆえ、うるさくグチグチ言われたり叱られることもあります。「どうしてそこまで言われなければならないんだ」と言いたくなりますが、お願いしている立場であることは忘れないでください。
逆ギレせず、相手の話も冷静に聞くようにしましょう。

不誠実な態度のせいで助けてもらえなくなるのは、非常に残念なことです。

身内から借りる場合は、つい甘えも出やすいです。ちょっとした喧嘩から貸したお金の話になりトラブルに発展することもありますので、返済はうやむやにしないようにしましょう。

お願いせずにお金を借りる方法

人からお金を借りる以外のお金を借りる方法

お金を借りる以上、身内であっても知人であっても「伝え方」を間違えるとの信頼関係が壊れてしまうリスクがあります。
よっぽどお金に余裕がある相手で無い限り、お願いしてから実際にお金を受け取るまでの時間もある程度必要です。

したがって、お金を借りるときは本来であれば、できるだけ他の人を巻き込まないようにすることが一番賢い方法です。

潔い手段であれば「消費者金融でお金を借りる」という選択肢もあります。

人からお金を借りる場合は、高額になるほど頼んですぐの入金は難しいので、その時間を待てるのであれば最初からカードローンで借りる方がリスクが少なくて済みます。

誰にも頭を下げずに済み、苦しい言い訳を考える必要もありません。

何より相手との関係性を壊すことがなく、最短1時間程度でお金を借りれることが最大のメリットです。

人から借りることに迷いがあるのであれば、検討してみるのも賢い選択です。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。

冷酷無比!カードローン審査の裏で行われる切り捨ての実態

「カードローン審査にまた落とされた!」

何度か審査落ちを経験したら、「どんな人が審査をしてるのか」、「あいつらに心は無いのか」そんな気持ちになるものです。

一番簡単な方法はクレジットカードなどのキャッシング枠を利用することです。正規の方法でお金を借りるには、審査なしの借入れ方法は残念ながらないからです。

ですが、クレジットカードを持っていない方はこれではお金を作ることができません。

非情の極み!増え続ける大手カードローン審査の犠牲者

そもそも、金融業者の審査は何のためにあるのかを考えたことがありますか?

一番の目的は貸し倒れの防止です!

金融業者はお金を貸した見返りに得る利息で会社が運営されているので、貸した相手がお金を返せなくなってしまったり逃亡されると自分たちの会社が倒産しかねません。

申込者全員に対して必ず行う審査は、極力貸し倒れを回避するための手段です。

この審査は、大手消費者金融や銀行ほど厳しくなります。

知名度や信頼性から審査を受ける人がたくさん居る裏で、冷酷無比に切り捨てられる人が続出している実態があります。

マニュアル至上主義!銀行カードローン審査の冷酷実態

お金を借りるなら金利が低い銀行カードローンは魅力があります。しかし、銀行カードローン審査は消費者金融以上に厳しいと言われています。

それはなぜかといえば、銀行の社会的役割が重大過ぎるからです。

銀行は個人や企業への融資だけでなく、預金を投資運用したり日本や外国への融資に使われるお金をもつという役割があります。

銀行が資金に行き詰まると融資したお金の回収を急ぎますが、そのような情報が外に流れた途端に個人や企業にも一気に預金が解約され銀行運営が破綻します。その結果、融資先や取引先など負の連鎖が広がり社会が不安定になるのが金融ショックです。

そのような事態に陥らないように、銀行では冷酷と言えるほど厳しく定められた審査マニュアルで融資管理されます。

その結果、銀行から信用を得られない借入希望者は審査を簡単に通過することができません。

裏口発見!銀行からの信用度が上がる借り方

そんな銀行の審査ですが、カードローンでお金を借りやすくする方法があります。

その方法とは、給与口座に指定している銀行のカードローンに申込むこと。

銀行は会社員の給料のように、毎月決まった時期に入金がある口座を優良な口座と判断します。

給料口座は身元が確認できたり収入の実態が見えやすいだけでなく、もし返済ができなくなった場合でも口座や給与を担保代わりに抑えてしまうことができるので、給与口座を持たない人に比べて個人の信用度も少し上がるようです。

これは、住宅ローンやカードローンで共通しているので、銀行でお金を借りるなら案内で送られてくるDMなどを見てキャンペーンを利用するのが最も賢い方法です。

とにかく遅い!銀行カードローンを使わない方がいい人

銀行でお金を借りるときの唯一の欠点は時間がかかるということです。

即日審査が一般的な消費者金融に比べて、銀行は審査結果が判明するまでに数日かかります。

目安は翌日から7日程度とされていますが、人によっては更に時間がかかることもあるようですので、緊急時向きとは言えません。

その他にも、銀行カードローンを選択した理由が総量規制対象外を目的としたものである場合も不適切かもしれません。

総量規制の観点で言えば、銀行からの融資は総量規制の対象ではないため年収の1/3を上回った融資は可能です。しかし、「すでに返済能力以上の借入である」と判断されれば銀行側も非情な判断を下すことになります。

温情に期待!?消費者金融に人情は通じるのか

銀行との比較で借入れ先として検討するのは消費者金融です。

銀行と比較すれば金利は高くなる反面、最短即日融資が可能な早さが魅力です。

銀行は預金口座などの金融商品を複数持って金利や手数料で会社の収益を上げますが、消費者金融はお金を貸すことによって発生する利息だけで会社の収益を出します。

そのため金利は銀行より高くなりますが、収益源が多い銀行よりも消費者金融の方が貸付を積極的に行うと考えられます。

真逆!?規模が小さいほど人情味がある消費者金融道

消費者金融では、会社の規模によって審査の厳しさが変わることが定説です。

大手消費者金融と言われる会社はそれぞれ銀行グループの一員として経営されているため、銀行と同等の審査レベルとなります。

したがって、人情は通じず審査落ちを経験した人によっては「冷酷無比だ!」と感じた人も多いでしょう。

しかし、そもそも消費者金融の需要は銀行と大きく違っていて、緊急性のある金欠時です。

大手消費者金融の審査通過率は45%程度と言われていますが、これは審査が特段に厳しくなることが理由ではありません。

審査はマニュアル通りに返済能力に問題のない会社員を選ぶためのものですが、大手の審査通過率が低くなるのは、借入希望者自身が経済的に厳しい状態で申込んでいるためです。

人情は誤解?優しさの裏にある金貸しのブラックさ

大手の審査が通らない人は、次に中小消費者金融の利用も検討するしかありません。

中小の消費者金融会社は、大手が融資を断わった人に対してお金を貸すことで利息を得て運営されています。

正規の賃金業者は、日本全国で2,000社近くありますが、小規模な金融業者はどんどん倒産している状況にあります。

小規模になるほど借入希望者の経済状況が悪く、大手からの融資を受けられない人が顧客になるのでリスクを抱えた融資になります。

借りる側なら、厳しい状況にも関わらずお金を借りることができるので、貸してくれた中小の消費者金融を「人情味のある会社だ」などと感じることも多いのではないでしょうか。

大手との大きな基準の違いは、中小は現在の返済能力を重要視することです。

ただし小規模な消費者金融を探すなら、くれぐれも間違って悪徳な業者を利用しないように注意することが必要です。金利が年20%以上であったり、業者の連絡先が携帯電話に設定されている場合には、悪徳業者や闇金である可能性が高くなりますので、避けてください。

カードローン審査の重要事項

消費者金融から借りる際に重要なのは、総量規制です。これは貸金業者からの総借入額は年収の1/3までと法律で定められているもので、消費者金融から総量規制以上の借入はできません。そのためまずは申込み前にまだ借入が可能かどうか、自身の総借入額を把握することが重要です。

また、消費者金融と言ってもさまざまな会社があります。まずはやはり、安心感がある大手消費者金融からの審査をおすすめします。審査が早くWEB機能やアプリ、独自サービスなどが充実しています。また借入枠内であれば何度でも借入が可能ですので、緊急時の利便性も高いです。

お金を借りるつもりで申込んだのに審査が通らないとしたら、それは収入か信用情報のいずれかに原因がある可能性が高いということです。どこに問題があるのかを確認して、お金借りるための信用情報を整えてから申込むことが賢明です。

コツコツが一番!審査の信用は積み上げられる

そもそも、お金を借りたいのに審査に通らないのはなぜでしょうか?融資を断わられる理由は貸し手側が重視するポイントを考えれば見えてきます。

融資を行う側としてはやはり、毎月必ず返済されること、そして完済まで滞納しないことの2点を重視します。ここで問題になるのは収入が不安定、あるいは過去に滞納が発生した経歴がある場合などが挙げられます。

借金総額は経済力判断の材料

もしお金を用意するのに時間がある場合には、信用情報を整えてから申込むと通りやすくなります。

すでに複数の金融業者から借金しているのであれば、どこか一社を優先して完済することを検討してみてください。複数社からお金を借りていると、審査担当者に「お金に困っているようだけど返済は大丈夫か」と不安な印象を与えやすく、返済が滞るかもしれない人というイメージから審査に影響を及ぼす可能性が高いです。

お金を借りる審査に対して自分の状況に不安があると、借りやすくしようと収入・勤務先・他社借入状況などについて真実と異なることを意図的に記載する人も中にはいますが、虚偽申告は止めましょう。

申込み情報は必ず金融業者が確認するため嘘をついてもすぐにバレてしまい、確実に融資が通らなくなります。申込み時は正しい情報を記入しましょう。

返した実績が信用度を蓄積させる

支払いに対する信用は、これまでの借入と返済の実績に基づきます。融資を受けた後、約束通り期限を守って返済を行っていれば何の問題もありません。むしろ、きちんと返済してくれる人だと信用力が上がり、キャッシング枠も増額しやすくなります

このようにきちんと返済を行う点で支払いに対する信用度が判断されますので、返済が遅れ滞納したことがある人は当然ながら審査が厳しくなります。

また、意外なところでそもそもお金を借りた経験がない人も融資の審査が通らない可能性があります。返済の前例がないため、判断が難しいからです。

いずれにしても、借り方と返し方は重要です。ベストな方法はまずは少額でお金を借りる、そして返済をきちんと繰り返すことで信用力が高めることです。

収入は信用度判断の重要な材料

収入に対する信用は、定期的な安定した収入があるか、つまり働いて安定した収入を得ているかに基づきます。例えば、無職だと「収入がない=貸しても返すお金がない」と判断され審査申込みもできませんので、まずは定期的な安定した収入を得ている状況である必要があります。

正社員雇用だとベストですが、契約社員やパート・アルバイトでも問題はありません。雇用形態そのものは収入に対する信用審査には関係なく、収入を得ている状態であることが個人の信用力に繋がります。

次いで審査されることは、収入が安定していることです。一時的な短期収入では毎月の返済に対応できないだろうとの判断されるのは当然なので、例えば現在の仕事を始めてからの期間が1か月未満など、就業期間が短く十分に収入の安定性を評価できない場合は審査通らない結果となる可能性がありますので要注意です。

審査なしの裏

もし、審査なしの少額融資に応じている金融業者を見つけたら、絶対にその業者からお金を借りてはいけません。このような業者は違法行為を行っている可能性が高く、借りてしまうとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

先程述べたように、審査は貸し倒れを防ぐために行います。その審査を行わないということは逆に、無理やり多額の貸付をされたり、法外な金利を請求される可能性があるということです。審査は貸主だけでなく、借り主を守るためにも必要なのです。

借金の額が大きくなり、銀行や消費者金融から融資を断られると審査なしで借りれるとの言葉は非常に魅力的に感じますが、絶対にきちんと審査があるところから借りましょう。

一般の消費者金融などからお金が借りれずどうにもならない状況に陥っている場合は、公的機関から借りる、または弁護士などに相談して債務整理をするのが最善の解決方法です。

審査に落ちにくいカードローンの申込み方

信用を整えた上で、申込み時にも気をつけるポイントがあります。

銀行カードローンは業者ごとに審査基準が異なりますが、消費者金融の場合ベースはほぼ同じです。消費者金融のカードローンは基本的に保証人が不要のため、返済能力と信用が重視されます。

金融業者は収入が期待できる労働世代に融資したい

年齢も信用力の一つとして考慮されますので、具体的には20歳以上から62歳ぐらいまでが融資の対象となります。10代の人、つまり未成年は20歳になるまで金融業者からお金を借りることはできません。また、60代であれば早めに申込まなければ年齢審査で落ちる可能性が高まりますので、申込みのタイミングは考慮しましょう。

次に、お金を借りるためには総量規制の影響があるため、収入が少ないと借入希望額に満たなかったり審査に落ちてしまう結果になります。審査に落ちないためには安定した収入や勤務先がある上で、年収額も正確に伝える必要があります。

他には、他社を含めた借り入れ状況や過去の返済実績、金融の事故情報といった内容も確認されますので、現在の借入総額を伝える必要があります。もし事実に反する金額を伝えても審査にて虚偽申告だとバレてしまいますので、こちらも年収と同じく金額は正しく伝えましょう。

ただし、住宅ローンやマイカーローン、奨学金は除外されますので、基本的には銀行や消費者金融からの借入総額を記入してください。

そのままではお断り!金融事故経験者の注意点

過去に金融事故の記録があると、ほとんどの場合で審査に落ちます。一定の期間が経過すると金融事故の記録は消滅しお金を借りることができるようになりますが、情報が消えるまで長い期間がかかるため何年間も待たなければなりません。

銀行のカードローンの場合、給与の振込みをその銀行に指定しているだけでも審査で優遇される可能性があるので事前に手続きしておきましょう。

とにかく早く借りたいときの注意点

お金を借りる方法と同じぐらい気になるのは、借りるのであればとにかく早く借入したいという点です。そこで即日キャッシングを利用することが重要となります。

即日で借りたい場合も信用力があるに越したことはありません。その方が審査がスムーズに行われるため結果早く借入ができます。最近は銀行より消費者金融の方が早く融資が行われます。上手く利用することができれば、申込みから数時間で融資を受けることも可能です。

素早く借りるために消費者金融を利用するポイントは借入希望額をできるだけ少額にすることです。どうせ申込むなら…と多めに希望しがちですが、50万は無理でも10万なら融資可能というパターンがあるので、審査をスムーズにするために希望額はできるだけ少額で申込みましょう

ただし、ネックになりやすいのが申込みを行った後に在籍確認の電話が勤務先に入る点です。これは届出の内容通りの会社で働いていることを確認するためのものです。

お金を借りる場合に電話連絡なしで借りたいと思う方がたくさんいますが、在籍確認の電話連絡をなしにするには在籍確認を必要としない「クレジットカードのキャッシング枠を使う」、もしくは「電話以外の方法で在籍確認ができる会社を利用する」という方法が取れます。電話連絡以外の在籍確認が行える会社にSMBCモビットがあります。SMBCモビットでは条件を満たせば電話以外での在籍確認が可能です。

したがって、お金を借りる時に「即日」で「電話なし」にするためには、電話なしで在籍確認ができる金融会社を選び、借入希望額を少なく申請することが非常に重要なポイントになります。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

チカミチでよく検索される言葉
お金 借りる 即日 審査なし/お金借りたい 審査通らない/少額 融資 審査 なし/お金借りる 審査通らない/お金 借りる 即日 電話なし/お金 借りる 審査 甘い/即金 審査 なし/カードローン 審査なし 無職/審査に 落ちない カードローン

借り過ぎのせい!?審査に落ちたときに考えたい3つのこと

借り過ぎに気付くことが解決の糸口

カードローンやキャッシングでお金を借りると、陥りやすいのが借入の繰り返しです。改善を試みるものの、返済計画が無謀なものであったり家計管理を行わなかれば、しばらくしたらまたお金が足りなくなり、借金してしまうことが多いのが実情です。「お金を借りるのは今回だけ」と決めて完済している人も大勢いますが、借金ループに入って抜け出すことができない人もいます。

初めてキャッシングを使うときは問題なく借りれたものの、借入の申込みを繰り返せばキャッシングの「審査が通らない」という非常に困ったことになります。

審査が通らない理由の多くは、借り過ぎか返済能力以上のお金を借りようとしたことにあります。最近は金融会社側も規制の影響でお金を貸すための審査が厳しくしなければならなくなっています。

更に総量規制の制限を受けない銀行も、少し前までは甘い審査でどんどん貸し付けを行っていましたが、数年前に銀行カードローンが原因の破綻者が急増した影響で自主的に審査を厳しくしつつあり審査内容は消費者金融と同等以上になっています。

はじめてお金を借りるときは返済能力に問題がなかった人でも借入が多くなってくると審査する金融業者にも返済能力が疑われるようになります。その結果、新たな借入を希望したときに借りれる金額が減額されたり、審査落ちで全く借りれなくなってしまうことがあります。

審査は厳しいほど役に立つ理由

審査を申込む順番が重要です。最初から中小に申込むのはおすすめしません。審査は大手消費者金融が最も厳しく、中小の方が通りやすいと考えるのが一般的です。したがって審査が通りやすいからと最初から選択肢を狭めてしまうと、審査落ちしてもお金を借りたいときに次の手段が無くなってしまいます。

お金を借りたいときは、審査が厳しくて通らない可能性があるとしても、まずは大手消費者金融などしっかりと審査を行う業者で審査申込みすることが大切です。そして、大手で審査落ちしたときは落ちた原因を調べて、次にお金を借りるための対策を考えなければなりません。

収入が少なければ、収入に比べて借入希望額が多いことが原因で、それ以外の場合は個人の信用情報が審査落ちの原因であると考えられます。

信用情報は自分で調べることができるので、お金を借りるための対策ができます。

信用情報は借入や返済などがあると随時更新され、それぞれの情報には保管期間が決まっています。したがって最も効果がある審査落ち対策は、審査落ちの原因の情報が消えるのを待つこととなります。

これは大手の審査に落ちたときに、むやみに中小金融などでお金を借りようとしていると気付かない可能性があることなので先に調べておく方が良いものです。

どうしようもない時にも貸してくれるかも

大手の審査がどこも通らないけど貸してくれるローン会社時、大手の審査に落ちた人を対象としている中小消費者金融です。もちろん、正規の金融業者なので総量規制を超えるような借入はできないなど法律を守った範囲での審査になりますが、中小の場合は、大手の審査フィルターのように自動で落とされることはないので今の返済能力を考慮してお金を貸してくれる可能性があるローン会社です。

お金を借りれる可能性を最後まで残しておくためにも、お金を借りたいと思ったときは大手から順番に審査を受けていく方が良いと言えます。

収入を増やすのが脱出の基本

大手に比べて審査が甘い中小消費者金融でも借りれない人はおそらく総量規制以上の借入になっているか、収入に問題があると考えられます。

中小の審査にまで通らない人は、こうなる前に審査が通らない原因を真剣に考えないといけません。収入が少ない人は正社員として安定的かつ借入額の3倍以上になる収入を得るようにしなけれなりません。

中小規模の消費者金融で審査をするときは特に収入が大切なので、この部分を解決できなければキャッシングやカードローンで借りれないません。

小さく借りて徐々に実績を積む

ローンが通らない人は、自分がなぜ審査に落ちるのかを知ることが大事です。無職や総量規制にあたる状態ではどう頑張っても正規の金融業者で借りることはできません。

過去に返済事故を起こしてブラックリストに入っていたり、住宅ローンや自動車ローン以外で借り過ぎということが多いので、ローン会社に返済能力が低いと判断されてしまいます。

その他、20歳未満や60歳以上の人が申込んだ場合にも年齢規制で審査に通過することができません。その他、住所が定まらない人や連絡先の確認がとれない場合も審査が通らないことがほとんどです。

稀に、「お金を借りる」「ローンを組む」「クレジットカードを作る」などの経験が無く、まっさらの状態の人が急に高額のカードローンの審査に申込んだ場合も審査に落ちることがあるようです。特に新社会人が多く誕生する4月や5月頃に多く発生していて、引っ越しなどで新生活の準備や環境の変化で出費が予想以上に多くなってしまい給料を超えてしまうようです。

新社会人などの場合、お金を借りるために金融会社が重視する信用力は年齢や職業、収入だけでなく、「借りたお金を返した」という経験も必要になります。したがって、初めてお金を借りる人は、少額の借入れから始めることが大切です。

最初にお金を借りるときは、10万円ぐらいにしておくのが最善の方法でしょう。すぐに借りたい場合はSMBCモビットやプロミスなど銀行系消費者金融がおすすめです。

絶対審査が通るの嘘とは

通常の金融業者に「絶対審査が通る」存在しません。金融庁に登録した貸金業を営む企業は貸金業法等を守らなければならないので、そのようなカードローンや融資を扱うことはできないことが理由です。

正規の金融会社の中から絶対審査に通るカードローンを探したいときは、借りれる可能性が高い状態にすることが大切です。

正規の金融会社から借りるには、信用情報に問題なく、安定収入がある会社員で、複数社で借入れしていない人が少額から審査を受けるのが最も審査が通る可能性が高い条件です。

絶対に借りれるカードローンはありますか?

金融庁登録の正規の貸金業者では絶対に借りれるカードローンは存在しません。ただし、借入れを希望する人の信用力が高い場合には審査を通った上で借りれる可能性が高いカードローンの申込み方はあります。

どこでお金を借りれば良いのか

銀行や消費者金融でお金を借りるためには必ず審査があります。銀行と消費者金融では守らなければならないルールが違ったり、審査の仕組みの差により厳しい業者と甘い業者などと印象が違ってきます。

同じ消費者金融でも、大手に比べると中小の方が審査が通りやすいと言われています。中小の場合は大手に落ちた人をターゲットにしているので、web審査などで一定条件以上でなければ全て落とされるといったことはありません。

大手の審査に落ちる人はこのweb審査の時点で落ちることが多いので、個別に審査を行う中小の方が事情が考慮されたり現時点の返済能力を考慮して審査してもらうことが可能です。

しかし、審査を受けるときに最初から中小を選ぶのは得策とは言えません。大手の場合も信用情報を確認して問題なければ借入金額を少なくするだけで審査が通るようになる場合もあり、準備をしていれば審査に通らないといったことを避けることができます。

逆に、最初から通りやすい融業者で審査をしてしまうと、通らなかった時に残される手段がなくなり、リスクを抱えてしまうことになります。カードローンやキャッシングをするなら企業としての信用力がある大手消費者金融や銀行がベストであることは間違いありません。

できる限り、大手もしくは金融庁登録の消費者金融で審査することをおすすめします。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

知らないとマズイ!?自分の信用情報

カードとお金とチェックリストが書いてある信用情報のイメージ画像

自分の信用情報がどうなっているか知っていますか?
あまり聞き慣れない「信用情報」という言葉ですが、お金を借りる時やクレジットカードを作る時の審査に欠かせないのが信用情報です。

この記事でわかること
  • 無駄な審査落ちを避けることができる
  • 審査に落ちた場合も原因を推測して対策を立てることができる

自分の信用情報を知ることで、結果的に無駄な審査落ちを避けることができ、また審査に落ちた場合も原因を推測して対策を立てることに役立ちます。

特に以下に当てはまる人は、信用情報について知っておくべきですので参考にしてください。

  • 住宅や車などのローンを組みたい
  • クレジットカードを作りたい
  • お金を借りたい
  • 審査に落ちてしまった

自分の信用情報は信用力を表す重要な情報

クレジットなど個人の信用で買い物などのサービスを利用した信用取引を表す画像

信用情報とは、簡単に言うとクレジットカードやローン、キャッシングなどの信用取引における利用記録のことです。クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ぶこともあります。

銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などの金融機関から見ると、信用情報は個人の返済能力を判断する参考資料になります。そのため、カードやローンを申込むと金融機関は今までの取引記録を確認して、返済能力の判断を行います。

この「個人の返済能力の判断」が審査です。

そのため、今までに一度も延滞せずきちんと返済を繰返していれば、返済能力の良い判断材料として扱われます。 逆に、延滞など信用情報に傷があると、審査落ちの原因になることもあります。(これを俗にブラックと呼びます。)

クレジットやキャッシングを全く利用したことがない場合は、返済能力の判断材料がない状態です。(これを俗にスーパーホワイトと呼びます。)年齢や勤続年数など申込み時の状況にもよりますが、いきなり高額な融資は受けにくく、金利も高くなりやすいです。

このようにして金融機関は信用情報を基に随時適正に審査を行い、返済し切れないような過剰貸付を防ぐ役割(多重債務の防止)も担っています。

個人の信用力を表した握手している画像

消費者側からすると信用情報は自分が築き上げてきた「信用力の証明」です。

ゆえに私達は「お金を借りたい」「ローンを組みたい」となった時に、カードローンなどの「個人の信用」に対する信用サービスを、必要な時に迅速に受けることができるのです。

普段、何気なく使っているクレジットカードの支払いも信用力を築いてくれているわけです。

信用情報のまとめ
  • 自分の信用情報は「信用力」を表す利用履歴のこと
  • 「個人の信用力」を表すため返済能力を判断する「審査」に欠かせない重要な情報

次は、この大事な信用情報を管理している「信用情報機関」について解説します。
信用情報機関は管理している情報が異なる点が審査に関わってきますので、信用情報とあわせて確認しておきましょう。

信用情報を管理している信用情報機関

信用情報機関を表すビルの画像

「信用情報機関」では信用情報の管理を行っており、情報の「収集・保管・提供・開示」が主な役割です。

この信用情報機関は1つではなく複数ある点や、管理している情報を把握することで、審査に関わってくる部分が明確になります。把握しておくべき重要なポイントは以下4点です。順に見ていきましょう。

信用情報機関の4つのポイント
  • 信用情報機関と加盟会員の種類
  • 信用情報の登録内容には事故情報が含まれる
  • 信用情報は内容によって保管期間が異なる
  • 信用情報は加盟会員でないと確認できないが、事故情報は全機関で共有されている

3つ信用情報機関と加盟会員の種類

日本の信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)の3つです。

この3つの信用情報機関はそれぞれは独立して運営を行っており、加盟している主な加盟会員に違いがあるのが大きな特徴です。
以下の表に特徴をまとめましたので見てみましょう。

信用情報機関の種類と加盟会員

信用情報機関名 主な加盟会員
【 KSC 】
全国銀行個人信用情報センター
運営元:一般社団法人全国銀行協会
( JBA / 全銀協 )
銀行
銀行系クレジットカード会社
銀行と同視される金融機関など
【 CIC 】
シー・アイ・シー
運営元:株式会社シー・アイ・シー
クレジットカード会社
信販会社
携帯電話会社など
【 JICC 】
日本信用情報機構
運営元:株式会社日本信用情報機構
消費者金融
信販会社
携帯電話会社など

主な加盟会員はKSCは銀行系CICはクレジットカード会社・信販系JICCは消費者金融系です。

しかし、信用情報機関への加盟は1つとは限りません。会社によっては、例えばCICとJICCの2つに加盟している場合もあります。

各機関に加盟している具体的な加盟会員は、以下公式HPより確認することができます。

詳しい加盟会員はこちら

信用情報機関での登録情報と保管期間

信用情報として登録される情報をイメージさせるパソコンやデータのイラスト画像

次に、信用情報機関に登録される情報は契約内容や利用情報、本人確認情報などです。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容
  • 返済や支払状況
  • 取引事実に関する情報 など

これは、各金融機関にキャッシングなどの申込みをした時点で登録され、返済状況などは定期的に追加更新されます。そして、この登録された信用情報が審査のために加盟会員に提供されています

登録された情報は一定期間保管されます。期間については各信用情報機関によって期間が異なり、おおよそ5年、短いもので数箇月、最長だと10年などもあります。

※信用情報の登録と追加※
ちなみに、信用情報の登録・追加は、キャッシングなどの申込みを行う際に申込者に同意を求められます。
どの信用情報機関を利用するかは同意書に記載されているはずなので、申込時はチェックしてくださいね。

信用情報には事故情報も含まれる

提供する信用情報の中には、延滞情報や債務整理などの事故情報も含みます。(いわゆるブラック情報と呼ばれるものです。)

なぜ、事故情報も含まれるのでしょうか?それは返済能力を判断する際、単純に年収や職業だけでは難しい場合が多いためです。

つまり、適正な審査のために信用情報機関は過去の延滞や返済不能などの事故情報も提供しています。

信用情報機関は独立運営

日本の3つの信用情報機関を表すビルの画像

3つの信用情報機関は、それぞれ独立して信用情報を管理しています。
そのため、各信用情報機関で管理している信用情報は加盟している加盟会員でないと照会ができません

例えば、CICの加盟会員は、KSCやJICCに登録されている借入・返済情報は分からないのです。

多重債務が社会問題に…

この仕組みから、お金が必要になれば「別の信用情報機関に加盟している金融機関からお金を借りればいい」という誤った認識のもと、結果的に多くの多重債務者が生まれ、社会問題になるほど自己破産などの債務整理が増加した過去があります。

つまり、多重債務を防ぐためには加盟している信用情報機関からの情報だけでは足りず、他の信用情報機関の情報も必要だという問題が出てきたのです。

CRINで事故情報を共有している

KSCとCICとJICCの情報を保有するCRIN(クリン)のイメージ画像

多重債務の問題を解決するために現在では、全信用情報機関で事故情報を共有する仕組みがあります。
この共有ネットワークをCRIN(クリン)と言います。

CRIN(クリン)によって、信用情報機関のどこか1つで事故情報がつけば「この人は事故情報が登録されている」と、他の信用情報機関に加盟している会社も確認できます。

事故情報の保管期間

書類と時計のイラストが黒色の背景で描かれている画像

ただし、信用情報に登録された事故情報は一生残るわけではありません。
通常は、各信用情報機関で定めている以下の保管期間を過ぎれば、事故情報は削除されます。

(※法的申し立ての取下げがあった場合などで、5年を経過する前に情報を削除することもあります)

事故情報の保存期間一覧

登録事故情報 KSC CIC JICC
61日以上の長期延滞 5年 5年 1年
代位弁済 5年 5年 5年
契約解除 5年 5年 5年
多重申込 6か月 6か月 6か月
任意整理 5年
個人再生 10年 5年
自己破産 10年 5年 5年

※:延滞解消後からの保存年数

長期延滞で言えば、解消してから5年を経過すれば登録されている信用情報機関から事故情報は削除されます
その後は、CRIN(クリン)で長期延滞の事故情報が共有されることはありません。

ただし、自己破産や個人再生はCIC・JICCでは5年、KSCは10年と内容や各機関によって保管期間に差があることから、5年経過しても審査が通らない場合もあります。

社会問題に発展した頃のように信用情報機関の加盟が異なる会社に申込んだとしても、現在ではどこかの機関で事故情報が残っている間は、審査落ちする可能性が高いということです。

FINEで総借入残高を把握している

CICとJICCの情報を保有するFINE(ファイン)のイメージ画像

また、別の信用情報交流ネットワークでFINE(ファイン)というものがあります。 FINE(ファイン)では、CICとJICCが情報共有しています。

この2つの信用情報機関は、貸金業法の基づく指定信用情報機関になります。

貸金業法では、貸金業法に基づく全貸金業者が指定信用情報機関を利用することができ、消費者の総借入残高を把握できるよう情報共有が義務づけられています

KSCは「銀行法」に基づいてるためFINE(ファイン)には含まれません。

FINEは事故情報を含まない

また、CRIN(クリン)は事故情報の共有を行っていますが、FINE(ファイン)では債務整理などの事故情報は含みません

そして、FINE(ファイン)は「総量規制」を実施するための情報共有なので、CICに登録されているクレジットカードなど貸金業法の規制対象外情報は共有されません。

信用情報機関のまとめ

信用情報を管理している信用情報機関は3つあり、加盟会員や保管期間が異なる
主な加盟会員は、KSCは銀行系、CICはクレジットカード会社・信販系、JICCは消費者金融系
多重債務を防止するために、各機関では事故情報を共有している

信用情報についてここまで知ると、自分の信用情報はどうなっているんだろう?と気になりませんか?
次からは、開示方法について見ていきましょう!

信用情報の開示について

鍵を鍵穴に指そうとしている画像を信用情報を開示するイメージにつなげた画像

信用情報は各信用情報機関にて管理されていますが、個人情報のため必要書類と手数料を用意すれば、いつでも自分で開示請求をすることができます

開示請求すると、信用情報に照会履歴は残ります。
ですが、キャッシングなどの申込み審査には関係ないため、デメリットにはなりません。

また、稀にですが自分の信用情報で身に覚えのない情報が載っている場合があります。
開示請求をした時には、合わせて「誤情報の登録がないか?」もチェックしましょう。

【注意】短期間に複数申込んではいけない理由

開示請求はしたいけど、めんどうだなぁと感じる方もいらっしゃるでしょう。申込んでしまえば審査可否はわかるのだから「とりあえず申込みすればいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

気持ちはわかりますが、短期間の間に複数の申込みをするのは少し待ってください!

なぜかと言うと、短期間の間に複数のクレジットカードやキャッシングに申込みをすると「お金に困っている人ではないか?」と、「多重申し込み(申込みブラック)」の判断をされてしまい、審査に落ちる可能性が高くなる場合があります。

審査に落ちたことは申込み履歴でバレる!

通常、審査に通った場合の信用情報には「申込み履歴」と「クレジット情報」が出てきます。ですが、審査に落ちた場合は、申込情報はあるのにクレジット情報がない状態が続きます。

確認してもらえば分かりますが、「審査に通らなかった」との履歴は残りませんが、「申込みした履歴」は記録されます。これにより「クレジット情報がない=審査に落ちた」とバレてしまうわけです

他社で審査落ちした人に自社の審査を通そうとは、中々ならないですよね。

なので、多重申込み(申込みブラック)の判定をされてしまわないように、一度にたくさん申込みをするのは辞めましょう。

審査に通るか不安な場合は、多少めんどうに感じてもまず開示請求をするという方法があることを思い出してください。

それではまず、信用情報を開示する時のポイントを見ていきましょう。

信用情報機関で異なる開示方法

開示請求方法は、窓口や郵送、ネット、アプリなどがあります。
また、請求方法によって手数料が異なる場合や受取り方法の違いもありますので、よく確認しておきましょう。

開示方法一覧

機関 請求方法 手数料 受取方法
KSC 郵送 税込1,000円 郵送
CIC 郵送
窓口
ネット
【窓口】
税込500円
【窓口以外】
税込1,000円
ネット
郵送
JICC 郵送
窓口
アプリ
【郵送】
税込1,000円
【窓口】
税込500円
郵送
窓口

開示請求は原則本人のみ

信用情報は個人情報のため、原則として開示請求できるのは本人のみです。
家族であっても本人の同意が必要です。

開示報告書の受取り方法

窓口やネットであればその場で確認できますが、郵送の場合は「簡易書留」か「本人限定受取郵便(特例型)」で現住所宛に届きます。
家族に知られると余計な心配をかけそうで嫌だ、という方は郵送の受取りに注意してください。

※信用情報機関の確認※
業社が加盟している信用情報機関を確認したい場合は、キャッシングなどの申込み時に確認する「同意事項内」に記載されています。

KSCの信用情報を開示請求する

白文字のKSCと背景色が水色のイメージ画像

銀行関係の信用情報を調べたい場合は、KSC(ケーエスシー)へ開示請求をしましょう。

KSCで開示請求するポイント!

  1. KSC開示は郵送のみ
  2. 発行手数料は定額小為替証書で用意する
  3. 開示報告書は本人限定受取郵便(特例型)で届く

KSCの開示方法は「郵送のみ」になるので、注意してくださいね。

必要書類として、申込書や本人確認書類があります。
詳しくはKSC公式HPから確認できます。

CICの信用情報を開示請求する

白文字のCICと背景色が黄色のイメージ画像

クレジットカードや信販会社、携帯電話会社などの信用情報を調べたい場合は、CIC(シーアイシー)へ開示請求をしましょう。

CICで開示請求するポイント!

  1. CIC開示はインターネット、郵便、窓口の3種類
  2. 早いのはネット開示!
  3. 安いのは窓口開示!

CICの開示方法は3種類ありますが、ネット開示だと申し込みから開示報告書の確認まで自宅でできるのでとても便利です!
また、インターネット開示だと、初回開示から96時間以内の再開示は手数料が無料です。

※ただし、ネット開示手数料の引き落とし案内が「はがきで届く」ため、郵送物の受取りには注意してくださいね!

必要書類などはCIC公式HPから詳しく確認できます。

JICCの信用情報を開示請求する

白文字のJICCと背景色がオレンジのイメージ画像

消費者金融会社関係の信用情報を調べたい方は、JICC(ジェイアイシーシー)へ開示請求をしましょう。

JICCで開示請求する場合のポイント!

  1. JICC開示はアプリ、郵便、窓口の3種類
  2. 手軽なのはアプリ開示!
  3. 安いのは窓口開示!

JICCの開示方法は3種類あります。

一番手軽なのは、スマホでできるアプリ開示です。
ただし、アプリでできるのは「申込みだけ」になり、開示報告書は郵送で届きますので注意してくださいね。

窓口開示の場合は、その場で相談すれば再開示が可能です。

必要書類などはJICC公式HPから確認できます。

信用情報開示のまとめ

開示請求は自分でできるので、ローンを申込む場合は自分の信用情報を把握しておくことが大切