お金借りるのを相談する?

お金の悩みは人に相談しにくいだけでなく、家族や知り合いなどに借りると信用が犠牲になって人間関係が崩れる原因となります。

その結果、お金の問題を他人に相談するのは、借りたいタイミングではなく、借金が返済できないぐらい高額になってしまい弁護士に相談するか、住宅を買うなど新たな生活イベントに備えてファイナルプランナーに相談するかの2択になることがほとんどです。

お金を借りたい無職が相談する相手

無職の人がお金を借りるのは不可能と考えて良いでしょう。収入がなければどこからもお金は借りれません。無職の人が誰かに相談をしたいと考えたならば、相談相手はおそらく市役所となるでしょう。

市役所に相談した場合、市の貸付制度などの案内される可能性がありますが、返済義務があり、上限金と援助期間も決まっています。更には援助金支給期間中に就職することが求められます。

どうにかしてお金を借りるときのおすすめ

お金に困ったらどうにかして解決しなければならないので借りれるところを必死に探すことでしょう。そんなときはなるべく早めに対応することが必要ですが、一般的には消費者金融でお金を借りることを考えます。

しかし、安易に条件が甘い会社でお金を借りると悪徳業者にあたってしまい、金利や取り立ての被害に遭い最後まで警察や弁護士に相談できない状況になってしまうといった事例もたくさんあります。

お金は計画的に使うようにするだけでなく、借りるときは会社の信用度が高い大手消費者金融にするのがベストです。

お金を借りる審査通らない

急な出費や生活費が不足してしまい、お金を借りるしかないけど審査に通らないことで行き詰まる人もたくさん居ます。審査に通らない理由は3種類ぐらいしかありません。安定収入が無い人(無職含む)、既に借り過ぎの人、ブラックリストの人です。

お金を借りる審査に通らない人の特徴は、病気や事故などで急な出費が必要になった人を除けばお金の管理ができない人と言う点で共通しています。

お金を即日で借りるために何が必要か

先を考えて、いつ頃にお金が無くなるから先に金策をしておこうという人は消費者金融などでの借金には縁が無いことが多いです。住宅ローンや自動車ローン以外で消費者金融でお金を借りるときは急にお金が必要になったように感じますが、実は冷静に考えていればもっと先にわかることだったという場合があります。

消費者金融でお金を借りる最大のメリットは即日融資です。大手のほとんどが簡単に審査ができて通過すれば当日中に融資ができる体制にあります。

即日でお金を借りたい場合は、審査の前に「提出書類」「信用情報」を整理して準備しておきましょう。その他にも安定収入がある会社員であることや在籍確認の電話を避けるためにweb審査を使って健康保険証などを提出できる金融会社を選ぶことが大切です。

お金を借りるための金融機関の探し方

お金を借りるための金融機関を探すときはインターネット検索で調べるのが便利です。探す前に、銀行と消費者金融でお金を借りるときの金利差や闇金についての情報、見分け方などもあわせて調べておくと良いかもしれません。

大まかには、銀行は金利が少し低く、消費者金融は即日融資可能という特徴に別れます。 自身の状況や返済計画に応じて選ぶと良いでしょう。

低い金利でお金を借りるなら銀行がベスト

お金を借りるときに、より低い金利で借りれるところを探すなら銀行カードローンがおすすめです。お金を借りるときにはほとんどの場合で上限金利が適用になります。消費者金融の上限金利はが18.0%が多いのに対して、銀行カードローンは14%台となっていることが多く、長期的な返済を考える場合には低い金利でお金を借りる方が有利です。

しかし、銀行カードローンの審査は数日かかるので即日融資ができないことには注意が必要です。

返済期間が30日以内など、すぐに返済できる場合は消費者金融での借入も不利とは言えません。理由としては、大手消費者金融では初めての借入の場合に30日間利息0円といったキャンペーンを行っていることが多く、期間内に返済することができれば金利が0円となるため金利で迷う必要が無くなります。

即日融資希望ではなく、長期的な返済なら銀行、即日融資や30日以内で完済予定の場合は大手消費者金融のweb審査が最適です。

お金を借りるためのアプリはどれがいいの

お金を借りるアプリがあるという話もありますが、実際にアプリでお金を借りるのを完結できるアプリはプロミスのアプリローンのみです。大手消費者金融はweb審査などを利用してお金を借りれるようになりましたが、すべて契約後に利用できるものになります。

審査から契約、借入までアプリで完結できるのは唯一プロミスアプリローンです。アプリローンを使うことによって審査書類提出などがアプリ上で行うことができるようになるため、簡単にやりとりができるようになります。しかし、必ず審査が通るわけではありませんので審査に落ちたときはアプリは以降使うことないでしょう。

審査に通る可能性が高い人はアプリローンを最初から利用するのがおすすめですが、落ちる可能性がある人にとってはすぐに不要になるのでスマホディスプレイの圧迫になってしまうので、審査に通過して契約した後にアプリローンを使うことがおすすめです。

お金を借りるときに口コミは参考にできるのか

お金を借りるときにインターネットで「お金借りる 口コミ」と調べると消費者金融で借りたという経験者の口コミがたくさん出てきます。口コミサイトなどもたくさんあり、一見するとどれも良いような感じがしますが、実際にはこのような口コミサイトの口コミには金融業者の自作自演がたくさん紛れていて、なかには闇金業者が自作自演の口コミを投稿していることもあります。

ですので、お金を借りるときに口コミを信用し過ぎると借り先を誤ってしまい、闇金から借りてしまったという結果に繋がりかねません。お金を借りるなら、できるだけ知名度がある大手消費者金融で借りることにしたうえで、注意が必要な情報を集める手段として口コミを参考にすると良いのではないでしょうか。

また、口コミサイトで騙されないようにするためには、過剰に契約を迫る内容や、一つの口コミサイトのページで評価が最上位に偏っていて、更にそのような評価の投稿が多数連続しているような業者に注意することでしょうか。

サクラの口コミを評価を投稿することを商売にしている会社があるので、正しくない評判の口コミはすぐに無くなることはありません。したがって人の口コミは参考程度にしておき、自分で客観的な判断ができるようにすることがベストです。

詳細記事
お金を借りるときは口コミ重視?口コミを信じて騙されないためのコツ

お金を借りるなら即日&審査なしにしたいところですが

お金を借りる必要がある人はなるべく早く、簡単にお金を借りたいと考えることが多いのではないでしょうか。急ぎの場合にお金を借りれるところを探すときには「お金借りる 即日 審査なし」などと検索する方がたくさんいます。

ここで一つ問題なのは、正規の金融業者でお金を借りるなら「審査なし」は不可能という点です。銀行や消費者金融では借り主の破綻が一番困るので、最初に借り主の返済能力を確認するために職業や収入、現在の借入総額を必ず確認するための審査を行います。

審査を避けて通るための手段は、個人間融資か闇金の2択に限られてしまいます。しかし、この2択はトラブルの可能性が高く避けたほうが良い取引方法です。一方で即日にお金を借りるには消費者金融を利用することで解決できるので一般的な方法と言えます。

カードローンの即日融資が不可能になった銀行ではお金を即日借りることはできないので、即日融資を目的にするのであれば消費者金融に限られます。

SMBCモビットをはじめ、大手消費者金融では1時間程度で審査ができるので早ければ1時間程度で融資ができる状態にできるところが多くなっています。

郵便局でお金を借りる

郵便局には自動貸付制度というものがあり、審査なしでお金を借りる方法があります。ただし、郵便局の自動貸付制度を利用するには定期預金か、国債、財形貯蓄のいずれかを担保とするしなければなりません。 また、借りれる金額は、残高に応じたものになっていることがポイントで、例えば貯金担保自動貸付けの場合、口座預け入れ金の90%までとなっているので、総合口座に10万円の預金残高があれば19万円まで出金することができます。

貸付期間は2年までとなっていて、通帳には-9万円と表示されます。 問題は、定期預金などの担保が必要なことなので、担保が無い人は利用することができません。また、自動貸付制度を利用するためには郵便局の営業時間中に来店して手続きをする必要があるので、9時〜16時頃までが多い郵便局の営業時間中に仕事で郵便局に行くことができない人には最初の利用手続きが難しいかもしれません。

定期預金等で預け入れがあり、解約せずにお金を借りたい人には最適かもしれません。一方で、定期を解約すれば借金をしなくても良い場合もあるので、どちらを選ぶかは借り主次第となります。

自動貸付制度の詳細 →郵便局サイトへ(外部サイト)

預金がない人がお金を借りるには即日融資可能、無担保保証人不要など、借りやすい大手消費者金融がおすすめです。

お金借りれない相談

お金を借りるために相談するところは段階的に変わります。住宅ローンの場合は銀行が主ですが、フリーローンとなれば銀行だけでなく消費者金融などの選択肢も出てきます。審査の基準が違うため、銀行、消費者金融大手、中小消費者金融の順に審査が甘くなるとの認識が一般的です。

もし金融機関や消費者金融を巡ったけどお金を借りれなかったら最後に「お金借りれない」と相談するところは市役所です。市役所の生活支援制度を使うことができれば、生活を立て直すことができる可能性が出てきます。

詳細記事 →無職でお金を借りるには?今すぐお金が必要なときに頼りたい市役所の制度とは

もし、最初に申込んだのが銀行で、お金を借りれなかったら相談するのは消費者金融になります。更に大手のweb審査に落ちたら中小消費者金融に相談するなど、段階的に甘くなる審査を利用してなんとか借りれるようにしなければなりません。

最初から中小消費者金融などに申込むと、後がなくなってしまうので最初の融資審査は大手消費者金融にしましょう。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 原則、収入証明も印鑑も不要
    ※収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証
    (お持ちでない方は健康保険証など)
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!