カードとお金とチェックリストが書いてある信用情報のイメージ画像

自分の信用情報がどうなっているか知っていますか?
あまり聞き慣れない「信用情報」という言葉ですが、お金を借りる時やクレジットカードを作る時の審査に欠かせないのが信用情報です。

この記事でわかること
  • 無駄な審査落ちを避けることができる
  • 審査に落ちた場合も原因を推測して対策を立てることができる

自分の信用情報を知ることで、結果的に無駄な審査落ちを避けることができ、また審査に落ちた場合も原因を推測して対策を立てることに役立ちます。

特に以下に当てはまる人は、信用情報について知っておくべきですので参考にしてください。

  • 住宅や車などのローンを組みたい
  • クレジットカードを作りたい
  • お金を借りたい
  • 審査に落ちてしまった

自分の信用情報は信用力を表す重要な情報

クレジットなど個人の信用で買い物などのサービスを利用した信用取引を表す画像

信用情報とは、簡単に言うとクレジットカードやローン、キャッシングなどの信用取引における利用記録のことです。クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ぶこともあります。

銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などの金融機関から見ると、信用情報は個人の返済能力を判断する参考資料になります。そのため、カードやローンを申込むと金融機関は今までの取引記録を確認して、返済能力の判断を行います。

この「個人の返済能力の判断」が審査です。

そのため、今までに一度も延滞せずきちんと返済を繰返していれば、返済能力の良い判断材料として扱われます。 逆に、延滞など信用情報に傷があると、審査落ちの原因になることもあります。(これを俗にブラックと呼びます。)

クレジットやキャッシングを全く利用したことがない場合は、返済能力の判断材料がない状態です。(これを俗にスーパーホワイトと呼びます。)年齢や勤続年数など申込み時の状況にもよりますが、いきなり高額な融資は受けにくく、金利も高くなりやすいです。

このようにして金融機関は信用情報を基に随時適正に審査を行い、返済し切れないような過剰貸付を防ぐ役割(多重債務の防止)も担っています。

個人の信用力を表した握手している画像

消費者側からすると信用情報は自分が築き上げてきた「信用力の証明」です。

ゆえに私達は「お金を借りたい」「ローンを組みたい」となった時に、カードローンなどの「個人の信用」に対する信用サービスを、必要な時に迅速に受けることができるのです。

普段、何気なく使っているクレジットカードの支払いも信用力を築いてくれているわけです。

信用情報のまとめ
  • 自分の信用情報は「信用力」を表す利用履歴のこと
  • 「個人の信用力」を表すため返済能力を判断する「審査」に欠かせない重要な情報

次は、この大事な信用情報を管理している「信用情報機関」について解説します。
信用情報機関は管理している情報が異なる点が審査に関わってきますので、信用情報とあわせて確認しておきましょう。

信用情報を管理している信用情報機関

信用情報機関を表すビルの画像

「信用情報機関」では信用情報の管理を行っており、情報の「収集・保管・提供・開示」が主な役割です。

この信用情報機関は1つではなく複数ある点や、管理している情報を把握することで、審査に関わってくる部分が明確になります。把握しておくべき重要なポイントは以下4点です。順に見ていきましょう。

信用情報機関の4つのポイント
  • 信用情報機関と加盟会員の種類
  • 信用情報の登録内容には事故情報が含まれる
  • 信用情報は内容によって保管期間が異なる
  • 信用情報は加盟会員でないと確認できないが、事故情報は全機関で共有されている

3つ信用情報機関と加盟会員の種類

日本の信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)の3つです。

この3つの信用情報機関はそれぞれは独立して運営を行っており、加盟している主な加盟会員に違いがあるのが大きな特徴です。
以下の表に特徴をまとめましたので見てみましょう。

信用情報機関の種類と加盟会員

信用情報機関名 主な加盟会員
【 KSC 】
全国銀行個人信用情報センター
運営元:一般社団法人全国銀行協会
( JBA / 全銀協 )
銀行
銀行系クレジットカード会社
銀行と同視される金融機関など
【 CIC 】
シー・アイ・シー
運営元:株式会社シー・アイ・シー
クレジットカード会社
信販会社
携帯電話会社など
【 JICC 】
日本信用情報機構
運営元:株式会社日本信用情報機構
消費者金融
信販会社
携帯電話会社など

主な加盟会員はKSCは銀行系CICはクレジットカード会社・信販系JICCは消費者金融系です。

しかし、信用情報機関への加盟は1つとは限りません。会社によっては、例えばCICとJICCの2つに加盟している場合もあります。

各機関に加盟している具体的な加盟会員は、以下公式HPより確認することができます。

詳しい加盟会員はこちら

信用情報機関での登録情報と保管期間

信用情報として登録される情報をイメージさせるパソコンやデータのイラスト画像

次に、信用情報機関に登録される情報は契約内容や利用情報、本人確認情報などです。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容
  • 返済や支払状況
  • 取引事実に関する情報 など

これは、各金融機関にキャッシングなどの申込みをした時点で登録され、返済状況などは定期的に追加更新されます。そして、この登録された信用情報が審査のために加盟会員に提供されています

登録された情報は一定期間保管されます。期間については各信用情報機関によって期間が異なり、おおよそ5年、短いもので数箇月、最長だと10年などもあります。

※信用情報の登録と追加※
ちなみに、信用情報の登録・追加は、キャッシングなどの申込みを行う際に申込者に同意を求められます。
どの信用情報機関を利用するかは同意書に記載されているはずなので、申込時はチェックしてくださいね。

信用情報には事故情報も含まれる

提供する信用情報の中には、延滞情報や債務整理などの事故情報も含みます。(いわゆるブラック情報と呼ばれるものです。)

なぜ、事故情報も含まれるのでしょうか?それは返済能力を判断する際、単純に年収や職業だけでは難しい場合が多いためです。

つまり、適正な審査のために信用情報機関は過去の延滞や返済不能などの事故情報も提供しています。

信用情報機関は独立運営

日本の3つの信用情報機関を表すビルの画像

3つの信用情報機関は、それぞれ独立して信用情報を管理しています。
そのため、各信用情報機関で管理している信用情報は加盟している加盟会員でないと照会ができません

例えば、CICの加盟会員は、KSCやJICCに登録されている借入・返済情報は分からないのです。

多重債務が社会問題に…

この仕組みから、お金が必要になれば「別の信用情報機関に加盟している金融機関からお金を借りればいい」という誤った認識のもと、結果的に多くの多重債務者が生まれ、社会問題になるほど自己破産などの債務整理が増加した過去があります。

つまり、多重債務を防ぐためには加盟している信用情報機関からの情報だけでは足りず、他の信用情報機関の情報も必要だという問題が出てきたのです。

CRINで事故情報を共有している

KSCとCICとJICCの情報を保有するCRIN(クリン)のイメージ画像

多重債務の問題を解決するために現在では、全信用情報機関で事故情報を共有する仕組みがあります。
この共有ネットワークをCRIN(クリン)と言います。

CRIN(クリン)によって、信用情報機関のどこか1つで事故情報がつけば「この人は事故情報が登録されている」と、他の信用情報機関に加盟している会社も確認できます。

事故情報の保管期間

書類と時計のイラストが黒色の背景で描かれている画像

ただし、信用情報に登録された事故情報は一生残るわけではありません。
通常は、各信用情報機関で定めている以下の保管期間を過ぎれば、事故情報は削除されます。

(※法的申し立ての取下げがあった場合などで、5年を経過する前に情報を削除することもあります)

事故情報の保存期間一覧

登録事故情報 KSC CIC JICC
61日以上の長期延滞 5年 5年 1年
代位弁済 5年 5年 5年
契約解除 5年 5年 5年
多重申込 6か月 6か月 6か月
任意整理 5年
個人再生 10年 5年
自己破産 10年 5年 5年

※:延滞解消後からの保存年数

長期延滞で言えば、解消してから5年を経過すれば登録されている信用情報機関から事故情報は削除されます
その後は、CRIN(クリン)で長期延滞の事故情報が共有されることはありません。

ただし、自己破産や個人再生はCIC・JICCでは5年、KSCは10年と内容や各機関によって保管期間に差があることから、5年経過しても審査が通らない場合もあります。

社会問題に発展した頃のように信用情報機関の加盟が異なる会社に申込んだとしても、現在ではどこかの機関で事故情報が残っている間は、審査落ちする可能性が高いということです。

FINEで総借入残高を把握している

CICとJICCの情報を保有するFINE(ファイン)のイメージ画像

また、別の信用情報交流ネットワークでFINE(ファイン)というものがあります。 FINE(ファイン)では、CICとJICCが情報共有しています。

この2つの信用情報機関は、貸金業法の基づく指定信用情報機関になります。

貸金業法では、貸金業法に基づく全貸金業者が指定信用情報機関を利用することができ、消費者の総借入残高を把握できるよう情報共有が義務づけられています

KSCは「銀行法」に基づいてるためFINE(ファイン)には含まれません。

FINEは事故情報を含まない

また、CRIN(クリン)は事故情報の共有を行っていますが、FINE(ファイン)では債務整理などの事故情報は含みません

そして、FINE(ファイン)は「総量規制」を実施するための情報共有なので、CICに登録されているクレジットカードなど貸金業法の規制対象外情報は共有されません。

信用情報機関のまとめ

信用情報を管理している信用情報機関は3つあり、加盟会員や保管期間が異なる
主な加盟会員は、KSCは銀行系、CICはクレジットカード会社・信販系、JICCは消費者金融系
多重債務を防止するために、各機関では事故情報を共有している

信用情報についてここまで知ると、自分の信用情報はどうなっているんだろう?と気になりませんか?
次からは、開示方法について見ていきましょう!

信用情報の開示について

鍵を鍵穴に指そうとしている画像を信用情報を開示するイメージにつなげた画像

信用情報は各信用情報機関にて管理されていますが、個人情報のため必要書類と手数料を用意すれば、いつでも自分で開示請求をすることができます

開示請求すると、信用情報に照会履歴は残ります。
ですが、キャッシングなどの申込み審査には関係ないため、デメリットにはなりません。

また、稀にですが自分の信用情報で身に覚えのない情報が載っている場合があります。
開示請求をした時には、合わせて「誤情報の登録がないか?」もチェックしましょう。

【注意】短期間に複数申込んではいけない理由

開示請求はしたいけど、めんどうだなぁと感じる方もいらっしゃるでしょう。申込んでしまえば審査可否はわかるのだから「とりあえず申込みすればいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

気持ちはわかりますが、短期間の間に複数の申込みをするのは少し待ってください!

なぜかと言うと、短期間の間に複数のクレジットカードやキャッシングに申込みをすると「お金に困っている人ではないか?」と、「多重申し込み(申込みブラック)」の判断をされてしまい、審査に落ちる可能性が高くなる場合があります。

審査に落ちたことは申込み履歴でバレる!

通常、審査に通った場合の信用情報には「申込み履歴」と「クレジット情報」が出てきます。ですが、審査に落ちた場合は、申込情報はあるのにクレジット情報がない状態が続きます。

確認してもらえば分かりますが、「審査に通らなかった」との履歴は残りませんが、「申込みした履歴」は記録されます。これにより「クレジット情報がない=審査に落ちた」とバレてしまうわけです

他社で審査落ちした人に自社の審査を通そうとは、中々ならないですよね。

なので、多重申込み(申込みブラック)の判定をされてしまわないように、一度にたくさん申込みをするのは辞めましょう。

審査に通るか不安な場合は、多少めんどうに感じてもまず開示請求をするという方法があることを思い出してください。

それではまず、信用情報を開示する時のポイントを見ていきましょう。

信用情報機関で異なる開示方法

開示請求方法は、窓口や郵送、ネット、アプリなどがあります。
また、請求方法によって手数料が異なる場合や受取り方法の違いもありますので、よく確認しておきましょう。

開示方法一覧

機関 請求方法 手数料 受取方法
KSC 郵送 税込1,000円 郵送
CIC 郵送
窓口
ネット
【窓口】
税込500円
【窓口以外】
税込1,000円
ネット
郵送
JICC 郵送
窓口
アプリ
【郵送】
税込1,000円
【窓口】
税込500円
郵送
窓口

開示請求は原則本人のみ

信用情報は個人情報のため、原則として開示請求できるのは本人のみです。
家族であっても本人の同意が必要です。

開示報告書の受取り方法

窓口やネットであればその場で確認できますが、郵送の場合は「簡易書留」か「本人限定受取郵便(特例型)」で現住所宛に届きます。
家族に知られると余計な心配をかけそうで嫌だ、という方は郵送の受取りに注意してください。

※信用情報機関の確認※
業社が加盟している信用情報機関を確認したい場合は、キャッシングなどの申込み時に確認する「同意事項内」に記載されています。

KSCの信用情報を開示請求する

白文字のKSCと背景色が水色のイメージ画像

銀行関係の信用情報を調べたい場合は、KSC(ケーエスシー)へ開示請求をしましょう。

KSCで開示請求するポイント!

  1. KSC開示は郵送のみ
  2. 発行手数料は定額小為替証書で用意する
  3. 開示報告書は本人限定受取郵便(特例型)で届く

KSCの開示方法は「郵送のみ」になるので、注意してくださいね。

必要書類として、申込書や本人確認書類があります。
詳しくはKSC公式HPから確認できます。

CICの信用情報を開示請求する

白文字のCICと背景色が黄色のイメージ画像

クレジットカードや信販会社、携帯電話会社などの信用情報を調べたい場合は、CIC(シーアイシー)へ開示請求をしましょう。

CICで開示請求するポイント!

  1. CIC開示はインターネット、郵便、窓口の3種類
  2. 早いのはネット開示!
  3. 安いのは窓口開示!

CICの開示方法は3種類ありますが、ネット開示だと申し込みから開示報告書の確認まで自宅でできるのでとても便利です!
また、インターネット開示だと、初回開示から96時間以内の再開示は手数料が無料です。

※ただし、ネット開示手数料の引き落とし案内が「はがきで届く」ため、郵送物の受取りには注意してくださいね!

必要書類などはCIC公式HPから詳しく確認できます。

JICCの信用情報を開示請求する

白文字のJICCと背景色がオレンジのイメージ画像

消費者金融会社関係の信用情報を調べたい方は、JICC(ジェイアイシーシー)へ開示請求をしましょう。

JICCで開示請求する場合のポイント!

  1. JICC開示はアプリ、郵便、窓口の3種類
  2. 手軽なのはアプリ開示!
  3. 安いのは窓口開示!

JICCの開示方法は3種類あります。

一番手軽なのは、スマホでできるアプリ開示です。
ただし、アプリでできるのは「申込みだけ」になり、開示報告書は郵送で届きますので注意してくださいね。

窓口開示の場合は、その場で相談すれば再開示が可能です。

必要書類などはJICC公式HPから確認できます。

信用情報開示のまとめ

開示請求は自分でできるので、ローンを申込む場合は自分の信用情報を把握しておくことが大切