意外と知らない、金融機関の役割の違い

グレーの壁の銀行のイラスト画像

みなさんは「銀行」と「信用金庫」は何が違うのか、意識したことがあるでしょうか?
私もそうでしたが、信用金庫も銀行だと思っていました。

実は、金融機関とひとくちに言っても、それぞれ社会的な役割と規制している法律が違うのです。

生活費や副業のお金は銀行から貸してもらえない

例えば、あなたが副業をしているとしましょう。
ある日「個人事業の資金融資」のお願いに銀行へ行ったとします。

するとこんなことを言われます。

中小企業保証協会への融資を進める銀行員の画像

「中小企業保証協会に融資の申込みをされてはどうですか?融資がおりれば振込先を投稿にしていただいても結構ですよ。」今思えばこれは、個人事業で融資を申込みに行った私への最大限の気遣いだったのかもしれない…。

銀行は意地悪をしているわけではなく個人事業には融資を出しにくいのです。

これは先程述べたように、金融機関の社会的な役割の違いによります。

金融機関における社会的役割の違い

銀行 信用金庫 消費者金融
法律 銀行法 信用金庫法 貸金業法
目的 国民経済の健全な発展に資する 国民大衆のために金融の円滑を図りその貯蓄の増強に資する 一般の個人に対する無担保での融資事業
組織 営利法人 非営利法人 営利法人
融資 制限なし 原則として会員を対象  収入の1/3まで

簡単にまとめると、、、

  • 銀行 = 経済や企業の為
  • 信金 = 地域や中小企業、大衆の為
  • 消費者金融 = 個人の為に

このように存在しているのです。

よって銀行や信用金庫は「副業資金」には融資はしてくれません
個人で、しかも副業の味方になってくれる金融機関は自ずと消費者金融等の金融機関に限られてくるのです。