「お金を借りたらどうなるの?」
「どうやってお金を借りるの?」

お金に困ってどうしようもなくなると「お金を借りるしかない」という考えが頭に浮かびませんか?だけど初めてお金を借りるときには他人からお金を借りたらどうなるか不安になりますし、どうやって借りるのかもわかりません。

そんな時にマニュアルのようなものがあれば…。

この疑問を解決するためにお金を借りるメソッドを用意しました。

この記事でわかること
  • お金を借りる方法と、お金を借りたらどうなるか?がわかる

お金を借りると変わること

お金を借りると変わること

お金を借りるしかない状態になってしまった時に一番不安なのは、借りてしまったらその後どうなるかということではないでしょうか。

そして不安の理由は、お金を貸す人や業者に対して怖いイメージを持っているからですよね。

ナニワ金融道、闇金ウシジマくんなど、有名な借金漫画やドラマは総じて怖いシーンがありますが、実際に見たことが無くても誰かから聞いた話で既に恐ろしいイメージができてしまっているんです。

では実際に自分たちが他人からお金を借りるとどうなるかと言うと…

結論:何も変わりません

人からお金を借りたことで特別な何かが起きることはありません。
強いて言えば、「お金を借りた事実」と「借りたお金を返さなければならない義務」が人生のミッションに追加されたことぐらいなんですよ。

ただし、これには「絶対的な条件」が付きます。

変わらないための条件

毎月の期限を守って返済すること

少なくともこの条件を守っている限り、心配しているような怖いことは起こりません。

理由:法律による保護があるから

お金の貸し借りは悪質なトラブルを防止するために金融庁に登録が必要なだけでなく法律で厳しく制限されているのを知っていますか?

金融会社も個人も貸金業法などの法規制の範囲内でしかお金の貸し借りをすることができません。特に貸金業法には金利や借入金額についてだけでなく条件の明示に至るまで細かく決められていますので、事業を継続するために徹底して遵守する会社がほとんどです。

ですので、金融庁に登録されていて登録番号が発行されている正規の貸金業者からであれば安心してお金を借りることができます。

逆に、個人取引は法の遵守ができていないことが多いので危険です。

不安を解消するメソッド

登録された正規の貸金業者なら大丈夫!大手になるほど明朗会計

一番規制に敏感なのは大手消費者金融会社です。国にも国民にも厳しく監視されながら事業を行っているので企業としての信頼性はある程度担保できていると思います。

お金を借りるための簡単メソッド

お金を借りる簡単メゾット

金融庁に登録された正規の貸金業者、特に大手消費者金融会社なら変に怖さを感じずにお金を借りれると言いましたが、ここではどうやって借りれば良いのか、注意点もあわせて説明していきます。

繰り返しますが、お金を借りるという選択をすると「借りたお金を返す義務」が伴うことを忘れないようにしてくださいね。

このメソッドでわかること

お金を借りるために必要な知識とコツ

結論:最終的に選びたいのは大手消費者金融

最終的におすすめするのは大手消費者金融のカードローンです。その理由は先述した通り一番安心して借りれるだけでなく契約にたどり着くまでの時間が最短なんです。

ですが、審査に落ちる人が一定数いることが難点としてあげられます。

これには理由があって、過去5年ぐらいのうちに滞納や債務整理、自己破産をした人が繰り返し申込んだり、審査を申込む時点で既に収入に見合わない借入をしている人が申込んでいるからなんです。

お金に困った時に使いたいカードローンは次の記事にまとめていますのでこちらを確認してください。この記事に掲載している消費者金融の審査通過率は約45%と言われています。

手順1:借り先を選ぶ

お金を借りるときには消費者金融や銀行が取り扱っているカードローンを契約することになります。

お金を借りる手順をマニュアル化するなら、借り先を選ぶことが95%ぐらいを占めると言っても過言ではありません。そして、ここで重要なのは「いかに良い条件で借りれるか」ではなく「どの金融会社から借りれるか」です。

更に、お金に困った時は一刻を争う状況であろうことも頭に入れておきましょう。

借り先選びのメソッド

契約まで最速のカードローンを選ぶ

あなたが求めているのは「早く支払いの不安から解放されたい」という緊急性の高い心の声に対する答えではありませんか?

一刻も早く不安から逃れたいのに審査が遅いカードローンを選んでしまい、ずっと結果を待つなんてことは私にはできません。やはり一番大切なのは現金を手に入れるまでの時間です。

以前書いた最も早くお金を借りる方法についての記事が参考になりますので詳しく知りたい人はこちらを確認してください。

手順2:借入条件を確認する

省略されがちですが借入条件の確認はとても重要です。

私もですが、ネットで何かを買う時に「絶対に読んでください」と書いている説明を読み飛ばして同意ボタンだけ押してしまうのってやりがちですよね。

でも、カードローンを含めて金融商品の場合はこの手順を省かないようにしましょう。本当は注意事項や商品説明書など詳細まで全て目を通さなければならないのですが、実際は読むのが大変なので借入条件の記載を確認する程度になってしまいます。

確認のメソッド

借入条件を見落とすと審査落ちの可能性あり

借入条件はカードローンを扱う会社なら公式サイトに必ず記載があり、金利や対象年齢、上限金額など必要な情報がまとめられています。この記載を読まずに審査を申込んでしまった結果、無駄に審査落ちになるのは大損です。

借入条件をちゃんと読まずに審査をしたらどうなるかは次の記事に書いているので気になる方は見てくださいね。

手順3:簡易審査を使う

私は「お金を借りる時に失敗しないコツは?」と人に聞かれたら「簡易審査を受けること」と答えます。銀行や大手消費者金融はwebで申込むことが主流になってきているので公式サイトに簡易審査ができるページが用意されています。

どこで簡易審査をしても同じか?と言えばそうではありません。これから審査を受けようとしている金融会社の公式サイトにある簡易審査を受けましょう。

簡易審査では「年収」「年齢」「職業」「借入希望額」を入力することで簡易的に「借入可能」または「借入不可」などと答えが返ってきます。

ここで確認されるのは総量規制の関係で「借入総額が年収の1/3倍以上にならないか」ですので特に収入と希望額が重要です。

融資条件は各社異なりますので、結果が全て同じとは限りませんが、クリアできる可能性が高いのは「年齢20~59歳の会社員で今回の借入希望額と他社を含めた借入総額の合計が年収の1/3以下の人」になります。

審査クリアのメソッド

今回と既存を含めて借入総額が年収の1/3以下でなるべく少額から始める

なるべく少額から始める」というところがミソです。

本来100万円借りたくても最初の審査のときは40万円程度にして、契約後に数回の返済実績を作った後に増額する方法が裏技としておすすめです。

手順4:必要な提出物を確認する

カードローンの契約をするためには必ず本人確認書類の提出が求められます。本人確認の提出物として有効なのは免許証やパスポートですが、写真付きの本人確認書類がない場合でも会社規定に沿って組み合わせて提出することによって認められるようになります。

50万円未満の場合は免許証だけでお金を借りることができますが、それを超えると収入証明書の提出が必要になります。したがって手続きを簡単にしたいなら借入希望額は50万円以下にしましょう。

免許証だけでお金を借りる方法について別に記事を用意していますので、詳しくはこちらを見てくださいね。

番外編:審査に落ちた時の対策

もし、審査に落ちてしまった時に解決する方法は「待つこと」です。審査に落ちる原因は3つあり、「借り過ぎ」「信用情報の傷」「借入条件外」です。

基本的には審査に落ちた理由を教えてもらうことはできないのですが、信用情報機関で自分の信用情報を照会することができるので調べれば答えに行き着きます。

その結果、「信用情報の傷」は、直近半年以内に滞納などの返済事故を起こしていたことが原因の場合が多いようです。

信用情報の傷が原因で審査に落ちた時の対策を次の記事にまとめているので詳細はそちらを見てくださいね。

ここまで、お金を借りるためのメソッドを紹介してきました。

お金に困った時に少しでも見てもらうことができれば、失敗せずにお金を借りることができるはずです。

最終的におすすめするのは大手消費者金融の審査が早いカードローンです。次の記事にまとめていますのでそこから公式サイトに移動して簡易審査をしてくださいね。