借り過ぎに気付くことが解決の糸口

カードローンやキャッシングでお金を借りると、陥りやすいのが借入の繰り返しです。改善を試みるものの、返済計画が無謀なものであったり家計管理を行わなかれば、しばらくしたらまたお金が足りなくなり、借金してしまうことが多いのが実情です。「お金を借りるのは今回だけ」と決めて完済している人も大勢いますが、借金ループに入って抜け出すことができない人もいます。

初めてキャッシングを使うときは問題なく借りれたものの、借入の申込みを繰り返せばキャッシングの「審査が通らない」という非常に困ったことになります。

審査が通らない理由の多くは、借り過ぎか返済能力以上のお金を借りようとしたことにあります。最近は金融会社側も規制の影響でお金を貸すための審査が厳しくしなければならなくなっています。

更に総量規制の制限を受けない銀行も、少し前までは甘い審査でどんどん貸し付けを行っていましたが、数年前に銀行カードローンが原因の破綻者が急増した影響で自主的に審査を厳しくしつつあり審査内容は消費者金融と同等以上になっています。

はじめてお金を借りるときは返済能力に問題がなかった人でも借入が多くなってくると審査する金融業者にも返済能力が疑われるようになります。その結果、新たな借入を希望したときに借りれる金額が減額されたり、審査落ちで全く借りれなくなってしまうことがあります。

審査は厳しいほど役に立つ理由

審査を申込む順番が重要です。最初から中小に申込むのはおすすめしません。審査は大手消費者金融が最も厳しく、中小の方が通りやすいと考えるのが一般的です。したがって審査が通りやすいからと最初から選択肢を狭めてしまうと、審査落ちしてもお金を借りたいときに次の手段が無くなってしまいます。

お金を借りたいときは、審査が厳しくて通らない可能性があるとしても、まずは大手消費者金融などしっかりと審査を行う業者で審査申込みすることが大切です。そして、大手で審査落ちしたときは落ちた原因を調べて、次にお金を借りるための対策を考えなければなりません。

収入が少なければ、収入に比べて借入希望額が多いことが原因で、それ以外の場合は個人の信用情報が審査落ちの原因であると考えられます。

信用情報は自分で調べることができるので、お金を借りるための対策ができます。

信用情報は借入や返済などがあると随時更新され、それぞれの情報には保管期間が決まっています。したがって最も効果がある審査落ち対策は、審査落ちの原因の情報が消えるのを待つこととなります。

これは大手の審査に落ちたときに、むやみに中小金融などでお金を借りようとしていると気付かない可能性があることなので先に調べておく方が良いものです。

どうしようもない時にも貸してくれるかも

大手の審査がどこも通らないけど貸してくれるローン会社時、大手の審査に落ちた人を対象としている中小消費者金融です。もちろん、正規の金融業者なので総量規制を超えるような借入はできないなど法律を守った範囲での審査になりますが、中小の場合は、大手の審査フィルターのように自動で落とされることはないので今の返済能力を考慮してお金を貸してくれる可能性があるローン会社です。

お金を借りれる可能性を最後まで残しておくためにも、お金を借りたいと思ったときは大手から順番に審査を受けていく方が良いと言えます。

収入を増やすのが脱出の基本

大手に比べて審査が甘い中小消費者金融でも借りれない人はおそらく総量規制以上の借入になっているか、収入に問題があると考えられます。

中小の審査にまで通らない人は、こうなる前に審査が通らない原因を真剣に考えないといけません。収入が少ない人は正社員として安定的かつ借入額の3倍以上になる収入を得るようにしなけれなりません。

中小規模の消費者金融で審査をするときは特に収入が大切なので、この部分を解決できなければキャッシングやカードローンで借りれないません。

小さく借りて徐々に実績を積む

ローンが通らない人は、自分がなぜ審査に落ちるのかを知ることが大事です。無職や総量規制にあたる状態ではどう頑張っても正規の金融業者で借りることはできません。

過去に返済事故を起こしてブラックリストに入っていたり、住宅ローンや自動車ローン以外で借り過ぎということが多いので、ローン会社に返済能力が低いと判断されてしまいます。

その他、20歳未満や60歳以上の人が申込んだ場合にも年齢規制で審査に通過することができません。その他、住所が定まらない人や連絡先の確認がとれない場合も審査が通らないことがほとんどです。

稀に、「お金を借りる」「ローンを組む」「クレジットカードを作る」などの経験が無く、まっさらの状態の人が急に高額のカードローンの審査に申込んだ場合も審査に落ちることがあるようです。特に新社会人が多く誕生する4月や5月頃に多く発生していて、引っ越しなどで新生活の準備や環境の変化で出費が予想以上に多くなってしまい給料を超えてしまうようです。

新社会人などの場合、お金を借りるために金融会社が重視する信用力は年齢や職業、収入だけでなく、「借りたお金を返した」という経験も必要になります。したがって、初めてお金を借りる人は、少額の借入れから始めることが大切です。

最初にお金を借りるときは、10万円ぐらいにしておくのが最善の方法でしょう。すぐに借りたい場合はSMBCモビットやプロミスなど銀行系消費者金融がおすすめです。

絶対審査が通るの嘘とは

通常の金融業者に「絶対審査が通る」存在しません。金融庁に登録した貸金業を営む企業は貸金業法等を守らなければならないので、そのようなカードローンや融資を扱うことはできないことが理由です。

正規の金融会社の中から絶対審査に通るカードローンを探したいときは、借りれる可能性が高い状態にすることが大切です。

正規の金融会社から借りるには、信用情報に問題なく、安定収入がある会社員で、複数社で借入れしていない人が少額から審査を受けるのが最も審査が通る可能性が高い条件です。

絶対に借りれるカードローンはありますか?

金融庁登録の正規の貸金業者では絶対に借りれるカードローンは存在しません。ただし、借入れを希望する人の信用力が高い場合には審査を通った上で借りれる可能性が高いカードローンの申込み方はあります。

どこでお金を借りれば良いのか

銀行や消費者金融でお金を借りるためには必ず審査があります。銀行と消費者金融では守らなければならないルールが違ったり、審査の仕組みの差により厳しい業者と甘い業者などと印象が違ってきます。

同じ消費者金融でも、大手に比べると中小の方が審査が通りやすいと言われています。中小の場合は大手に落ちた人をターゲットにしているので、web審査などで一定条件以上でなければ全て落とされるといったことはありません。

大手の審査に落ちる人はこのweb審査の時点で落ちることが多いので、個別に審査を行う中小の方が事情が考慮されたり現時点の返済能力を考慮して審査してもらうことが可能です。

しかし、審査を受けるときに最初から中小を選ぶのは得策とは言えません。大手の場合も信用情報を確認して問題なければ借入金額を少なくするだけで審査が通るようになる場合もあり、準備をしていれば審査に通らないといったことを避けることができます。

逆に、最初から通りやすい融業者で審査をしてしまうと、通らなかった時に残される手段がなくなり、リスクを抱えてしまうことになります。カードローンやキャッシングをするなら企業としての信用力がある大手消費者金融や銀行がベストであることは間違いありません。

できる限り、大手もしくは金融庁登録の消費者金融で審査することをおすすめします。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!