「カードローン審査にまた落とされた!」

何度か審査落ちを経験したら、「どんな人が審査をしてるのか」、「あいつらに心は無いのか」そんな気持ちになるものです。

一番簡単な方法はクレジットカードなどのキャッシング枠を利用することです。正規の方法でお金を借りるには、審査なしの借入れ方法は残念ながらないからです。

ですが、クレジットカードを持っていない方はこれではお金を作ることができません。

非情の極み!増え続ける大手カードローン審査の犠牲者

そもそも、金融業者の審査は何のためにあるのかを考えたことがありますか?

一番の目的は貸し倒れの防止です!

金融業者はお金を貸した見返りに得る利息で会社が運営されているので、貸した相手がお金を返せなくなってしまったり逃亡されると自分たちの会社が倒産しかねません。

申込者全員に対して必ず行う審査は、極力貸し倒れを回避するための手段です。

この審査は、大手消費者金融や銀行ほど厳しくなります。

知名度や信頼性から審査を受ける人がたくさん居る裏で、冷酷無比に切り捨てられる人が続出している実態があります。

マニュアル至上主義!銀行カードローン審査の冷酷実態

お金を借りるなら金利が低い銀行カードローンは魅力があります。しかし、銀行カードローン審査は消費者金融以上に厳しいと言われています。

それはなぜかといえば、銀行の社会的役割が重大過ぎるからです。

銀行は個人や企業への融資だけでなく、預金を投資運用したり日本や外国への融資に使われるお金をもつという役割があります。

銀行が資金に行き詰まると融資したお金の回収を急ぎますが、そのような情報が外に流れた途端に個人や企業にも一気に預金が解約され銀行運営が破綻します。その結果、融資先や取引先など負の連鎖が広がり社会が不安定になるのが金融ショックです。

そのような事態に陥らないように、銀行では冷酷と言えるほど厳しく定められた審査マニュアルで融資管理されます。

その結果、銀行から信用を得られない借入希望者は審査を簡単に通過することができません。

裏口発見!銀行からの信用度が上がる借り方

そんな銀行の審査ですが、カードローンでお金を借りやすくする方法があります。

その方法とは、給与口座に指定している銀行のカードローンに申込むこと。

銀行は会社員の給料のように、毎月決まった時期に入金がある口座を優良な口座と判断します。

給料口座は身元が確認できたり収入の実態が見えやすいだけでなく、もし返済ができなくなった場合でも口座や給与を担保代わりに抑えてしまうことができるので、給与口座を持たない人に比べて個人の信用度も少し上がるようです。

これは、住宅ローンやカードローンで共通しているので、銀行でお金を借りるなら案内で送られてくるDMなどを見てキャンペーンを利用するのが最も賢い方法です。

とにかく遅い!銀行カードローンを使わない方がいい人

銀行でお金を借りるときの唯一の欠点は時間がかかるということです。

即日審査が一般的な消費者金融に比べて、銀行は審査結果が判明するまでに数日かかります。

目安は翌日から7日程度とされていますが、人によっては更に時間がかかることもあるようですので、緊急時向きとは言えません。

その他にも、銀行カードローンを選択した理由が総量規制対象外を目的としたものである場合も不適切かもしれません。

総量規制の観点で言えば、銀行からの融資は総量規制の対象ではないため年収の1/3を上回った融資は可能です。しかし、「すでに返済能力以上の借入である」と判断されれば銀行側も非情な判断を下すことになります。

温情に期待!?消費者金融に人情は通じるのか

銀行との比較で借入れ先として検討するのは消費者金融です。

銀行と比較すれば金利は高くなる反面、最短即日融資が可能な早さが魅力です。

銀行は預金口座などの金融商品を複数持って金利や手数料で会社の収益を上げますが、消費者金融はお金を貸すことによって発生する利息だけで会社の収益を出します。

そのため金利は銀行より高くなりますが、収益源が多い銀行よりも消費者金融の方が貸付を積極的に行うと考えられます。

真逆!?規模が小さいほど人情味がある消費者金融道

消費者金融では、会社の規模によって審査の厳しさが変わることが定説です。

大手消費者金融と言われる会社はそれぞれ銀行グループの一員として経営されているため、銀行と同等の審査レベルとなります。

したがって、人情は通じず審査落ちを経験した人によっては「冷酷無比だ!」と感じた人も多いでしょう。

しかし、そもそも消費者金融の需要は銀行と大きく違っていて、緊急性のある金欠時です。

大手消費者金融の審査通過率は45%程度と言われていますが、これは審査が特段に厳しくなることが理由ではありません。

審査はマニュアル通りに返済能力に問題のない会社員を選ぶためのものですが、大手の審査通過率が低くなるのは、借入希望者自身が経済的に厳しい状態で申込んでいるためです。

人情は誤解?優しさの裏にある金貸しのブラックさ

大手の審査が通らない人は、次に中小消費者金融の利用も検討するしかありません。

中小の消費者金融会社は、大手が融資を断わった人に対してお金を貸すことで利息を得て運営されています。

正規の賃金業者は、日本全国で2,000社近くありますが、小規模な金融業者はどんどん倒産している状況にあります。

小規模になるほど借入希望者の経済状況が悪く、大手からの融資を受けられない人が顧客になるのでリスクを抱えた融資になります。

借りる側なら、厳しい状況にも関わらずお金を借りることができるので、貸してくれた中小の消費者金融を「人情味のある会社だ」などと感じることも多いのではないでしょうか。

大手との大きな基準の違いは、中小は現在の返済能力を重要視することです。

ただし小規模な消費者金融を探すなら、くれぐれも間違って悪徳な業者を利用しないように注意することが必要です。金利が年20%以上であったり、業者の連絡先が携帯電話に設定されている場合には、悪徳業者や闇金である可能性が高くなりますので、避けてください。

カードローン審査の重要事項

消費者金融から借りる際に重要なのは、総量規制です。これは貸金業者からの総借入額は年収の1/3までと法律で定められているもので、消費者金融から総量規制以上の借入はできません。そのためまずは申込み前にまだ借入が可能かどうか、自身の総借入額を把握することが重要です。

また、消費者金融と言ってもさまざまな会社があります。まずはやはり、安心感がある大手消費者金融からの審査をおすすめします。審査が早くWEB機能やアプリ、独自サービスなどが充実しています。また借入枠内であれば何度でも借入が可能ですので、緊急時の利便性も高いです。

お金を借りるつもりで申込んだのに審査が通らないとしたら、それは収入か信用情報のいずれかに原因がある可能性が高いということです。どこに問題があるのかを確認して、お金借りるための信用情報を整えてから申込むことが賢明です。

コツコツが一番!審査の信用は積み上げられる

そもそも、お金を借りたいのに審査に通らないのはなぜでしょうか?融資を断わられる理由は貸し手側が重視するポイントを考えれば見えてきます。

融資を行う側としてはやはり、毎月必ず返済されること、そして完済まで滞納しないことの2点を重視します。ここで問題になるのは収入が不安定、あるいは過去に滞納が発生した経歴がある場合などが挙げられます。

借金総額は経済力判断の材料

もしお金を用意するのに時間がある場合には、信用情報を整えてから申込むと通りやすくなります。

すでに複数の金融業者から借金しているのであれば、どこか一社を優先して完済することを検討してみてください。複数社からお金を借りていると、審査担当者に「お金に困っているようだけど返済は大丈夫か」と不安な印象を与えやすく、返済が滞るかもしれない人というイメージから審査に影響を及ぼす可能性が高いです。

お金を借りる審査に対して自分の状況に不安があると、借りやすくしようと収入・勤務先・他社借入状況などについて真実と異なることを意図的に記載する人も中にはいますが、虚偽申告は止めましょう。

申込み情報は必ず金融業者が確認するため嘘をついてもすぐにバレてしまい、確実に融資が通らなくなります。申込み時は正しい情報を記入しましょう。

返した実績が信用度を蓄積させる

支払いに対する信用は、これまでの借入と返済の実績に基づきます。融資を受けた後、約束通り期限を守って返済を行っていれば何の問題もありません。むしろ、きちんと返済してくれる人だと信用力が上がり、キャッシング枠も増額しやすくなります

このようにきちんと返済を行う点で支払いに対する信用度が判断されますので、返済が遅れ滞納したことがある人は当然ながら審査が厳しくなります。

また、意外なところでそもそもお金を借りた経験がない人も融資の審査が通らない可能性があります。返済の前例がないため、判断が難しいからです。

いずれにしても、借り方と返し方は重要です。ベストな方法はまずは少額でお金を借りる、そして返済をきちんと繰り返すことで信用力が高めることです。

収入は信用度判断の重要な材料

収入に対する信用は、定期的な安定した収入があるか、つまり働いて安定した収入を得ているかに基づきます。例えば、無職だと「収入がない=貸しても返すお金がない」と判断され審査申込みもできませんので、まずは定期的な安定した収入を得ている状況である必要があります。

正社員雇用だとベストですが、契約社員やパート・アルバイトでも問題はありません。雇用形態そのものは収入に対する信用審査には関係なく、収入を得ている状態であることが個人の信用力に繋がります。

次いで審査されることは、収入が安定していることです。一時的な短期収入では毎月の返済に対応できないだろうとの判断されるのは当然なので、例えば現在の仕事を始めてからの期間が1か月未満など、就業期間が短く十分に収入の安定性を評価できない場合は審査通らない結果となる可能性がありますので要注意です。

審査なしの裏

もし、審査なしの少額融資に応じている金融業者を見つけたら、絶対にその業者からお金を借りてはいけません。このような業者は違法行為を行っている可能性が高く、借りてしまうとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

先程述べたように、審査は貸し倒れを防ぐために行います。その審査を行わないということは逆に、無理やり多額の貸付をされたり、法外な金利を請求される可能性があるということです。審査は貸主だけでなく、借り主を守るためにも必要なのです。

借金の額が大きくなり、銀行や消費者金融から融資を断られると審査なしで借りれるとの言葉は非常に魅力的に感じますが、絶対にきちんと審査があるところから借りましょう。

一般の消費者金融などからお金が借りれずどうにもならない状況に陥っている場合は、公的機関から借りる、または弁護士などに相談して債務整理をするのが最善の解決方法です。

審査に落ちにくいカードローンの申込み方

信用を整えた上で、申込み時にも気をつけるポイントがあります。

銀行カードローンは業者ごとに審査基準が異なりますが、消費者金融の場合ベースはほぼ同じです。消費者金融のカードローンは基本的に保証人が不要のため、返済能力と信用が重視されます。

金融業者は収入が期待できる労働世代に融資したい

年齢も信用力の一つとして考慮されますので、具体的には20歳以上から62歳ぐらいまでが融資の対象となります。10代の人、つまり未成年は20歳になるまで金融業者からお金を借りることはできません。また、60代であれば早めに申込まなければ年齢審査で落ちる可能性が高まりますので、申込みのタイミングは考慮しましょう。

次に、お金を借りるためには総量規制の影響があるため、収入が少ないと借入希望額に満たなかったり審査に落ちてしまう結果になります。審査に落ちないためには安定した収入や勤務先がある上で、年収額も正確に伝える必要があります。

他には、他社を含めた借り入れ状況や過去の返済実績、金融の事故情報といった内容も確認されますので、現在の借入総額を伝える必要があります。もし事実に反する金額を伝えても審査にて虚偽申告だとバレてしまいますので、こちらも年収と同じく金額は正しく伝えましょう。

ただし、住宅ローンやマイカーローン、奨学金は除外されますので、基本的には銀行や消費者金融からの借入総額を記入してください。

そのままではお断り!金融事故経験者の注意点

過去に金融事故の記録があると、ほとんどの場合で審査に落ちます。一定の期間が経過すると金融事故の記録は消滅しお金を借りることができるようになりますが、情報が消えるまで長い期間がかかるため何年間も待たなければなりません。

銀行のカードローンの場合、給与の振込みをその銀行に指定しているだけでも審査で優遇される可能性があるので事前に手続きしておきましょう。

とにかく早く借りたいときの注意点

お金を借りる方法と同じぐらい気になるのは、借りるのであればとにかく早く借入したいという点です。そこで即日キャッシングを利用することが重要となります。

即日で借りたい場合も信用力があるに越したことはありません。その方が審査がスムーズに行われるため結果早く借入ができます。最近は銀行より消費者金融の方が早く融資が行われます。上手く利用することができれば、申込みから数時間で融資を受けることも可能です。

素早く借りるために消費者金融を利用するポイントは借入希望額をできるだけ少額にすることです。どうせ申込むなら…と多めに希望しがちですが、50万は無理でも10万なら融資可能というパターンがあるので、審査をスムーズにするために希望額はできるだけ少額で申込みましょう

ただし、ネックになりやすいのが申込みを行った後に在籍確認の電話が勤務先に入る点です。これは届出の内容通りの会社で働いていることを確認するためのものです。

お金を借りる場合に電話連絡なしで借りたいと思う方がたくさんいますが、在籍確認の電話連絡をなしにするには在籍確認を必要としない「クレジットカードのキャッシング枠を使う」、もしくは「電話以外の方法で在籍確認ができる会社を利用する」という方法が取れます。電話連絡以外の在籍確認が行える会社にSMBCモビットがあります。SMBCモビットでは条件を満たせば電話以外での在籍確認が可能です。

したがって、お金を借りる時に「即日」で「電話なし」にするためには、電話なしで在籍確認ができる金融会社を選び、借入希望額を少なく申請することが非常に重要なポイントになります。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

チカミチでよく検索される言葉
お金 借りる 即日 審査なし/お金借りたい 審査通らない/少額 融資 審査 なし/お金借りる 審査通らない/お金 借りる 即日 電話なし/お金 借りる 審査 甘い/即金 審査 なし/カードローン 審査なし 無職/審査に 落ちない カードローン