あなたが考えているお金の借り方のイメージは10年前のままかもしれません。

「暗い雑居ビルにある店でたくさんの男の人に囲まれて契約書にサインさせられる」

お金を借りるときのイメージをとても怖いものとして考えている人に是非読んで貰いたい記事ですので、これを見れば、お金の借り方のトレンドがネットを使うものであることがわかります。

最新トレンド!人気のお金の借り方はこれだ

「なんでもかんでもネットばかり。トレンドだからってなんだよ!怒」

そんなことを言う人が身近にいませんか?本当にこんな人がたくさんいるんです。
だけど、今はそういう時代なので結局一番賢い選択もネットを使うことになってしまうのは仕方がないと思います。

問題は、その変化に着いていけるかどうかだけです。

逆に、ネットを使うようになったとたんに、今までは人を介することに抵抗があったから踏みとどまっていたものが、ネットでできるようになった瞬間に精神障壁が崩れて安易に手を出してしまい失敗するというのはよくあることなので注意が必要です。

自分の状況により最適な方法がわかる!?

お金を借りるとき、借り方次第で借入できる金額や返済額が大きく変わるのをご存知でしょうか?

お金を借りれるところは知名度の高い消費者金融に限りません。その他にもキャッシング会社や街金など大小様々な業者が存在しています。

お金を借りるには、銀行、消費者金融、郵便局、市役所、生命保険の5つ方法があります。

その中でも、借り方がそれぞれ違うので先に確認しておく必要があります。生活の困窮や経済的な状況に応じて市の支援制度のような貸付を使うこともできますが、その場合は審査や融資条件について詳細の確認が必要です。

借りるために前提条件があるもの

実際に、銀行、消費者金融、郵便局、市役所、生命保険の5つのうち、郵便局や生命保険の契約者貸付などを使うには保険や口座の契約があることが前提となっています。

市役所の生活支援制度も誰でも簡単に借りれるわけではありません。貸付は生活を再建するための一時的なものなのでギリギリの状態というだけでなく、失業中でちゃんと就職活動をしていることなどが条件になっています。

どう頑張っても借りれない人もいる

こんな人はどうがばっても普通はお金を借りることはできませんので、自分が審査に通らない人に該当していないかを確認しておくことも有効な対策となります。

  1. 無職
  2. ブラック
  3. 借り過ぎ
  4. 連絡不通

特にこの4つは審査に落ちる可能性が高くなりますので、心当たりがあるなら先に対策を考えておくのが良いでしょう。

また、20歳未満が借金することはできず、60歳以上は各社で上限年齢が異なるので、対象外の年齢になってしまうと審査には絶対に通らないことは頭に入れておかなければなりません。

これらの条件を考えると、即日融資で最も早くお金を借りるなら、事前に対象年齢と自分の信用情報を確認した上で提出書類を揃えた状態でweb審査ができる大手を選ぶこと、連絡があればすぐに対応できるようにすることが最善の方法です。

すぐに借りれる可能性があるもの

まず注意が必要なのは、銀行は自主規制により審査は慎重に行うルールになっているので即日の融資が不可能です。これらの条件を考えると、無担保で即日融資が期待できるのは消費者金融に限られてしまいます。

したがって、お金を当日中に借りたいなら、

  1. web審査ができる
  2. 提出書類が揃っている
  3. 申込み時間が早い

以上の3点に気を付けたら行き着くのはアイフルです。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。

時代は変わった!?そのイメージは10年前のままかも

お金に困ったときに最も早くお金を準備できる手段は、近くの金融屋に行くことだと思っていませんか?それは5年〜10年前の話なので認識を改めたほうが良いかもしれません。

10年前、大手や中小問わず消費者金融の店舗が街なかにたくさんありました。

印象的なCMを流し、知名度を高めていた消費者金融が大儲けしていた頃で、当時お金に困った人はア●フルやア●ム、武●士などの店舗に駆け込んだのではないでしょうか。

当時はまだ人による手続きが主流でしたので、実際に店舗に行くと受付にいる女性が営業担当者を呼び手続きが進められました。

15年前の消費者金融の黒い裏側とは

消費者金融に勤める営業担当は、一見優しそうな雰囲気ですがどこか作られた感じがする人が多かった印象です。

実店舗中心の頃、営業担当者は担当顧客の債権回収業務も行っていました。とある消費者金融会社では、融資だけでなく回収状況についても社内で日常的に厳しい叱責があり、その結果たくさんの社員が無理な融資と粗い手段での回収を繰り返し行っていたことでも有名になりました。

その結果、CMの印象とは裏腹にサラ金として悪いイメージが定着しました。

15年たった今…消費者金融はクリーンに!?

この10年ぐらいの間に消費者金融は銀行グループに所属したり社会貢献に関する事業や活動を行うなどイメージ刷新が進みました。

TVで流れるCMは有名な女優や俳優を起用し、いつでもどこでも借りれる便利さをアピールするものがほとんどです。

更に、この数年で消費者金融大手の取引方法は一新され、実店舗中心からネット中心に移り変わりましたが、それも銀行系グループへの加入やスマホの普及の影響が大きいようです。大規模なシステム化が進んだ結果、実店舗は減り電話もセンターのオペレーターへ繋がるようになりました。

消費者金融は、法の整備で規制が厳しくなり過激な方法でお金を回収することができなくなりました。特に大手ほど何かあればすぐに情報が出回り風評となるので債権回収が難しくなっています。

かわりに、貸す前に返済能力をしっかりとシステムで判断するようになっていて、返済能力が怪しい人審査におちるため厳しくなったと感じる人も多いようです。

結局、webを使えばどこからでもお金を借りれる

ネットでお金を借りる方法が広がった最大の理由はスマホの普及です。スマホは通話だけでなくアプリでゲームができたり、スケジュール管理ができるので手放せない物になっていますよね。

たくさんのアプリを使っていると思いますが、その中にはお金を借りるためのアプリもいくつか存在します。

お金を借りるためのアプリを分類すると、

  1. 借りる前の審査段階から使えるアプリ
  2. 契約後に使うアプリ

この2種類に分けられます。

これらのアプリは主に大手消費者金融が提供しているもので、契約後に使うものが一般的です。

通常は、契約後に発行されるアカウントで連携するのでwebと同じことができます。

アプリを使うメリットは、管理画面が扱いやすく、webサイトのようにあちこち探し回る手間が省けることです。

一方で、審査段階から使えるアプリも存在していて、その代表例がプロミスのアプリローンです。

審査もできるアプリローン

プロミスのアプリローンは、審査書類の提出管理を含む審査がアプリ上でできるものです。また、審査通過後に契約したあとはセブン銀行のネットバンキング口座を使うことで借入金の出金や返済までスマホひとつでできるようになり、更にATMでカードレスで取引ができるようになります。

ただし、アプリローンを使っても通常のweb申込みと同じ審査で、在籍確認も行われます。

アプリローンのメリットの一つは、住んでいる地域を問わずスマホがあれば申込めるので、大阪でも北海道でも日本に住む人も利用可能です。

ただし、審査依頼を出す時間には注意が必要です。

アプリを使うのは契約後がおすすめ

アプリローンの案内には「最短1時間融資可能」「原則、24時間土日・夜間も最短10秒で借入可能」との記載を見ますが、審査対応の時間については表示されていることが少ないので勘違いをしてしまうかもしれません。

特に、「土日祝いつでも」や、「最短10秒で借入可能」は、審査に合格して在籍確認も完了している状態、要するにいつでも借りれる状態になっている人が使える機能なので、21時以降に急にお金が必要になったときには使えません。

アプリローンとweb申込みの審査は9時〜21時(土日祝含む)に行われるため、21時以降の申込みや、21時までに審査が終わらない時間からの申込みは翌日9時からの審査になります。

すぐにお金を借りたい人は審査終了時間に間に合うようにしましょう。

アプリには審査なしや絶対に通るなどの特典はありませんので、契約後から使うのが便利です。審査に落ちてしまった場合は他に使い道がなくなるだけでなく、アプリにデータが残ってしまう可能性があるので速やかに削除する手間が加わります。

したがって、アプリは契約後に使うようにして、web審査で申込みするのがおすすめです。

どれだけ必死でもしてはいけないこと

過去に何度か審査落ちを経験しているなど、すんなりとお金を借りれるかわからない人が陥りやすいのは虚偽申告です。

特に、無職や専業主婦の人がお金を借りるための工夫として偽りの情報を審査情報に入力してしまうことがあるようですが、これは避けなければいけないことです。

無職や専業主婦は、お金を借りるうえで一番の弱者です。

信用を高めるための嘘

審査では収入や勤め先の申告は必須ですが、虚偽申告は厳禁です。

金融会社がお金を貸すときは、融資希望者の返済能力を必ず審査しますが、個人の信用力だけでなく、勤務先の信用力も高ければ審査は通りやすくなります。

信用力の判断は、借り主の社会的信用と繋がっていて、最も信用力が高いと考えられるのが公務員、次いで上場企業に勤務する会社員です。医師や士業の人も信用力は高そうですが、一概に高いとは言えません。

失業保険が利用できる失業者や、配偶者貸付が利用できる専業主婦と違ってニートは最も信用力が低く、お金を借りるのは難しいでしょう。更に、ブラックや借り過ぎとわかればどこからも借りれません。

その場合は、何でもいいので先に就職先を見つけたら問題は解決します。

無職卒業でお金は借りれる

実は、無職がお金を借りれるようになるのは比較的簡単です。

最も簡単な方法は、アルバイトやパートでもいいので働くことです。会社に雇用されて安定収入を数ヶ月継続するだけで審査がクリアできる可能性があります。

無職がお金で悩む前に大切なのは、ギリギリになってからお金を借りようとせずに、早めに状況を把握して就職先を探しはじめることが問題解決の最善の方法です。

働き先を見つけるまでお金はなるべく使わないようにして、給料が入るようになればお金を借りる資格が得られます。
資格を得たら次の記事へ進みましょう!