慢性的にお金がない理由

お金はどれだけあっても足りないものですが、慢性的にお金がない人と一時的にお金がない人では決定的に違うのがお金の使い方です。

お金の不足には、イベントが重なりやすい年末年始などの一時的な不足と、ローンや生活費の支払いなどに毎月追われる慢性的な不足があります。

使い方に関して言えば、慢性的にお金がない人は一時的にお金がない人に比べてお金の感覚にルーズな側面があります。

毎月、なぜか給料日前にお金がない状態になっていれば、慢性的にお金がない状態です。

慢性的にお金がない状態を招く主な原因は、次のいずれかであることが多いようです。

  1. 収入の不足
  2. 支払い能力を超えた住宅ローンや家賃
  3. 子供費用の高騰
  4. 食費が多い
  5. 遊興費関連を使い過ぎ

このような状態にある場合、家計の構造を見直すなど大幅な対策を検討しなければなりません。お金がない状態を解決するためには、生活自体を収入に見合ったものに合わせるか、十分なお金を得られるように収入を増やすしかありません。

慢性的に金欠状態が続いている人は、抜本的な改善をする前に安易に消費者金融に手を出すべきではありません。その状態でキャッシングやカードローンを使ってしまえば、既存のローンや固定費支払いだけでなく新たに借りるキャッシングやカードローンも返済が苦しくなり破綻に近付いてしまいます。

お金がないとはじまらない

何か新しいことを計画したときに最初の壁になりやすいのが、お金がないとはじまらないということ。家計も仕事も同じで、何かをはじめるためには必ず手元に使えるお金があることが重要です。

定期預金や国債などは、解約するために時間や手数料がかかってしまうのですぐに使えるお金とは言えません。

大切なのは、預金口座に現金が入っていること。
もちろん、クレジットカードも上限額まで使うことができますが、支払い時期にお金がなければカード支払いも延滞してしまいうので信用情報を大きく傷つけてしまいます。

したがって、支払いに影響がない金額は、払える形で確保しておく必要があります。

どうしよう

お金が厳しいとき
嬉しいけど困るのは…

家族や交際相手ができると出費は増えること。

お金がないときに付き合いが増えてしまうと、出費が嵩み金銭面で苦労することが多くなってしまいます。最もお金がかからないのは、費用が発生するところには行かず一人で過ごすことです。

寂しいですが、慣れれば逆に楽と言う人もいるほどです。

切羽詰まっているのに強気でお金を使える人は、自己啓発本を勘違いしたか人か無謀な人です。

自己啓発本や成功者の執筆本にはこのような言葉が並びます。

  • お金を増やすならどんどん使いなさい
  • すすんで借金をしなさい

お金に悩んでいるときにこのような話を知っていると、都合の良い言葉だけが記憶から拾われて実行してしまいます。

おそらく、そのような言葉の周囲には、「どう使うか」や、「借金していいものと悪いもの」まで書いてあるはずですが…

記憶が抜けてしまうことが多いようです。

お金がない時こそ必要なこと

お金がない時こそ必要なのが、お金を確保するために働く意欲と体力。また、精神的にも辛くなることが想定されるので、状況に耐えられるメンタルも必要と言えるでしょう。

予めわかっている場合の一番の改善方法は、ダブルワークや副業で収入を増やすことなので意欲や体力はどうしても必要です。

ダブルワークは、時間をお金に変えるだけなので誰でも始められる一番確実な方法ですが、普段の仕事に加えて別の仕事をするのはしんどいので踏み出すまでにはある程度の覚悟が必要です。

大切なのは、「お金がない」や「お金が足りない」状態になることをどれだけ早く気付けるかにかかっていることです。

早ければ早いほど、余裕を持てるので緩やかにお金を稼ぐことができるようになります。

社会人が一番お金がない時とは

社会人になると仕事関係の付き合いが増えてしまいます。なぜか、日本のサラリーマンのコミュニケーションは飲み会と昔から決まっていて様々な理由付けで飲み会が開催される会社がたくさんあります。

この、おかしなサラリーマン風習の象徴とも言える飲みニケーションは強制参加が多いだけではなく自腹での支払い当然のように発生します。

楽しくもない会に無理やり参加させられただけでなく、「食べる」「飲む」「話す」のすべてに形式的な配慮が必要。パワハラ、セクハラが蔓延し、熱血社員の演説を聞かされ、宴会芸のネタ探しに時間を割かなければならない。そして最後には会費と言う名目の罰金まで徴収され…

お金が飛んでいく…

頻繁に強制参加の飲み会があれば貯金や生活費の部分を削らなければ回らないということも発生してしまいます。

1年の中では、接待や社内の飲み会が増える年末は社会人にとって一番お金がない時です。

お金がない社会人の特徴

お金がない社会人、特にサラリーマンはなんとなく見た目にも現れます。身の周りの清楚感が著しく劣ればお金がないと見られても文句は言えません。

偏見ですが、お金がない人に見える代表例は次の通り。

  1. キレやすい人
  2. 電車内でビールやチューハイを飲んでいる人
  3. 臭い人
  4. 不自然な見栄っ張り

更に、男性ではダボダボスーツ、女性はプリン頭や安物の高級ブランドのコピーデザインの服や靴を見るとお金がないそれ相応の人に見えてしまいますね。

お金の余裕=心の余裕
心の余裕=清楚感

社会人はすべて自己管理なので、余裕がない部分は明確に外に現れます。

普通の人や知性のあるお金持ちはどんな感じなのだろうと自分の知っている範囲でイメージしてみるのも面白いのではないでしょうか。

お金がない人の特徴に当てはまる人との付き合いが増えてしまうと、自分もそうなりやすくなってしまう負の連鎖は存在するので注意が必要です。

お金がない時の乗り切り方

社会人が本当にお金がない時に状況を改善する方法は、稼ぐか借りるの2択です。しかし、稼ぐにはある程度の時間的な余裕が必要なので、会社員なら総合的に見てカードローンなどで借りるという選択をしても良いときがあります。

毎月の給料収入があれば借りても返せる見込みがあるので、問題の早期解決のためにお金を借りることを検討することも可能です。

逆に、稼いだり借りることが無理な人にとって、お金がない時の乗り切り方は節約しかありません。

可能な限りお金が掛かるものを削り、固定費も収入に見合わないものは解約したり借り換えるなどして支払いを軽減していけばなんとか延命を続けることが可能です。

その場合、理想の生活から離れ、今の生活レベルも落とさなければならないので抵抗があるはずです。更に家族が居れば強い反発や反対に遭いどうにもならなくなるかもしれません。

理解が無ければ別離の話になることもあるでしょう。
お金が詰んだときは、人生の転機の代表的なものです。

一度壊れてしまったとしても、これをうまく乗り切ることができれば新たなスタートが明るいものになります。

お金がない時に起きる問題の多くは心の余裕がなくなった時に起きる身近な人との衝突です。
家族が居れば、家族全体が余裕がない状態になっているので、些細なことでも崩れる原因となりかねません。

お金がない人が心の余裕を持つために、おすすめの方法があります。

それは、自分がお金を借りれるかどうかを一度確認しておくことです。

給料収入があり、他に借金がない会社員は比較的借りやすいので、審査だけ通しておいて必要になったときに借りれる状態を作っておくことができれば理想的です。

家族や身近な人との関係を壊して無くしてしまう前に、少しでも心にゆとりを持てるように一度アイフルの審査を試してください。