「支払いのお金があと2万円足りない」
「来月まとめて払えないかな?」

毎月の携帯使用料の支払いを遅らせると今後の人生に悪影響を与える大問題になるのはご存知でしょうか?少しお金が足りない時に何気なく「今回だけ」としてしまったことが原因で大きな損をしてしまう可能性があります。

この記事でわかること
  • これからの人生で損しないために至急お金を作る方法

私は普通の会社員なのですが、2年前に1度だけ携帯料金の請求を払えなかったことがあり、それが理由で住宅ローンを組むことができずマイホーム購入ができませんでした。

ここでは、私と同じような失敗をして大切な人生イベントで損しないように、銀行の融資担当者と不動産会社のローン担当者に聞いた問題の原因と「あの時どうすれば良かったか」を紹介します。

至急お金を作る方法

至急お金を作る方法

私は、マイホーム購入という大切な人生イベントで大失態を犯してしまいました。金額的にも問題なくローン審査が通り、購入できる前提で進めていたマイホーム計画がたった一つのミスで破綻させてしまいました。

借りれる金額の問題ではなく、「そもそも借りることができないという判定」が出たことに困惑したのですが、なんとかしなければならなかったので不動産会社のローン担当者経由で銀行の融資担当者にローン審査に落ちた原因を聞き出して貰いました。その結果は…

「スマホのキャリア契約で分割払いになっている機種代金が滞納になったことが信用情報の傷になった」

要するに金融機関が審査に使う借入希望者の個人信用情報に問題があったとのことでした。

その話を踏まえて、私が不動産会社のローン担当から聞いた「あの時どうすれば良かったか」の答えは…

「今だけ少しお金が足りないけど給料があるから来月は大丈夫。そんな時は会社員ということを利用して至急お金を作ること」をおすすめします。その方法としてカードローンが便利です。

返済が滞らないことは必須条件ですが、会社員の場合は1万円から20万円程度の少額で銀行や消費者金融のカードローンを使うことの悪影響はありません。もし、私のようにマイホーム購入の予定があるならその分だけ融資可能額が減り、購入できる家が変わる可能性がありますが、その時までに完済すれば問題は無くなります。

あなたに合ってるお金の作り方は?

将来、住宅ローンに限らず金融機関からお金を借りる可能性があるなら、いま支払いを滞納するよりもお金を借りる方が人生において損にならない方法です。

マイホーム購入だけでなく、結婚式、その他にも入院やお葬式など本当にまとまったお金が必要になるイベントは突発的に発生します。そんな大切な時に「たった1万円」の滞納が原因で計画が崩れてしまうとあなたの信用も一緒に崩れてしまうでしょう。いまは1万円に悩んだとしても後になると1万円のために人生が狂うことに後悔するでしょう。

突発的に発生した大切な人生イベントの時に自分の信用を崩すぐらいなら、下の質問表のチェックから導かれる金融機関で現状の自分に合った融資を受け至急お金を作ることを検討してください。特にいま必要なのが1万円から20万円程度であれば借りるという選択が将来的に最も損しない方法です。

職業
年齢
融資までの時間
審査経験
WEB完結

この方法であれば、最短30分で審査が終了し、早いところであれば1時間後にはお金を借りれる状態になります。見落としがちですが携帯料金の支払いを軽く考えていると私のように重大なミスを犯してしまうのでご注意ください。

会社員でよかった!
お金に関わる会社員の意外な強みとは

会社員でよかった!会社員はローン審査に強い

「今すぐお金が必要!」

そんなときにお金を用意しやすいのは会社員って知ってましたか?
意外なことかもしれませんが、会社員はローン審査に強い職業なんです。理由は簡単で、働いた分の給料が保障されているためです。

しかも、日本の会社員は自発的に退職しなければ解雇されることは少ないので、就労中は安定した収入が見込めます。この安定した収入があれば返済計画通りに借金を返済できるので金融業者も積極的に融資を考えることができます。

どこまで待てる!?会社員がお金を用意するための時間

お金が必要な状況になったらあなたならどうしますか?そしてもし、なんとかする方法があった場合どれぐらい待てますか?

今すぐにお金が必要になったとき、どうすれば良いか悩みながら色々と調べたり人に頼みますよね。そんなときに、「こうすればお金を稼げるよ」と教えられたらどうでしょう。

「現金を受け取れるのはいつ?」

ってなりますよね。

すぐにお金が必要なのに今から稼ぐ方法を教えられても意味がありません。なぜなら、今から教えられた稼ぐ方法を試したとしても当日中に現金化できる可能性は僅かです。

今すぐにお金が必要な人が1日の終わりまで待てないですよね。現実的には、今すぐに必要なときは待てても1時間〜半日程度が限度ではないでしょうか。

しかし、副業の場合はお金を稼げるようになるまで1か月以上時間がかかるのが普通です。

借りる派?稼ぐ派?急なお金の作り方

短い時間でお金を用意しなければならない状況なら、まずはお金を手に入れるための手段を考えなければなりません。

判断の材料は次の3つです。

  1. 用意しなければならない金額
  2. お金が必要になるまでの時間
    (1時間、1日、1週間、1か月など)
  3. 借りるor稼ぐの選択

究極的には、借りるか稼ぐしかありません。お金が必要になるまでの時間を考慮して現実的な手段を選択しなければ、無駄に時間を使ってしまうことになります。

必要になるまでの時間が1日以内の場合や、金額が多い場合は借りるという選択肢に限られますが、1か月程度の期間があれば必要な金額を稼ぐことも可能です。

ダブルワークを含めて普通に働いて稼ぐことを考えた場合、1日で稼げる金額は1万円程度を目安にして検討すると良いでしょう。

稼ぐまでの時間は?どうすればいいの?

最近は会社員の副業として、ダブルワークやせどり、アフィリエイトなどのネットビジネスが紹介されることが多くなりました。

「ネットはよくわからない」

「地道に確実に稼ぎたい」

そんな人は日雇いの仕事を選ぶと良いでしょう。

即日払いの日雇いなら1日の終わりに1万円程度受け取ることができますが、通常は給料と同じように入金されるまでに約1か月ほど必要になります。

その時間を考えれば、すぐに実現できるお金の用意は「借りる」という選択肢しか残りません。したがって、すぐにお金が必要になったときの現実的な手段は、お金を借りるになります。

今すぐ借りたい!今日中に借りて解決したい

今日中にお金を借りるなら大手消費者金融からお金を借りることが一番早い解決法です。

ここに注意!銀行は当日中には借りれません

少し前まで銀行カードローンは総量規制の対象外だったため、比較的簡単にお金を借りることができました。
そのため、銀行カードローンで借入をする人の中には既に消費者金融などでお金を借りている人もおり、返済能力を大きく超えた額を借入してしまうトラブルが急増しました。

このようなトラブルが続発した結果、金融庁が対策として自主規制で銀行カードローンの審査を厳しくすることを求めたので、2018年から即日融資ができなくなっています。

現在のところ、銀行カードローンでお金を借りるための審査には3日〜1週間程度必要な銀行がほとんどです。

今日お金を借りる条件 ①

今日お金を借りるための条件1つ目は「消費者金融でお金を借りる」こと

これなら早い!今日中にお金を借りれる

すぐにお金が必要な時に手続きが複雑だと大変です。

大手消費者金融は利用客が多く、独自のノウハウに加え、資金力を活かした仕組みが出来上がっています。
そのため、WEB申込みがスマホから簡単にできますし、中には簡易審査までもWEBでできる会社もあります。

特に、SMBCモビットアイフルはWEBから申込みをすると最短1時間でお金の振込みまで完了できます。

大手の場合、50万円未満の借入なら免許証などの本人確認書類があれば申込みができます。
WEB申込みをすると、早ければ以下のように最短1時間程度でお金を引き出せる状態になります。

  1. 申込み情報の入力時間は約10分
  2. 審査回答までに最短30分
  3. 契約が確認できれば即振込み

※審査状況や利用する銀行口座、曜日、時間により異なる

このスピード感は、できるだけ早くどうにかしてお金かりたい時にとても助かります。

また、借入前に借りれるか診断ができる「お借入シュミレーション」というものあります。
入力した情報から総量規制に基づいて3秒で診断してくれますので、試してみるのもいいです。

今日お金を借りる条件 ②

今日お金を借りるための条件2つ目は「大手消費者金融でWEB契約する」こと

こんな人は借りやすい!?優良顧客の会社員とはどんな人?

消費者金融は即日融資が可能です。
ただし、即日でお金を借りるためには、自分に借りることができる信用力が必要です。

即日借りれる可能性が高い人は、次の通りです。

  • 過去に延滞などがない(ブラックじゃない)
  • 会社勤めで安定収入がある(例:年収200万円以上)
  • 50万円未満の低額融資である
  • 他社での借入がない
  • 提出書類を既に揃えている

申込み時の入力情報や提出書類に不備があれば確認作業に時間がかかり、その分審査時間もかかります。
即日借りるには自分の信用情報がクリーンなことだけでなく、提出する情報に誤りがないことも重要です。

今日お金を借りる条件 ③

今日お金を借りるための条件3つ目は「優良顧客である」こと

至急!お金を作るときに確認する7つの真実

お金を借りる時、最も早くて安全な方法は即日融資が可能で、WEB申込みができる大手消費者金融で借りることです。
各消費者金融の公式サイトからWEB申込みをすれば、最短1時間程度でお金を借りることができます。

簡単で即日、かつ最短でお金を借りるためのポイントをまとめると、次のようになります。

簡単!即日!最短!でお金を借りる
  • 大手消費者金融で借りる
  • WEBから申込む
  • 過去に延滞などがない(ブラックじゃない)
  • 会社勤めで安定収入がある(年収200万円以上)
  • 50万円未満の低額融資である
  • 他社での借入がない
  • 提出書類が既に揃っている

最短1時間程度でお金を借りることができることが大手消費者金融の魅力ですが、言い換えれば、お金を借りるために必要な時間は最低でも1時間必要になると考えておかなければなりません。

もし、実店舗を構えている大手消費者金融に行ってお金を借りようとしても、店舗に行くだけで1時間近くかかる…なんてこともあります。すぐにお金が必要なら、その場でスマホからWEB申込みをして口座に入金してもらい、近くのコンビニATMなどで引き出すのがお金を借りる近道です。