「バレるのが怖いからカードローンを使いたくない」
「直接話したら今の私の事情を考慮してくれるかも」

至急お金を作らないといけないけどその方法を迷っているとき、即日融資が受けられるカードローン以外にSNSを使った個人間融資に関心を持ったのではないでしょうか。

この記事では個人間融資の詳細とカードローンと比較した時のメリットとデメリットを紹介します。

この記事でわかること
  • 即日融資が必要なとき、個人間融資orカードローンどちらを選ぶべきなのか?

個人間融資は、ひととき融資をした人が逮捕されたことで一気に関心が高まった方法ですが、意外と私たちの身近にあるものです。融資内容がどのようなのかを知っているだけで最後にどこで借りるべきかわかるようになります。

個人間融資は避けて即日カードローンを選びたい

個人間融資は避けて即日カードローンを選びたい

個人間融資は貸金業者ではなく個人どうしで行われる融資になるのでトラブルに発展しやすく、犯罪の温床にもなっているので「できる限り使うべきではない」ものです。

SNSで気軽に募集できるので融資してくれる人を見付けやすいのですが、貸金業者のように法の範囲で行われる適切な融資ではないので法外な利息や貸付条件を押し付けられることが多くなっています。

個人間融資のことを調べると一見便利に使えそうですが、借りた後に大きなリスクを負うことを考えるとやはりカードローン一択です。

ここからは、個人間融資の問題点を整理し最終的にカードローンが一番良い理由を紹介します。

個人間融資の実態とは

個人間融資を探したい場合、Twitterに「#ひととき」や「#個人間融資」「#即日融資」などのハッシュタグを付けてつぶやけば貸したい男性または借りたい女性からDMがたくさん来ますのでその中から会う人を選べばいいだけです。

ですが、注意しなければならないのはその実態です。

個人間の融資取引でも本来は利息など法律を守って取引しなければならないものですが、現状では個人間融資は無法地帯と同じような状態です。

個人間融資も出資法や利息制限法を遵守しなければなりませんが、お金を借りる側が契約していることを周囲の人に知られたくないという不利な前提状況があるので、借り主が弱者の契約になることが多く、多少の不都合があっても実態が表面化することはほとんどありません。

犯罪トラブルになるのは、違法な金利の他に設定された”条件“です。

SNSなどで個人間融資の募集として出ている投稿には、次のようなワードがあり、伴うリスクは次の通りです。

募集ワード 内容 リスク
(専業)
主婦大歓迎
家族にバレずにお金を借りたい無職の専業主婦を誘うためのものです。※(1) 旦那や家族にバラす」と脅す契約になりやすい。
人柄重視 貸す側も相手を選びます。
返してもらいやすい人を探しています。
押しに弱い人や優しい人が餌食に。弱みに付け込む契約になりやすい。
対面渡し 現金での受け渡しが可能。
融資の早さと、対面による安心感を与えるための方法。
繰り返し融資を持ちかけられやすくなります。
ジワジワと追い詰められる契約になりやすい。
アマギフ 手数料の変わりに、AmazonギフトiTunesカードのコードをSNS経由で送るように求められます。 そのままトンズラが多い、前払い詐欺の手法です。
◯◯市内限定
18〜29歳女性限定
融資者は男性が殆ど。
目的はひととき融資です。
ニュースにもなったように、融資金額や、金利を優遇する変わりに性行為や写真撮影を強要され、完済以降も脅されることが多い。
LINEで連絡 LINEでやり取りすることで警戒のハードルが薄れるので、個人情報だけでなく友人の情報等も入手しやすい。 生活圏を特定されたり、家族や友人にバラす等と脅されやすい。

個人間融資は搾取された情報をもとに脅されるリスクが高い危険な取引で、30歳ぐらいまでの女性がターゲットになります。

個人間融資に関連するやりとりで、相手に知られた個人情報は取り消すことができないことに注意が必要です。

個人間融資がトラブルになる理由

昔から一部の人は知っていた個人的な金銭取引契約の一つですが、最近になって貸主としての立場を利用して強要などで逮捕された大阪の千早赤阪村職員のニュースで注目が広まりました。

注目度が高かったため、事件を通して犯罪に巻き込まれやすい危険な取引であることを知るとともに「こんなおいしい話があるのか」と思った人は多いと思います。

トラブルになりやすい原因は、お金を借りたいという募集に対して声を掛けてくる人が普通の人ではないことが多いからです。

「直接話せば事情を考慮してお金を貸してくれるかも」と淡い期待を持って会ったとしてもそこにいる貸し手は次のような人たちです。

※個人間融資の貸し手はこんな人たち※
実は闇金業者/組の人/ヤバい仕事でお金を稼いでいる人/私欲に目が眩んだ一般人/詐欺集団

淡い期待を抱いたような、普通の優しい人はこのような取引には手を出しません。

女性が借金で抱えるリスクとは

女性が借金で抱えるリスクとは

少し前までは、ホストクラブなどで遊びすぎたことが原因で借金を重ねた、ブラックリストの女性が他に相談する場として個人間融資を利用していましたが、最近はスマホのゲームアプリや買い物アプリにはまり、いつの間にか生活費まで使い込んでしまう女性が増えています。

そのなかでも専業主婦は収入が無いので、カードローンを契約することができません。銀行の配偶者貸付を使えば大金を使ったことが夫にバレるので、怒られることを嫌がって相談することができなくなる人もたくさん居るようです。

そんな女性や主婦が陥りやすいのがひととき融資です。

ひととき融資なら即日借りれるが…

ひととき融資という言葉は聞いたことがありますか?江戸時代にできた言葉のようですが、「融資+売春」が目的で誕生した取引を指す言葉で、売春をすることを条件にした融資です。

個人間融資で対面が多い理由は男がお金を借りたい女性を物色するためで、女性の方も「ひととき融資が条件」であることを理解して探している場合もあります。

ひととき融資が目的なら借りやすいのは、「若い」「かわいい」「きれい」な40歳以下の女性で、融資を受けるときには借用書や連絡先の記入のほか免許証や写真などの提出が条件となっていることがほとんどです。

ひととき融資に主婦がはまる理由

個人間融資ならうまくやれば他人にバレずに済むだけでなく、ひとときの関係を続けていれば返済や利息を優遇してもらえる可能性があると期待している主婦も多いようです。

逆に、お金を貸す側の男性は、「主婦は時間を持て余しているのでは?」という都合の良さに加えて、人に相談できない状況にある主婦を相手にすると思い通りに利用できる可能性が高いのでこれほど都合の良いものはありません。

主婦は家族にバレたり脅されるケースがリスクとなり、男性側は違法な金利で貸したことがバレた場合、関係を強要したり脅すなど犯罪に該当する行為をした場合、夫にバレたときの慰謝料が大きなリスクとなることを忘れてはいけません。

リスクがあることを知らずに個人間融資を利用してしまった結果、犯罪被害にあっている場合は警察と弁護士等に相談し被害届を出すことが大切です。

免許証や名刺などの本人確認書類を送ったのに融資がない場合は、詐欺です。闇金と個人間融資は、借りたあとが問題になることが多いので、自分だけでトラブルから抜け出すことが難しくなります。

被害に遭ったらすぐに弁護士や警察に相談しましょう。

女性にはカードローンがおすすめ

女性にはカードローンがおすすめ

お金に困った状態に陥り、追い詰められた状態で個人間融資を利用してしまったら、その後の利息の蓄積に苦労します。個人の場合は金利がかなり高く設定されていることが多く、数十万円単位でお金を借りてしまえば返済できなくなる可能性が極めて高くなります。

そうなると、更に相手の要求が強くなると考えられるのでどんどん追い込まれる状況になってしまいますし、仮にお金を返すことができた場合も、弱みを握られていたら相手が飽きるまで脅迫などの被害が続く可能性が高くなります。

家族が居ることを考えると一人で解決しようとせずに、安心して借りれる正規の貸金業者を探すのが良いでしょう。

女性が安心してお金を借りれる金融会社はこちらリストにあるので審査から始めてみましょう。