即日融資の即日とは?即日でお金が必要な理由

お金はどのような時に必要になるでしょうか。どれだけ考えて使っていても急な出費が重なれば貯金を超えたお金が必要になってしまいます。

お金が足りなくなったら、稼ぐか借りるしかありません。

しかし、仕事で稼ぐなら給料として入金されるのは月末になってしまいます。

住宅ローンや自動車ローン以外は当日から数日中の短期間でお金を準備しなければならないことが多いので月末まで待っていられないのではないでしょうか。

必要なときにすぐに融資の対応ができる金融会社はどんなところでしょうか。

即日の基準

即日融資の即日とは、主に当日のことを言いますが、融資の場合は銀行や消費者金融の言う即日と利用者側が想像している即日には若干の認識相違があることが多いようです。

その結果、希望したタイミングで融資を受けられなかったり、準備不足で審査に落ちてしまうということが発生します。

利用者側の即日

利用する側が考える即日は、当日中全てを言うことが一般的です。

お金が必要な時に融資を申込んだらすぐにお金を借りることができる状態を求めています。

金融会社側の即日

各金融会社には営業日や営業時間の他に審査対応時間が設定されています。

したがって、各金融会社ともに審査と契約が完了していることが前提の融資可能時間が即日であると認識しています。

このように、若干のズレがあることを理解しておかなければお金を借りるタイミングを間違えてしまうかもしれません。

即日が必要な理由

事故や入院のように、いつ遭遇するかわからない突発的なことがあればお金の管理が崩れてしまうことがあります。

特に、事故の場合は加害者になることも考えられるので備えは考えておかなければなりません。

最近では、自転車事故のように無保険の加害者になってしまったり、何らかのトラブルが原因で示談金を支払わなければならないときには支払日までの期日が決まっていることも多々あります。

金策を試したけど足りない場合には、ギリギリでお金を借りるという選択をすることもあるでしょう。

そのような理由から、即日融資ができる消費者金融は重宝されています。

即日融資が可能な金融とは

いま、即日融資ができるのは消費者金融だけです。

その中でもシステムの整備が進んでいる大手が最も幅広い時間で当日対応ができます。

以前は銀行も即日対応のカードローンを扱っていて、総量規制の対象外や金利が低さから消費者金融以上に簡単に借りれて人気でした。

しかし、簡単に借りれる一方で、返済能力以上の借入をしてしまうローン破綻者が増加するなど問題が多く発生したため金融庁から改善指導を受けることになり、銀行は自主規制で即日融資をやめ、審査に数日から1週間程度の時間をかけるようになりました。

お金を借りる方法と借りるまでにかかる時間

お金を借りるときは、借りる方法以上に借りるまでの時間が重要になることがあります。

「どこで借りるか」だけでなく、「どのように借りるか」の選び方次第で今後の人生が大きく変わってしまう可能性があることに留意しなければなりません。

このように、今後を左右するような最重要項目は、人からの情報でも一旦落ち着いて検討する時間を持つのが理想的です。

借り方と所要時間の一覧表

銀行カードローン 消費者金融 クレジットカード
キャッシング枠
所要時間 最短翌日〜1週間程度 最短60分程度 事前に契約が必要
上限金利 最大14%台 最大18.0% 最大18.0%
申込方法 WEB申込み
店舗申込み等
WEB申込み
店頭申込み
無人機申込み
事前にキャッシング枠を設定する

銀行カードローンで借りるなら

銀行カードローンを選ぶ最大のメリットは、上限金利が最も低いことです。

年率14%台に抑えることができるので消費者金融よりも金利分だけで4%程度節約することができます。

一方で、銀行は即日融資の対応ができないので当日中の融資を希望する場合は必然的に消費者金融かクレジットカードのキャッシングを選ばなければなりません。

消費者金融で借りるなら

消費者金融の最大のメリットは即日融資ができることです。

金利が最大18.0%になっているものの初回借入30日間利息0円サービスを利用すれば銀行カードローンとの金利差を少し埋めることができます。

クレジットカードで借りるなら

クレジットカードには通常の買い物などで使用するクレジットカード機能の他に、キャッシング枠があります。

キャッシング枠を利用するためには各クレジットカード会社のマイページなどで事前設定が必要になります。

キャッシング枠を利用するには、金額に応じた審査もあるので最初は10万円程度の少額に設定しておいて30万円から50万円程度まで徐々に枠を拡大していくのがおすすめの方法です。

事前に枠の設定と審査が通っていればコンビニATMなどで現金を引き出すことができるようになりますが、クレジットカードキャッシングの場合、金利は消費者金融と同じく上限金利の18.0%に設定されていることが多いようです。

時間で選ぶなら金利は犠牲になる

借りるまでの時間に余裕が無い場合は即日融資ができる消費者金融一択になります。

もちろん、既にクレジットカードを持っていてキャッシング枠が確保されているならばそちらを利用したほうが確実に早く現金を受け取ることができますが、その代わりに金利が3~4%高くなるので一定の犠牲を払わなければなりません。

しかし、現実には金利よりも時間が大切なことが多いので、そんなときのためにもクレジットカードの1枚ぐらいはキャッシング枠を作っておいた方が良いでしょう。

できればある程度の収入があり、安定している時に枠を広げておくことがおすすめです。

即日の融資が必要な人が借りる方法

即日の融資が必要な人は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するか、消費者金融で借りるのが一般的な選択肢です。

クレジットカードの場合、キャッシング枠の設定をしていなければ審査に時間がかかるので当日中に利用することができません。

利用者側にとって、精神的な抵抗感が一番強いのが消費者金融の利用ですが、何もない状態からお金を借りるなら最も便利なのも消費者金融です。

消費者金融を選ぶ理由

お金が足りなくなった時に消費者金融の利用が最も向いているのは「初めてお金を借りようとしている会社員」です。

会社員は通常、安定した収入が毎月あるので金融会社が設定している融資条件に適合します。

また、大手消費者金融の場合は、初回の借入に対する利息を30日間0円にしていることも多いので金利で選んでも特段の損になるとは言えません。

大切なのは、

「いつでもどこでも借りれる消費者金融を選ぶ」

「自分自身がいつでも借りれる状態である」

この2つです。

各社おすすめのお金の借り方

正規に登録されている貸金業者は令和元年10月時点で全国に1675事業者ありますが、年々減少傾向にあり10年前に比べると5分の1以下になっています。

これらの業者は大手だけでなく、各都道府県の地域で探せば地域に馴染みの深い業者もたくさんいることでしょう。

すぐにお金を借りなければならないとき、まず選ぶべき業者は大手がおすすめです。

理由としては、最近の大手金融業者も企業としての信頼性と価値を高めるためにコンプライアンスを強化しているので違法行為やグレーな行動はできません。

更に、大手の資金力をいかして仕組みのシステム化が進み効率的で早い審査が実現できるようになりスピード融資に繋がっています。

ポイントは 融資のスピード 企業の信用力 おすすめの大手は次の2社です。

審査が早い理由

消費者金融大手は、過去の実績と上場企業の資金力をもとに、融資の仕組みを作り上げてきました。

審査はWEBでできるようになり、自動審査で基本的な条件フィルターに通過した人が本審査に進みます。

収入や年齢、職業、借入総額に問題がある場合はこの時点で審査落ちに振り分けられます。

WEB化や自動化が進み、更に銀行グループなどのネットワークを活用した融資体制が整っていることが審査を60分程度で完了できる最大の理由です。

審査が長引いてしまう事例

自動化により高速化した融資の審査においても、どうしても審査が遅くなってしまうことがあります。

審査が遅くなってしまう理由は、提出書類が揃えられない場合や、不備がある場合、最も大きいのは在籍確認ができない場合です。

通常、在籍確認は電話で行われます。 担当オペレーターが借入希望者が記載した勤務先に直接電話連絡して本人が会社に所属しているかを確認します。

この時に、会社側の対応ができないことも多いようです。

勤務先が休業日で誰も連絡に対応できなければ審査が停滞してしまうことになります。

即日の融資が不要な人の借り方

お金が必要になるまで数日以上の時間が残されている場合は銀行カードローンを選択できます。

銀行カードローンは即日融資ができない代わりに金利が消費者金融よりも4%前後低く設定されているので、返済総額を考えると消費者金融よりも優位であることが多いです。

特に、借入金額が大きい場合などは少しでも金利が低い方が返済総額が少なくて済むので重要な要素であることに違いはありません。

更に、借り入れる金額により段階的に金利が下がっていくので一覧を確認して検討するのも良いでしょう。

銀行系カードローンを選ぶ理由

銀行系カードローンが選ばれる理由は借り易さです。金利が消費者金融よりも低いことに加えて、銀行の知名度や安心感といったものが大きな強みになっています。

金融再編の流れで、大手銀行は同じ銀行グループに消費者金融を加えました。

銀行カードローンも入口が違うだけで、実質的に中身で使っているものは消費者金融です。

例えば、三菱UFJ銀行のMUFGグループにはアコムが入っていて、三井住友銀行のSMBCグループにはプロミスとSMBCモビットが入っています。

更に、新生銀行の新生銀行グループにはレイクALSAが入っています。

消費者金融大手のなかで、銀行グループに所属していないのはアイフルのみです。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは、上限金利が低く更に借入金額に応じて段階的に金利も低くなります。

同じグループの銀行口座を持っていれば、契約のときに使うことができたりATMが利用しやすいこと、時々金利割引などのキャンペーンの案内が来ることなどがあげられます。

楽天銀行のように、別サービスの利用状況によって決まるステージごとにそれぞれのサービスに特典を設定する場合があることも特徴です。

カードローンは銀行が特に力を入れて集客している事業なので、利用者側もこれらのメリットを上手に探して最大限活用しながらお金を借りることができると銀行カードローンの最も賢い使い方です。

更に、銀行は実は総量規制の対象外であることも一つの特徴です。

総量規制の対象外なので、収入の3分の1以上の借入も理論上は可能です。

しかし、銀行側も消費者金融同等の自主規制を行っていることから返済能力以上の融資は控える傾向があるため審査には実質影響がないとも判断できます。

最短よりも金利で選び方の優位性とは

お金を借りるときの選び方として、即日という早さを重視するよりも金利を重視して選ぶ場合は銀行カードローンを選択するのがよいでしょう。

借入金額が大きい場合や、長期間の返済を計画する場合には金利が大きな影響を与えます。

逆に、1か月〜3か月程度の短期間で返済する場合や借入金額が少ない場合は金利の影響はそれほど大きいとは言えません。

50万円程度の借入の場合であれば、早さを重視しても問題ないでしょう。

早さで選ぶ場合の優位性

早さで選ぶなら即日融資ができる消費者金融が圧倒的に優位です。

大手消費者金融の審査は最短60分に対して、銀行カードローンの審査結果の連絡は翌日です。

審査実施時間以降、例えば21時半に銀行カードローンを申込んだ場合審査実施日の翌日を飛ばした2日後が最短になる可能性があります。

したがって、最短で借り先を探すなら消費者金融の大手がおすすめです。

金利で選ぶ場合の優位性

金利で借り先を選ぶ場合は、銀行カードローンが優位です。

特に借入金額が高い場合や長期の返済計画を考える場合は少しでも金利は低いほうが良いので、なんとか金利を低くできる方法を追求することを考えましょう。

借入金額が50万円以上になるあたりから検討を始め、100万円以上になれば銀行カードローンで金利を抑える努力をするべきです。

キャンペーンを利用する

銀行カードローンは金利を割引くキャンペーンを実施することがあります。

銀行口座を持っている場合や、他のサービスと抱合せが条件になっていることが多々あります。

逆に、銀行カードローンを利用することによってグループ内の他サービスに特典が付くものもあります。

単純な金利だけでなく、キャンペーンが頻繁に行われているローンサービスを選択することも一つの手段といえます。

30日間利息0円で借りる条件

大手の消費者金融は、はじめて借入を利用する人に対して30日間利息を0円にするサービスを行っています。

このサービスを利用すれば、翌月給料で完済を考えている場合や、銀行カードローンと迷っている時の決断材料として使うことができるはずです。

利息の金額は返済計画によって変わるので一概にどれが絶対に得かは言えませんので、個別にシミュレーションや返済計画表で銀行と消費者金融を見比べて総合的に損しない方を選べばよいのではないでしょうか。

信用情報で借りれる業者が変わる

銀行カードローンも消費者金融も、お金を借りるためには信用情報が最も重要です。

信用情報がきれいな人ほど信用力が高いと判断されるので安心できるサービスでお金を借りることができます。

逆に、信用情報の状態が悪ければ貸してくれる会社の数が大幅に減るだけでなく、業者の規模が小さくなるので銀行や大手と比較すると企業の信用力や安心感が低い業者でしか借りれなくなっていきます。

信用情報の確認には、CICやJICCなどの信用情報機関で照会できる個人の借入及び返済状況の一覧が用いられます。

個人で取り寄せることもできるので、お金を借りたいと思った時にはまず自分で調べてみることもおすすめの審査対策です。

お金を借りる構図とは

審査落ちを経験したことがある場合や、他に借金があるなど審査に不利な材料が有る場合、「どこでお金を借りるか」以上に、「どこならお金を貸してくれるか」が重要になります。

安定収入がある会社員で、他に借入がければ大手で借りれますが、延滞や破産の経験があるブラックリストの人は正規貸金業者からは借りれないので貸してくれるところを探すのはかなり厳しくなってしまいます。

正規貸金業者で借りれる人

正規貸金業者とは、金融庁に登録された貸金業を営む会社です。金融庁などの指導監視のもとルールを遵守することが義務付けられているので安心してお金を借りることができる会社と言えるでしょう。

貸金業法や総量規制といったルールに則った運営がされるので、借り主の方も条件に適合しなければ融資を受けることができません。

したがって、正規貸金業者でお金を借りれる人とは、安定収入がある仕事をしており借入総額が年収の3分の1以下、更にブラックリストに入っていない人です。

大手消費者金融

大手は最も審査が厳しい部類に入ります。 最初の審査は自動審査で行われるため、大手各社が設定している除外フィルターすべてを通過できる人でなければ通りません。

過去に返済事故などを起こしておらず、安定収入がある非雇用者で他社借入が無いか少ない人が審査に通る可能性が高いでしょう。

勤務先が上場企業などの場合は、個人の信用力にプラスされていると考えられるので審査の時には少々有利に働くようです。

中小消費者金融

基本的には大手の審査に通過できなかった人が中小を使います。

そもそも、中小も大手が審査で弾いた人で返済の見込みが有る人に対して融資することを生業としています。

大手のように自動フィルター審査の仕組みがないので、融資申請があればその都度審査を個別に実施します。

審査担当者が手作業で確認するため、過去に何か問題があった人でも、審査の結果、現在の返済能力があると判断された人ならば融資が可能になるケースがほとんどです。

WEB審査の仕組み等がない業者も多数あるので、申込みは電話や店頭を利用することが基本となるので借りに行く時には不便さを感じることもあるでしょう。

違法貸金業者でしか借りれない人

中小金融で借りれない人に対してお金を貸してくれる可能性があるのは闇金ぐらいです。

返済の見込みが無い人にお金を貸せるのはどうにかして回収できる自信があることの裏返しです。

ブラックリスト

過去に滞納や返済不能となりトラブルがあった場合は、金融機関はブラックリストとして信用情報を共有します。

正規の金融業者であれば返済能力に疑問がある人にはお金を貸すことができないので、ブラックリスト者はお金を借りることができません。

そんなときに最終的に行き着く可能性があるのが違法な貸金業者です。

一度、このような状況に陥った人は返済をするために新たな借金をするなど借金地獄にハマることが多いのでとても危険です。

借り過ぎ

総量規制の範囲を超えた借入を希望する人は正規の貸金業者から融資を受けることができません。

このような人の場合、一度に多額の借金を抱えたというよりも借金を返済するために他社で借金をして返してきた結果であることが多く既に破綻状態にある人です。

本来であれば借りれるところはありませんが、違法な金融業者であれば「その後」の対応も想定しての貸付を行う可能性があります。

闇金の客の拾い方

違法な貸金業者は通常の金融会社が貸すことができない人をターゲットにしています。

返済能力に見込みがなくても、本人だけでなく家族や職場、知り合いにまで取り立ての影響が出るなどトラブルは付き物です。

闇金が集客する方法は単純で、お金を借りれない状態の人に対して「私たちなら貸せます」と誘うことが一般的です。

審査なし

審査なしと宣伝すれば、他の金融会社の審査に落ちた人が集まるのは必然です。

審査なしを望む人はお金が必要な状況を自力で改善させることは難しく最終的にどこかでお金を借りることでしょう。

その場合の最終的な行き先が闇金です。

ブラックOK

ブラックOKと宣伝すれば、過去に何らかの金銭トラブルを起こした人にとって希望の光となり借りたい人が集まります。

しかし、このような人の場合、貸す側にも貸し倒れや逃亡リスクがあるのでそれに対応できるだけの手段があるということを言っているようなものです。

無職OK

無職も正規の金融業者からお金を借りることができないので違法業者のターゲットとなります。

無職でも金遣いが激しく状況の把握やお金の管理ができない人も多く居るのが実情なんです。

このような人は、本来であれば就職先を探して働き続けるだけで状況が改善しますが、一度無職に慣れてしまうと抜け出すことが難しいものです。

無職になったことがきっかけで、審査に通らない人になって行く傾向があります。

即日でお金を借りれない理由

お金を借りれる業者は信用情報によって変わりますが、正規の貸金業者でも即日でお金を借りれない場合があります。

審査が遅れてしまう主な原因は在籍確認ができないこと。

借入希望者側の工夫で解決できることが多いので、審査を申込むときは次の点に配慮しておくことをお勧めします。

土日祝の申込み

土日祝も審査は行われますが、申込者の勤務先が定休日の場合は、勤務先に電話連絡があっても対応されないままになってしまいます。

在籍確認ができなければ審査を進めることができないので中断する可能性が高まります。

勤務先が定休日の土日祝にお金を借りたければ電話連絡ではない在籍確認ができる会社を選ぶか、掛かってくる電話に出るために会社で留守番をするなどの方法でかいけつすることができます。

営業時間外の申込み

土日祝と同様に、勤務先の営業時間が終了している場合も会社側の人が確認電話を受けることができないので審査が中断します。

金融機関の審査は21時が最終ですが、勤務先がそれ以前に完全退勤になる場合には要注意です。

審査のことを考えると、金融業者からの連絡に対応できる営業時間中に申込むのがベストでしょう。

会社休業日の申込み

美容師や住宅販売、自動車販売の仕事をしている人は平日が休みになっているため、店舗定休日の在籍確認対応が難しくなります。

その他、年末年始だけでなく社員研修などで全員が留守にする場合も気を付けなければなりません。

どうしても必要な場合は、対応できるように留守番を立てるなど工夫することも手段の一つです。

自営業者の申込み

自営業者が即日融資を希望するなら在籍確認の連絡先は自宅の固定電話になる可能性があります。

最近は固定電話を持たずに自営をする人も増えているのでどこに金融会社から電話があるかをチェックしておいても良いのではないでしょうか。

予め、固定電話がないことを担当者に伝えておくか、携帯電話で対応できるところを探すのが良いでしょう。

自宅の固定電話に連絡がある場合は、他の人が在籍確認の電話に出てしまえば借金をしたことを家族にバレてしまう可能性がある点には要注意です。

業者以外から即日で借りる方法

どうしても即日の融資が必要なのに消費者金融からお金を借りれなかったら他の手段を考えなければなりません。

お金を借りるための一般的な方法は、銀行や消費者金融以外であれば個人から借りることになります。

個人から借りる方法も予防的な状況で借りるのか、緊迫した状況で借りるかで大きな違いがあることを知っておいても良いでしょう。

業者以外からお金を借りる理由

貸金業者以外からお金を借りるときには一定の事情が存在します。

ひとつ目は、貸金業者からお金を借りれなかった場合。

ふたつ目は、貸金業者からお金を借りるのが嫌だった場合。

大手消費者金融でも銀行でも借金をすることへの精神的な抵抗感が強いのは日本人の性質です。

住宅ローンや自動車ローンも借金ですが、こちらは一般化されていて利用への抵抗は弱いようです。

借金の経験者でなければ、普通は消費者金融やカードローンという言葉を聞くだけで怖いと感じるのではないでしょうか。

そうした気持ちになるのを避けてるために行われているのが家族や親族、友人にお金を借りるという方法です。

これは日本人特有の「困っている人は助けなければならない」という気持ちや、「同情」を引き出すので比較的借りやすい相手です。

業者と個人の優先順位とリスクとは

金融業者と身内のどちらからお金を借りるのが良いのかを判断するなら、それぞれのリスクを考えて決めるのがよいのではないでしょうか。

そのためには、借金への潜在的な恐怖感と身内の人に頼んだ場合の今後の関係を天秤にかけることになります。

家族・親族に借りる

お金に困っている場合、最も事情を話しやすいのが家族です。 親や親戚などは最終的に味方になってくれやすく、何かと助けてもらえる存在です。

頼み方

家族への頼み方1:「生活費に困っています」
家族への頼み方2:「家を買うので援助してください」

頼むことのリスク

家族や親族などの身内に頼んだ場合にも一定のリスクは存在します。

家族リスク:家族もお金に余裕がない
親族リスク:当人以外の感情

友人に借りる

家族に話せない事情でお金が必要になった場合や、信頼できる人がいる場合はお金を借りる相手として選択肢に入ります。

頼み方

友人への頼み方1:「事業の資金を助けてくれませんか」
友人への頼み方2:「家族には言えない事情でお金が必要です」

頼むことのリスク

友人にお金を借りようとした場合のリスクは比較的高いものとなります。

友人リスク1:絶縁のきっかけとなる
友人リスク2:状況が変わった時に豹変する

特に、あとになってからトラブルになることが多いのがこの方法です。

頼む時には、その友人を失くす可能性もあるということを理解しておかなければなりません。

個人間融資

個人間融資は、身内や友人などの知り合いではなく、不特定の中から貸してくれる人を自分で探す方法です。

主にSNSで頻繁に行われている方法ですが、犯罪被害にあうリスクが高いことが特徴です。

頼み方

Twitterにて:#援助、#個人間融資、#ひととき

など、お金が必要なことを暗示する文章と、上記のようなハッシュタグをつけて投稿すると融資をしたい人からDMが来ます。

基本的には、下心を持った男性が援助を申し出る仕組みですので、女性が借りる側になります。

頼むことのリスク

違法な取引や、犯罪被害への入口となることが多々あります。

ブラックギリギリのグレーな契約取引なので、性犯罪や脅迫などのトラブル以外にも、詐欺や違法金利での貸付が横行していて利用には高いリスクを伴います。

詳細記事
手を出せば人生終了?今流行の個人間融資が危ない理由

即日にお金を借りるための手順

最終的に、即日で融資を希望する人は次の手順が最適です。

借りたい人の状況次第で借りれるまでの最短ルートが違うので状況に合った選択をすることが求められます。

借りれない人

次の人は、基本的に金融会社からお金を借りることはできません。

  1. 無職
  2. ブラックリスト
  3. 借り過ぎ(年収の1/3以上の借金)

何らかの対策をしてから再度申込み方法を検討してください。

詳細記事
カードローン審査が通らない理由と対策

会社員の借り方

会社員は、安定した収入があるので信用情報に問題がなければ比較的借りやすい条件が揃っています。

会社員が即日でお金を借りるための最短手順は次の通りです。

  1. 大手消費者金融のWEB申込みを利用する
    (※プロミスまたはSMBCモビットがおすすめ)
  2. 在籍確認の方法を確認し、書類のみで対応できるところを選ぶ
    (※社会保険証の提出などで代用できる)
  3. 公式WEBページから審査を申込む
    (※審査実施時間内に申込むこと)
  4. 契約して、融資を受ける
  5. コンビニATMなどで現金を引き出す

早ければ、ここまで90分ぐらいで完了します。

即日融資を望む場合は、事前に提出書類を揃えた状態にしてプロミスまたはSMBCモビットに審査申込みすることがお金を借りるための最短ルートです。

専業主婦の借り方

専業主婦は無職と同じなので基本的にお金を借りることはできません。

一部の銀行カードローンでは、配偶者貸付を実施しており夫の信用情報を元にお金を借りれる可能性があります。

専業主婦が単独で即日融資を受けるなら次のことが必要です。

  1. 就職して収入を得る
    (※正社員、パートでもOK)
  2. 3か月程度継続する
  3. 大手消費者金融のWEB申込みを利用する
    (※プロミスまたはSMBCモビットがおすすめ)
  4. 在籍確認の方法を確認し、書類のみで対応できるところを選ぶ
    (※社会保険証の提出などで代用できる)
  5. 公式WEBページから審査を申込む
    (※審査実施時間内に申込むこと)
  6. 契約して、融資を受ける
  7. コンビニATMなどで現金を引き出す

ここまで、最低でも3か月程度必要になります。

一方、夫の了解を取り付けられる専業主婦の場合はもっと早く借りることができます。

  1. 専業主婦への貸付OKの銀行を探す
  2. 夫の了解を得る
  3. 銀行カードローンを申込む

この方法であれば、夫にバレるかわりに銀行カードローンを契約することができます。

ただし、夫の信用情報が傷ついていたり、審査が滞る原因があれば審査落ちになる可能性もあるので注意が必要です。

即日融資可能!おすすめの金融会社

借りるまでに必要なものや手続き手順についての詳細は以下の記事にまとめています。

各社それぞれ、必要な書類や手続きの順番が違うので、以下の「大手消費者金融の手続き方法」で紹介する記事を一読して自分にとって簡単そうなところで申込むのが良いと思います。

一括で特徴を確認したい場合は、審査が早いキャッシング特集をご確認ください。

大手消費者金融の手続き方法

  1. WEB完結なら電話連絡なしが可能なSMBCモビット。即日融資に必要な保証人や提出書類をまとめた
  2. アイフルで借りるには?申込みから借入までの流れ