お金借りる 近道【チカミチ】

 

 

 

 

「お金」の記事一覧

お金を借りるアプリの詳細と失敗しない使い方

「お金を借りるにはアプリとWebのどちらがいいの?」
「アプリはお金を借り入れるためのもの?稼ぐためのもの?」

お金を借りる覚悟はできているけど、どうやって借りるかを迷っていませんか?ネットで調べて出てくる情報を見て当初の目的を見失い混乱してしまっている人に最適な答えを用意しました。

この記事でわかること

カードローンアプリの正しい使い方

大切なのは、何のために使うのかを見失わないことです。

それでは早速、説明していきます。

お金を借りるためのアプリは2つだけ【すぐ借りたい人向け】

お金を借りるためのアプリは2つだけ【すぐ借りたい人向け】

2020年になり、キャッシュレスやカードレス化が進んだことでスマホでお金の取引をする人が増えてきました。その時に必ず使うのがアプリです。

銀行、証券会社、消費者金融、カード会社などは所属する複数のサービスでグループを形成して連携することで一括した取引管理ができるアプリを提供するようになっています。

お金がないので、今日中にお金を借りるためのアプリを探している

あなたの目的に応えることができるアプリは次の2つです。

今日中に借りるためのアプリ2種
  1. プロミスのアプリローン
  2. アイフル公式スマホアプリ

この2つは、どちらも消費者金融会社が提供するアプリです。

借り入れを申込む時に、無人店舗、電話、Web、アプリのどれを選んだとしても「今日中に借りたい」という目的を叶えることができるのは消費者金融のカードローンに限られます。

では、それぞれの特徴を紹介します。

アプリローン(プロミス)

アプリローンはプロミスが提供するアプリで、手持ちのお金が無い時にスマホで借り入れの申込みから借り入れまで完結できるサービスです。お金を借りるためのアプリの先駆者であり代表格です。

アプリローンのポイント

在籍確認の電話を避けられない

在籍確認は、申込後すぐにプロミスに電話すれば他の方法を考慮してくれる可能性があると言われています。

しかしこれは確実にそうしてもらえるわけではなく、伝達遅れなどで「職場への電話は止めてと依頼したのに職場に電話があった」という事例がたくさん報告されています。

結局のところ、「アプリローンはWEB完結と同じことができるアプリ」ですね。

アプリ上の書類送付や、契約後のカードレスな取引など利便性のメリットはありますが、在籍確認が電話で行われることに変わりはないので、お金を借りる手段として選ぶには少しだけ材料が足りないかなと思います。

アイフル公式スマホアプリ

アイフル公式スマホアプリはアイフルが提供を始めた新しいサービスです。操作性が良く、借り入れ、返済、増額などがカードレスで簡単にできるアプリなので使う人が増加傾向にあります。

アイフル公式スマホアプリのポイント

在籍確認は避けられない

アイフル公式スマホアプリも在籍確認を100%避けることできないのが難点です。

自宅への郵送物を避けるための方法としてアイフル公式スマホアプリを利用するのはいいのですが、「WEBで申込むよりもわかりやすい」「カードレスで取引できる」以上を期待しないことをおすすめします。

こちらも、「アイフル公式スマホアプリはWEB完結と同じことができるアプリ」です。

便利さを求めていたり、既にアイフルで借り入れがあるならおすすめのアプリですが、これからアプリを使って借り入れを申込む場合は「そのアプリは今じゃなくても大丈夫だよ」と言いたいです。

ではここで、アプリを使うメリットとデメリットを説明します。

アプリでお金を借りるメリットとデメリット

アプリでお金を借りるメリットとデメリット

金融会社が提供するアプリはスマホがあれば何でもできるのでとても便利ですが、「何のためにアプリを使うか」を一度考える必要があります。

お金を借りることが第一の目的だとしてもアプリを選ぶ前に自分の期待に応えてくれる会社で借りる方が後悔せずに済みます。

まずは、アプリ経由で審査を受けられる時間を確認しましょう。

アプリで審査申込みできる時間

アプリの利用案内には「原則24時間いつでも取引可能」と説明がありますが、審査対応は9時〜21時となっていることに注意が必要です。

21時を過ぎて申込んだ場合には、翌日の9時以降の審査対応になります。

ほとんどの場合、審査対応の時間については別途記載が多いので詳細まで確認しなければなりません。

特に、「土日祝いつでも」や「最短10秒で借入可能」は、審査を通過した状態(すぐに借りれる状態)になっている人が使える機能ですので、21時以降の新規申込は同じことができません

21時以降の申込みは翌日9時からの審査開始を待つのでお金を借りることができるのは最短でも翌日10時以降になります。

では、時間が柔軟なこと以外でアプリを使うメリットは何でしょうか。

アプリを使うメリット

アプリの最大のメリットは、書類などが自宅に届くことを避けられるので家族にバレずにお金を借りることができるところです。

アプリのメリット

お金を借りたことが家族にバレない

また、スマホアプリはパソコンを必要としないのでパソコンを持ってなかったりインターネットの操作が苦手な人でも大丈夫。このサイトを見ている方なら簡単に扱うことができます。

職場は別にいいけど、家族に知られずにお金を借りたいときの手段としてアプリは最適です。

アプリのデメリット

アプリは便利な反面、どの段階から利用するか判断が必要です。

アプリローン(プロミス)やアイフル公式スマホアプリは審査申込みから使用できますが、審査に通る前からアプリをインストールする必要が有るのかを検討しなければなりません。

アプリのデメリット

在籍確認は避けられない

これは、期待はずれというべきものでしょうか。

誰にもバレたくなくてアプリで申込んだのに職場に電話がかかってきて会社の人にバレてしまった」ということが起こります。

更に、電話による在籍確認には次のようなリスクもあります。

電話による在籍確認のリスク

会社員がお金を借りるときの最大の心配事は勤務先への在籍確認です。

申込者の勤務先に金融会社の担当が個人名を名乗り電話し、本当にその会社に在籍しているかを確認するだけの簡単な電話ですが、分かる人は電話の内容から何の電話かを察することでしょう。

電話在籍確認のリスク
  1. 消費者金融で借金したことが職場の人にバレる
  2. 会社休業日は電話を取れず審査が止まる
  3. 連絡が取れずにいると審査落ちになる

在籍確認が電話で行われる場合は休業日や不在などで電話対応ができなかったり、そもそも固定電話が無いと審査が止まってしまうことは一つのリスクと言えるでしょう。

審査が遅れるだけならマシですが、その状態が続けば審査落ちになりるだけでなく、繰り返し審査に落ちた履歴が残ると借り入れそのものが難しくなることも忘れてはなりません。

できるならばこのような事態は避けたいですよね?

次はこの問題を解決する唯一の方法を紹介します。

アプリの課題を解決してお金を借りる方法

アプリの課題を解決してお金を借りる方法

アプリでお金を借りるならどうしても在籍確認を避けることができません。申込後すぐに電話をすればいいと言う人も居ますが、これは確実な方法ではありません。

ここで紹介するのは

職場へ電話による在籍確認を避けて自宅郵送物などを避けて借りる方法

です。

せっかくスマホを使って申込むなら一番メリットが大きい方法で申込みたいと思いませんか?

ここで解決する課題

家族にも職場にもバレずに借りたい

この課題は、アプリではなくWEB完結することにより解決します。

アプリを使う前に試して欲しいお金の借り方

SMBCモビットWEB完結申込の説明画像

SMBCモビットの公式サイトには、WEB完結申込についての説明画面があります。

WEB完結申込に必要になるのは次のものです。

  • 指定銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)のいずれかの口座
  • 社会保険証

SMBCモビットのWEB完結申込を使えば、「電話なし」「郵送物なし」「カードレス」の3つがネット操作のみで実現できるので、アプリを使う前に利用を試す価値があります。

WEB完結申込の詳細は公式サイトで確認できます。

SMBCモビット公式サイトはコチラ
↓↓↓

最新トレンド!人気のお金の借り方はこれだ

あなたが考えているお金の借り方のイメージは10年前のままかもしれません。

「暗い雑居ビルにある店でたくさんの男の人に囲まれて契約書にサインさせられる」

お金を借りるときのイメージをとても怖いものとして考えている人に是非読んで貰いたい記事ですので、これを見れば、お金の借り方のトレンドがネットを使うものであることがわかります。

最新トレンド!人気のお金の借り方はこれだ

「なんでもかんでもネットばかり。トレンドだからってなんだよ!怒」

そんなことを言う人が身近にいませんか?本当にこんな人がたくさんいるんです。
だけど、今はそういう時代なので結局一番賢い選択もネットを使うことになってしまうのは仕方がないと思います。

問題は、その変化に着いていけるかどうかだけです。

逆に、ネットを使うようになったとたんに、今までは人を介することに抵抗があったから踏みとどまっていたものが、ネットでできるようになった瞬間に精神障壁が崩れて安易に手を出してしまい失敗するというのはよくあることなので注意が必要です。

自分の状況により最適な方法がわかる!?

お金を借りるとき、借り方次第で借入できる金額や返済額が大きく変わるのをご存知でしょうか?

お金を借りれるところは知名度の高い消費者金融に限りません。その他にもキャッシング会社や街金など大小様々な業者が存在しています。

お金を借りるには、銀行、消費者金融、郵便局、市役所、生命保険の5つ方法があります。

その中でも、借り方がそれぞれ違うので先に確認しておく必要があります。生活の困窮や経済的な状況に応じて市の支援制度のような貸付を使うこともできますが、その場合は審査や融資条件について詳細の確認が必要です。

借りるために前提条件があるもの

実際に、銀行、消費者金融、郵便局、市役所、生命保険の5つのうち、郵便局や生命保険の契約者貸付などを使うには保険や口座の契約があることが前提となっています。

市役所の生活支援制度も誰でも簡単に借りれるわけではありません。貸付は生活を再建するための一時的なものなのでギリギリの状態というだけでなく、失業中でちゃんと就職活動をしていることなどが条件になっています。

どう頑張っても借りれない人もいる

こんな人はどうがばっても普通はお金を借りることはできませんので、自分が審査に通らない人に該当していないかを確認しておくことも有効な対策となります。

  1. 無職
  2. ブラック
  3. 借り過ぎ
  4. 連絡不通

特にこの4つは審査に落ちる可能性が高くなりますので、心当たりがあるなら先に対策を考えておくのが良いでしょう。

また、20歳未満が借金することはできず、60歳以上は各社で上限年齢が異なるので、対象外の年齢になってしまうと審査には絶対に通らないことは頭に入れておかなければなりません。

これらの条件を考えると、即日融資で最も早くお金を借りるなら、事前に対象年齢と自分の信用情報を確認した上で提出書類を揃えた状態でweb審査ができる大手を選ぶこと、連絡があればすぐに対応できるようにすることが最善の方法です。

すぐに借りれる可能性があるもの

まず注意が必要なのは、銀行は自主規制により審査は慎重に行うルールになっているので即日の融資が不可能です。これらの条件を考えると、無担保で即日融資が期待できるのは消費者金融に限られてしまいます。

したがって、お金を当日中に借りたいなら、

  1. web審査ができる
  2. 提出書類が揃っている
  3. 申込み時間が早い

以上の3点に気を付けたら行き着くのはアイフルです。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。

時代は変わった!?そのイメージは10年前のままかも

お金に困ったときに最も早くお金を準備できる手段は、近くの金融屋に行くことだと思っていませんか?それは5年〜10年前の話なので認識を改めたほうが良いかもしれません。

10年前、大手や中小問わず消費者金融の店舗が街なかにたくさんありました。

印象的なCMを流し、知名度を高めていた消費者金融が大儲けしていた頃で、当時お金に困った人はア●フルやア●ム、武●士などの店舗に駆け込んだのではないでしょうか。

当時はまだ人による手続きが主流でしたので、実際に店舗に行くと受付にいる女性が営業担当者を呼び手続きが進められました。

15年前の消費者金融の黒い裏側とは

消費者金融に勤める営業担当は、一見優しそうな雰囲気ですがどこか作られた感じがする人が多かった印象です。

実店舗中心の頃、営業担当者は担当顧客の債権回収業務も行っていました。とある消費者金融会社では、融資だけでなく回収状況についても社内で日常的に厳しい叱責があり、その結果たくさんの社員が無理な融資と粗い手段での回収を繰り返し行っていたことでも有名になりました。

その結果、CMの印象とは裏腹にサラ金として悪いイメージが定着しました。

15年たった今…消費者金融はクリーンに!?

この10年ぐらいの間に消費者金融は銀行グループに所属したり社会貢献に関する事業や活動を行うなどイメージ刷新が進みました。

TVで流れるCMは有名な女優や俳優を起用し、いつでもどこでも借りれる便利さをアピールするものがほとんどです。

更に、この数年で消費者金融大手の取引方法は一新され、実店舗中心からネット中心に移り変わりましたが、それも銀行系グループへの加入やスマホの普及の影響が大きいようです。大規模なシステム化が進んだ結果、実店舗は減り電話もセンターのオペレーターへ繋がるようになりました。

消費者金融は、法の整備で規制が厳しくなり過激な方法でお金を回収することができなくなりました。特に大手ほど何かあればすぐに情報が出回り風評となるので債権回収が難しくなっています。

かわりに、貸す前に返済能力をしっかりとシステムで判断するようになっていて、返済能力が怪しい人審査におちるため厳しくなったと感じる人も多いようです。

結局、webを使えばどこからでもお金を借りれる

ネットでお金を借りる方法が広がった最大の理由はスマホの普及です。スマホは通話だけでなくアプリでゲームができたり、スケジュール管理ができるので手放せない物になっていますよね。

たくさんのアプリを使っていると思いますが、その中にはお金を借りるためのアプリもいくつか存在します。

お金を借りるためのアプリを分類すると、

  1. 借りる前の審査段階から使えるアプリ
  2. 契約後に使うアプリ

この2種類に分けられます。

これらのアプリは主に大手消費者金融が提供しているもので、契約後に使うものが一般的です。

通常は、契約後に発行されるアカウントで連携するのでwebと同じことができます。

アプリを使うメリットは、管理画面が扱いやすく、webサイトのようにあちこち探し回る手間が省けることです。

一方で、審査段階から使えるアプリも存在していて、その代表例がプロミスのアプリローンです。

審査もできるアプリローン

プロミスのアプリローンは、審査書類の提出管理を含む審査がアプリ上でできるものです。また、審査通過後に契約したあとはセブン銀行のネットバンキング口座を使うことで借入金の出金や返済までスマホひとつでできるようになり、更にATMでカードレスで取引ができるようになります。

ただし、アプリローンを使っても通常のweb申込みと同じ審査で、在籍確認も行われます。

アプリローンのメリットの一つは、住んでいる地域を問わずスマホがあれば申込めるので、大阪でも北海道でも日本に住む人も利用可能です。

ただし、審査依頼を出す時間には注意が必要です。

アプリを使うのは契約後がおすすめ

アプリローンの案内には「最短1時間融資可能」「原則、24時間土日・夜間も最短10秒で借入可能」との記載を見ますが、審査対応の時間については表示されていることが少ないので勘違いをしてしまうかもしれません。

特に、「土日祝いつでも」や、「最短10秒で借入可能」は、審査に合格して在籍確認も完了している状態、要するにいつでも借りれる状態になっている人が使える機能なので、21時以降に急にお金が必要になったときには使えません。

アプリローンとweb申込みの審査は9時〜21時(土日祝含む)に行われるため、21時以降の申込みや、21時までに審査が終わらない時間からの申込みは翌日9時からの審査になります。

すぐにお金を借りたい人は審査終了時間に間に合うようにしましょう。

アプリには審査なしや絶対に通るなどの特典はありませんので、契約後から使うのが便利です。審査に落ちてしまった場合は他に使い道がなくなるだけでなく、アプリにデータが残ってしまう可能性があるので速やかに削除する手間が加わります。

したがって、アプリは契約後に使うようにして、web審査で申込みするのがおすすめです。

どれだけ必死でもしてはいけないこと

過去に何度か審査落ちを経験しているなど、すんなりとお金を借りれるかわからない人が陥りやすいのは虚偽申告です。

特に、無職や専業主婦の人がお金を借りるための工夫として偽りの情報を審査情報に入力してしまうことがあるようですが、これは避けなければいけないことです。

無職や専業主婦は、お金を借りるうえで一番の弱者です。

信用を高めるための嘘

審査では収入や勤め先の申告は必須ですが、虚偽申告は厳禁です。

金融会社がお金を貸すときは、融資希望者の返済能力を必ず審査しますが、個人の信用力だけでなく、勤務先の信用力も高ければ審査は通りやすくなります。

信用力の判断は、借り主の社会的信用と繋がっていて、最も信用力が高いと考えられるのが公務員、次いで上場企業に勤務する会社員です。医師や士業の人も信用力は高そうですが、一概に高いとは言えません。

失業保険が利用できる失業者や、配偶者貸付が利用できる専業主婦と違ってニートは最も信用力が低く、お金を借りるのは難しいでしょう。更に、ブラックや借り過ぎとわかればどこからも借りれません。

その場合は、何でもいいので先に就職先を見つけたら問題は解決します。

無職卒業でお金は借りれる

実は、無職がお金を借りれるようになるのは比較的簡単です。

最も簡単な方法は、アルバイトやパートでもいいので働くことです。会社に雇用されて安定収入を数ヶ月継続するだけで審査がクリアできる可能性があります。

無職がお金で悩む前に大切なのは、ギリギリになってからお金を借りようとせずに、早めに状況を把握して就職先を探しはじめることが問題解決の最善の方法です。

働き先を見つけるまでお金はなるべく使わないようにして、給料が入るようになればお金を借りる資格が得られます。
資格を得たら次の記事へ進みましょう!

冷酷無比!カードローン審査の裏で行われる切り捨ての実態

「カードローン審査にまた落とされた!」

何度か審査落ちを経験したら、「どんな人が審査をしてるのか」、「あいつらに心は無いのか」そんな気持ちになるものです。

一番簡単な方法はクレジットカードなどのキャッシング枠を利用することです。正規の方法でお金を借りるには、審査なしの借入れ方法は残念ながらないからです。

ですが、クレジットカードを持っていない方はこれではお金を作ることができません。

非情の極み!増え続ける大手カードローン審査の犠牲者

そもそも、金融業者の審査は何のためにあるのかを考えたことがありますか?

一番の目的は貸し倒れの防止です!

金融業者はお金を貸した見返りに得る利息で会社が運営されているので、貸した相手がお金を返せなくなってしまったり逃亡されると自分たちの会社が倒産しかねません。

申込者全員に対して必ず行う審査は、極力貸し倒れを回避するための手段です。

この審査は、大手消費者金融や銀行ほど厳しくなります。

知名度や信頼性から審査を受ける人がたくさん居る裏で、冷酷無比に切り捨てられる人が続出している実態があります。

マニュアル至上主義!銀行カードローン審査の冷酷実態

お金を借りるなら金利が低い銀行カードローンは魅力があります。しかし、銀行カードローン審査は消費者金融以上に厳しいと言われています。

それはなぜかといえば、銀行の社会的役割が重大過ぎるからです。

銀行は個人や企業への融資だけでなく、預金を投資運用したり日本や外国への融資に使われるお金をもつという役割があります。

銀行が資金に行き詰まると融資したお金の回収を急ぎますが、そのような情報が外に流れた途端に個人や企業にも一気に預金が解約され銀行運営が破綻します。その結果、融資先や取引先など負の連鎖が広がり社会が不安定になるのが金融ショックです。

そのような事態に陥らないように、銀行では冷酷と言えるほど厳しく定められた審査マニュアルで融資管理されます。

その結果、銀行から信用を得られない借入希望者は審査を簡単に通過することができません。

裏口発見!銀行からの信用度が上がる借り方

そんな銀行の審査ですが、カードローンでお金を借りやすくする方法があります。

その方法とは、給与口座に指定している銀行のカードローンに申込むこと。

銀行は会社員の給料のように、毎月決まった時期に入金がある口座を優良な口座と判断します。

給料口座は身元が確認できたり収入の実態が見えやすいだけでなく、もし返済ができなくなった場合でも口座や給与を担保代わりに抑えてしまうことができるので、給与口座を持たない人に比べて個人の信用度も少し上がるようです。

これは、住宅ローンやカードローンで共通しているので、銀行でお金を借りるなら案内で送られてくるDMなどを見てキャンペーンを利用するのが最も賢い方法です。

とにかく遅い!銀行カードローンを使わない方がいい人

銀行でお金を借りるときの唯一の欠点は時間がかかるということです。

即日審査が一般的な消費者金融に比べて、銀行は審査結果が判明するまでに数日かかります。

目安は翌日から7日程度とされていますが、人によっては更に時間がかかることもあるようですので、緊急時向きとは言えません。

その他にも、銀行カードローンを選択した理由が総量規制対象外を目的としたものである場合も不適切かもしれません。

総量規制の観点で言えば、銀行からの融資は総量規制の対象ではないため年収の1/3を上回った融資は可能です。しかし、「すでに返済能力以上の借入である」と判断されれば銀行側も非情な判断を下すことになります。

温情に期待!?消費者金融に人情は通じるのか

銀行との比較で借入れ先として検討するのは消費者金融です。

銀行と比較すれば金利は高くなる反面、最短即日融資が可能な早さが魅力です。

銀行は預金口座などの金融商品を複数持って金利や手数料で会社の収益を上げますが、消費者金融はお金を貸すことによって発生する利息だけで会社の収益を出します。

そのため金利は銀行より高くなりますが、収益源が多い銀行よりも消費者金融の方が貸付を積極的に行うと考えられます。

真逆!?規模が小さいほど人情味がある消費者金融道

消費者金融では、会社の規模によって審査の厳しさが変わることが定説です。

大手消費者金融と言われる会社はそれぞれ銀行グループの一員として経営されているため、銀行と同等の審査レベルとなります。

したがって、人情は通じず審査落ちを経験した人によっては「冷酷無比だ!」と感じた人も多いでしょう。

しかし、そもそも消費者金融の需要は銀行と大きく違っていて、緊急性のある金欠時です。

大手消費者金融の審査通過率は45%程度と言われていますが、これは審査が特段に厳しくなることが理由ではありません。

審査はマニュアル通りに返済能力に問題のない会社員を選ぶためのものですが、大手の審査通過率が低くなるのは、借入希望者自身が経済的に厳しい状態で申込んでいるためです。

人情は誤解?優しさの裏にある金貸しのブラックさ

大手の審査が通らない人は、次に中小消費者金融の利用も検討するしかありません。

中小の消費者金融会社は、大手が融資を断わった人に対してお金を貸すことで利息を得て運営されています。

正規の賃金業者は、日本全国で2,000社近くありますが、小規模な金融業者はどんどん倒産している状況にあります。

小規模になるほど借入希望者の経済状況が悪く、大手からの融資を受けられない人が顧客になるのでリスクを抱えた融資になります。

借りる側なら、厳しい状況にも関わらずお金を借りることができるので、貸してくれた中小の消費者金融を「人情味のある会社だ」などと感じることも多いのではないでしょうか。

大手との大きな基準の違いは、中小は現在の返済能力を重要視することです。

ただし小規模な消費者金融を探すなら、くれぐれも間違って悪徳な業者を利用しないように注意することが必要です。金利が年20%以上であったり、業者の連絡先が携帯電話に設定されている場合には、悪徳業者や闇金である可能性が高くなりますので、避けてください。

カードローン審査の重要事項

消費者金融から借りる際に重要なのは、総量規制です。これは貸金業者からの総借入額は年収の1/3までと法律で定められているもので、消費者金融から総量規制以上の借入はできません。そのためまずは申込み前にまだ借入が可能かどうか、自身の総借入額を把握することが重要です。

また、消費者金融と言ってもさまざまな会社があります。まずはやはり、安心感がある大手消費者金融からの審査をおすすめします。審査が早くWEB機能やアプリ、独自サービスなどが充実しています。また借入枠内であれば何度でも借入が可能ですので、緊急時の利便性も高いです。

お金を借りるつもりで申込んだのに審査が通らないとしたら、それは収入か信用情報のいずれかに原因がある可能性が高いということです。どこに問題があるのかを確認して、お金借りるための信用情報を整えてから申込むことが賢明です。

コツコツが一番!審査の信用は積み上げられる

そもそも、お金を借りたいのに審査に通らないのはなぜでしょうか?融資を断わられる理由は貸し手側が重視するポイントを考えれば見えてきます。

融資を行う側としてはやはり、毎月必ず返済されること、そして完済まで滞納しないことの2点を重視します。ここで問題になるのは収入が不安定、あるいは過去に滞納が発生した経歴がある場合などが挙げられます。

借金総額は経済力判断の材料

もしお金を用意するのに時間がある場合には、信用情報を整えてから申込むと通りやすくなります。

すでに複数の金融業者から借金しているのであれば、どこか一社を優先して完済することを検討してみてください。複数社からお金を借りていると、審査担当者に「お金に困っているようだけど返済は大丈夫か」と不安な印象を与えやすく、返済が滞るかもしれない人というイメージから審査に影響を及ぼす可能性が高いです。

お金を借りる審査に対して自分の状況に不安があると、借りやすくしようと収入・勤務先・他社借入状況などについて真実と異なることを意図的に記載する人も中にはいますが、虚偽申告は止めましょう。

申込み情報は必ず金融業者が確認するため嘘をついてもすぐにバレてしまい、確実に融資が通らなくなります。申込み時は正しい情報を記入しましょう。

返した実績が信用度を蓄積させる

支払いに対する信用は、これまでの借入と返済の実績に基づきます。融資を受けた後、約束通り期限を守って返済を行っていれば何の問題もありません。むしろ、きちんと返済してくれる人だと信用力が上がり、キャッシング枠も増額しやすくなります

このようにきちんと返済を行う点で支払いに対する信用度が判断されますので、返済が遅れ滞納したことがある人は当然ながら審査が厳しくなります。

また、意外なところでそもそもお金を借りた経験がない人も融資の審査が通らない可能性があります。返済の前例がないため、判断が難しいからです。

いずれにしても、借り方と返し方は重要です。ベストな方法はまずは少額でお金を借りる、そして返済をきちんと繰り返すことで信用力が高めることです。

収入は信用度判断の重要な材料

収入に対する信用は、定期的な安定した収入があるか、つまり働いて安定した収入を得ているかに基づきます。例えば、無職だと「収入がない=貸しても返すお金がない」と判断され審査申込みもできませんので、まずは定期的な安定した収入を得ている状況である必要があります。

正社員雇用だとベストですが、契約社員やパート・アルバイトでも問題はありません。雇用形態そのものは収入に対する信用審査には関係なく、収入を得ている状態であることが個人の信用力に繋がります。

次いで審査されることは、収入が安定していることです。一時的な短期収入では毎月の返済に対応できないだろうとの判断されるのは当然なので、例えば現在の仕事を始めてからの期間が1か月未満など、就業期間が短く十分に収入の安定性を評価できない場合は審査通らない結果となる可能性がありますので要注意です。

審査なしの裏

もし、審査なしの少額融資に応じている金融業者を見つけたら、絶対にその業者からお金を借りてはいけません。このような業者は違法行為を行っている可能性が高く、借りてしまうとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

先程述べたように、審査は貸し倒れを防ぐために行います。その審査を行わないということは逆に、無理やり多額の貸付をされたり、法外な金利を請求される可能性があるということです。審査は貸主だけでなく、借り主を守るためにも必要なのです。

借金の額が大きくなり、銀行や消費者金融から融資を断られると審査なしで借りれるとの言葉は非常に魅力的に感じますが、絶対にきちんと審査があるところから借りましょう。

一般の消費者金融などからお金が借りれずどうにもならない状況に陥っている場合は、公的機関から借りる、または弁護士などに相談して債務整理をするのが最善の解決方法です。

審査に落ちにくいカードローンの申込み方

信用を整えた上で、申込み時にも気をつけるポイントがあります。

銀行カードローンは業者ごとに審査基準が異なりますが、消費者金融の場合ベースはほぼ同じです。消費者金融のカードローンは基本的に保証人が不要のため、返済能力と信用が重視されます。

金融業者は収入が期待できる労働世代に融資したい

年齢も信用力の一つとして考慮されますので、具体的には20歳以上から62歳ぐらいまでが融資の対象となります。10代の人、つまり未成年は20歳になるまで金融業者からお金を借りることはできません。また、60代であれば早めに申込まなければ年齢審査で落ちる可能性が高まりますので、申込みのタイミングは考慮しましょう。

次に、お金を借りるためには総量規制の影響があるため、収入が少ないと借入希望額に満たなかったり審査に落ちてしまう結果になります。審査に落ちないためには安定した収入や勤務先がある上で、年収額も正確に伝える必要があります。

他には、他社を含めた借り入れ状況や過去の返済実績、金融の事故情報といった内容も確認されますので、現在の借入総額を伝える必要があります。もし事実に反する金額を伝えても審査にて虚偽申告だとバレてしまいますので、こちらも年収と同じく金額は正しく伝えましょう。

ただし、住宅ローンやマイカーローン、奨学金は除外されますので、基本的には銀行や消費者金融からの借入総額を記入してください。

そのままではお断り!金融事故経験者の注意点

過去に金融事故の記録があると、ほとんどの場合で審査に落ちます。一定の期間が経過すると金融事故の記録は消滅しお金を借りることができるようになりますが、情報が消えるまで長い期間がかかるため何年間も待たなければなりません。

銀行のカードローンの場合、給与の振込みをその銀行に指定しているだけでも審査で優遇される可能性があるので事前に手続きしておきましょう。

とにかく早く借りたいときの注意点

お金を借りる方法と同じぐらい気になるのは、借りるのであればとにかく早く借入したいという点です。そこで即日キャッシングを利用することが重要となります。

即日で借りたい場合も信用力があるに越したことはありません。その方が審査がスムーズに行われるため結果早く借入ができます。最近は銀行より消費者金融の方が早く融資が行われます。上手く利用することができれば、申込みから数時間で融資を受けることも可能です。

素早く借りるために消費者金融を利用するポイントは借入希望額をできるだけ少額にすることです。どうせ申込むなら…と多めに希望しがちですが、50万は無理でも10万なら融資可能というパターンがあるので、審査をスムーズにするために希望額はできるだけ少額で申込みましょう

ただし、ネックになりやすいのが申込みを行った後に在籍確認の電話が勤務先に入る点です。これは届出の内容通りの会社で働いていることを確認するためのものです。

お金を借りる場合に電話連絡なしで借りたいと思う方がたくさんいますが、在籍確認の電話連絡をなしにするには在籍確認を必要としない「クレジットカードのキャッシング枠を使う」、もしくは「電話以外の方法で在籍確認ができる会社を利用する」という方法が取れます。電話連絡以外の在籍確認が行える会社にSMBCモビットがあります。SMBCモビットでは条件を満たせば電話以外での在籍確認が可能です。

したがって、お金を借りる時に「即日」で「電話なし」にするためには、電話なしで在籍確認ができる金融会社を選び、借入希望額を少なく申請することが非常に重要なポイントになります。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 原則、収入証明も印鑑も不要
    ※収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証
    (お持ちでない方は健康保険証など)
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

チカミチでよく検索される言葉
お金 借りる 即日 審査なし/お金借りたい 審査通らない/少額 融資 審査 なし/お金借りる 審査通らない/お金 借りる 即日 電話なし/お金 借りる 審査 甘い/即金 審査 なし/カードローン 審査なし 無職/審査に 落ちない カードローン

即日OK?お金を借りるために必要な準備を解説しました

即日融資の即日とは?即日でお金が必要な理由

お金はどのような時に必要になるでしょうか。どれだけ考えて使っていても急な出費が重なれば貯金を超えたお金が必要になってしまいます。

お金が足りなくなったら、稼ぐか借りるしかありません。

しかし、仕事で稼ぐなら給料として入金されるのは月末になってしまいます。

住宅ローンや自動車ローン以外は当日から数日中の短期間でお金を準備しなければならないことが多いので月末まで待っていられないのではないでしょうか。

必要なときにすぐに融資の対応ができる金融会社はどんなところでしょうか。

即日の基準

即日融資の即日とは、主に当日のことを言いますが、融資の場合は銀行や消費者金融の言う即日と利用者側が想像している即日には若干の認識相違があることが多いようです。

その結果、希望したタイミングで融資を受けられなかったり、準備不足で審査に落ちてしまうということが発生します。

利用者側の即日

利用する側が考える即日は、当日中全てを言うことが一般的です。

お金が必要な時に融資を申込んだらすぐにお金を借りることができる状態を求めています。

金融会社側の即日

各金融会社には営業日や営業時間の他に審査対応時間が設定されています。

したがって、各金融会社ともに審査と契約が完了していることが前提の融資可能時間が即日であると認識しています。

このように、若干のズレがあることを理解しておかなければお金を借りるタイミングを間違えてしまうかもしれません。

即日が必要な理由

事故や入院のように、いつ遭遇するかわからない突発的なことがあればお金の管理が崩れてしまうことがあります。

特に、事故の場合は加害者になることも考えられるので備えは考えておかなければなりません。

最近では、自転車事故のように無保険の加害者になってしまったり、何らかのトラブルが原因で示談金を支払わなければならないときには支払日までの期日が決まっていることも多々あります。

金策を試したけど足りない場合には、ギリギリでお金を借りるという選択をすることもあるでしょう。

そのような理由から、即日融資ができる消費者金融は重宝されています。

即日融資が可能な金融とは

いま、即日融資ができるのは消費者金融だけです。

その中でもシステムの整備が進んでいる大手が最も幅広い時間で当日対応ができます。

以前は銀行も即日対応のカードローンを扱っていて、総量規制の対象外や金利が低さから消費者金融以上に簡単に借りれて人気でした。

しかし、簡単に借りれる一方で、返済能力以上の借入をしてしまうローン破綻者が増加するなど問題が多く発生したため金融庁から改善指導を受けることになり、銀行は自主規制で即日融資をやめ、審査に数日から1週間程度の時間をかけるようになりました。

お金を借りる方法と借りるまでにかかる時間

お金を借りるときは、借りる方法以上に借りるまでの時間が重要になることがあります。

「どこで借りるか」だけでなく、「どのように借りるか」の選び方次第で今後の人生が大きく変わってしまう可能性があることに留意しなければなりません。

このように、今後を左右するような最重要項目は、人からの情報でも一旦落ち着いて検討する時間を持つのが理想的です。

借り方と所要時間の一覧表

銀行カードローン 消費者金融 クレジットカード
キャッシング枠
所要時間 最短翌日〜1週間程度 最短60分程度 事前に契約が必要
上限金利 最大14%台 最大18.0% 最大18.0%
申込方法 WEB申込み
店舗申込み等
WEB申込み
店頭申込み
無人機申込み
事前にキャッシング枠を設定する

銀行カードローンで借りるなら

銀行カードローンを選ぶ最大のメリットは、上限金利が最も低いことです。

年率14%台に抑えることができるので消費者金融よりも金利分だけで4%程度節約することができます。

一方で、銀行は即日融資の対応ができないので当日中の融資を希望する場合は必然的に消費者金融かクレジットカードのキャッシングを選ばなければなりません。

消費者金融で借りるなら

消費者金融の最大のメリットは即日融資ができることです。

金利が最大18.0%になっているものの初回借入30日間利息0円サービスを利用すれば銀行カードローンとの金利差を少し埋めることができます。

クレジットカードで借りるなら

クレジットカードには通常の買い物などで使用するクレジットカード機能の他に、キャッシング枠があります。

キャッシング枠を利用するためには各クレジットカード会社のマイページなどで事前設定が必要になります。

キャッシング枠を利用するには、金額に応じた審査もあるので最初は10万円程度の少額に設定しておいて30万円から50万円程度まで徐々に枠を拡大していくのがおすすめの方法です。

事前に枠の設定と審査が通っていればコンビニATMなどで現金を引き出すことができるようになりますが、クレジットカードキャッシングの場合、金利は消費者金融と同じく上限金利の18.0%に設定されていることが多いようです。

時間で選ぶなら金利は犠牲になる

借りるまでの時間に余裕が無い場合は即日融資ができる消費者金融一択になります。

もちろん、既にクレジットカードを持っていてキャッシング枠が確保されているならばそちらを利用したほうが確実に早く現金を受け取ることができますが、その代わりに金利が3~4%高くなるので一定の犠牲を払わなければなりません。

しかし、現実には金利よりも時間が大切なことが多いので、そんなときのためにもクレジットカードの1枚ぐらいはキャッシング枠を作っておいた方が良いでしょう。

できればある程度の収入があり、安定している時に枠を広げておくことがおすすめです。

即日の融資が必要な人が借りる方法

即日の融資が必要な人は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するか、消費者金融で借りるのが一般的な選択肢です。

クレジットカードの場合、キャッシング枠の設定をしていなければ審査に時間がかかるので当日中に利用することができません。

利用者側にとって、精神的な抵抗感が一番強いのが消費者金融の利用ですが、何もない状態からお金を借りるなら最も便利なのも消費者金融です。

消費者金融を選ぶ理由

お金が足りなくなった時に消費者金融の利用が最も向いているのは「初めてお金を借りようとしている会社員」です。

会社員は通常、安定した収入が毎月あるので金融会社が設定している融資条件に適合します。

また、大手消費者金融の場合は、初回の借入に対する利息を30日間0円にしていることも多いので金利で選んでも特段の損になるとは言えません。

大切なのは、

「いつでもどこでも借りれる消費者金融を選ぶ」

「自分自身がいつでも借りれる状態である」

この2つです。

各社おすすめのお金の借り方

正規に登録されている貸金業者は令和元年10月時点で全国に1675事業者ありますが、年々減少傾向にあり10年前に比べると5分の1以下になっています。

これらの業者は大手だけでなく、各都道府県の地域で探せば地域に馴染みの深い業者もたくさんいることでしょう。

すぐにお金を借りなければならないとき、まず選ぶべき業者は大手がおすすめです。

理由としては、最近の大手金融業者も企業としての信頼性と価値を高めるためにコンプライアンスを強化しているので違法行為やグレーな行動はできません。

更に、大手の資金力をいかして仕組みのシステム化が進み効率的で早い審査が実現できるようになりスピード融資に繋がっています。

ポイントは 融資のスピード 企業の信用力 おすすめの大手は次の2社です。

審査が早い理由

消費者金融大手は、過去の実績と上場企業の資金力をもとに、融資の仕組みを作り上げてきました。

審査はWEBでできるようになり、自動審査で基本的な条件フィルターに通過した人が本審査に進みます。

収入や年齢、職業、借入総額に問題がある場合はこの時点で審査落ちに振り分けられます。

WEB化や自動化が進み、更に銀行グループなどのネットワークを活用した融資体制が整っていることが審査を60分程度で完了できる最大の理由です。

審査が長引いてしまう事例

自動化により高速化した融資の審査においても、どうしても審査が遅くなってしまうことがあります。

審査が遅くなってしまう理由は、提出書類が揃えられない場合や、不備がある場合、最も大きいのは在籍確認ができない場合です。

通常、在籍確認は電話で行われます。 担当オペレーターが借入希望者が記載した勤務先に直接電話連絡して本人が会社に所属しているかを確認します。

この時に、会社側の対応ができないことも多いようです。

勤務先が休業日で誰も連絡に対応できなければ審査が停滞してしまうことになります。

即日の融資が不要な人の借り方

お金が必要になるまで数日以上の時間が残されている場合は銀行カードローンを選択できます。

銀行カードローンは即日融資ができない代わりに金利が消費者金融よりも4%前後低く設定されているので、返済総額を考えると消費者金融よりも優位であることが多いです。

特に、借入金額が大きい場合などは少しでも金利が低い方が返済総額が少なくて済むので重要な要素であることに違いはありません。

更に、借り入れる金額により段階的に金利が下がっていくので一覧を確認して検討するのも良いでしょう。

銀行系カードローンを選ぶ理由

銀行系カードローンが選ばれる理由は借り易さです。金利が消費者金融よりも低いことに加えて、銀行の知名度や安心感といったものが大きな強みになっています。

金融再編の流れで、大手銀行は同じ銀行グループに消費者金融を加えました。

銀行カードローンも入口が違うだけで、実質的に中身で使っているものは消費者金融です。

例えば、三菱UFJ銀行のMUFGグループにはアコムが入っていて、三井住友銀行のSMBCグループにはプロミスとSMBCモビットが入っています。

更に、新生銀行の新生銀行グループにはレイクALSAが入っています。

消費者金融大手のなかで、銀行グループに所属していないのはアイフルのみです。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは、上限金利が低く更に借入金額に応じて段階的に金利も低くなります。

同じグループの銀行口座を持っていれば、契約のときに使うことができたりATMが利用しやすいこと、時々金利割引などのキャンペーンの案内が来ることなどがあげられます。

楽天銀行のように、別サービスの利用状況によって決まるステージごとにそれぞれのサービスに特典を設定する場合があることも特徴です。

カードローンは銀行が特に力を入れて集客している事業なので、利用者側もこれらのメリットを上手に探して最大限活用しながらお金を借りることができると銀行カードローンの最も賢い使い方です。

更に、銀行は実は総量規制の対象外であることも一つの特徴です。

総量規制の対象外なので、収入の3分の1以上の借入も理論上は可能です。

しかし、銀行側も消費者金融同等の自主規制を行っていることから返済能力以上の融資は控える傾向があるため審査には実質影響がないとも判断できます。

最短よりも金利で選び方の優位性とは

お金を借りるときの選び方として、即日という早さを重視するよりも金利を重視して選ぶ場合は銀行カードローンを選択するのがよいでしょう。

借入金額が大きい場合や、長期間の返済を計画する場合には金利が大きな影響を与えます。

逆に、1か月〜3か月程度の短期間で返済する場合や借入金額が少ない場合は金利の影響はそれほど大きいとは言えません。

50万円程度の借入の場合であれば、早さを重視しても問題ないでしょう。

早さで選ぶ場合の優位性

早さで選ぶなら即日融資ができる消費者金融が圧倒的に優位です。

大手消費者金融の審査は最短60分に対して、銀行カードローンの審査結果の連絡は翌日です。

審査実施時間以降、例えば21時半に銀行カードローンを申込んだ場合審査実施日の翌日を飛ばした2日後が最短になる可能性があります。

したがって、最短で借り先を探すなら消費者金融の大手がおすすめです。

金利で選ぶ場合の優位性

金利で借り先を選ぶ場合は、銀行カードローンが優位です。

特に借入金額が高い場合や長期の返済計画を考える場合は少しでも金利は低いほうが良いので、なんとか金利を低くできる方法を追求することを考えましょう。

借入金額が50万円以上になるあたりから検討を始め、100万円以上になれば銀行カードローンで金利を抑える努力をするべきです。

キャンペーンを利用する

銀行カードローンは金利を割引くキャンペーンを実施することがあります。

銀行口座を持っている場合や、他のサービスと抱合せが条件になっていることが多々あります。

逆に、銀行カードローンを利用することによってグループ内の他サービスに特典が付くものもあります。

単純な金利だけでなく、キャンペーンが頻繁に行われているローンサービスを選択することも一つの手段といえます。

30日間利息0円で借りる条件

大手の消費者金融は、はじめて借入を利用する人に対して30日間利息を0円にするサービスを行っています。

このサービスを利用すれば、翌月給料で完済を考えている場合や、銀行カードローンと迷っている時の決断材料として使うことができるはずです。

利息の金額は返済計画によって変わるので一概にどれが絶対に得かは言えませんので、個別にシミュレーションや返済計画表で銀行と消費者金融を見比べて総合的に損しない方を選べばよいのではないでしょうか。

信用情報で借りれる業者が変わる

銀行カードローンも消費者金融も、お金を借りるためには信用情報が最も重要です。

信用情報がきれいな人ほど信用力が高いと判断されるので安心できるサービスでお金を借りることができます。

逆に、信用情報の状態が悪ければ貸してくれる会社の数が大幅に減るだけでなく、業者の規模が小さくなるので銀行や大手と比較すると企業の信用力や安心感が低い業者でしか借りれなくなっていきます。

信用情報の確認には、CICやJICCなどの信用情報機関で照会できる個人の借入及び返済状況の一覧が用いられます。

個人で取り寄せることもできるので、お金を借りたいと思った時にはまず自分で調べてみることもおすすめの審査対策です。

お金を借りる構図とは

審査落ちを経験したことがある場合や、他に借金があるなど審査に不利な材料が有る場合、「どこでお金を借りるか」以上に、「どこならお金を貸してくれるか」が重要になります。

安定収入がある会社員で、他に借入がければ大手で借りれますが、延滞や破産の経験があるブラックリストの人は正規貸金業者からは借りれないので貸してくれるところを探すのはかなり厳しくなってしまいます。

正規貸金業者で借りれる人

正規貸金業者とは、金融庁に登録された貸金業を営む会社です。金融庁などの指導監視のもとルールを遵守することが義務付けられているので安心してお金を借りることができる会社と言えるでしょう。

貸金業法や総量規制といったルールに則った運営がされるので、借り主の方も条件に適合しなければ融資を受けることができません。

したがって、正規貸金業者でお金を借りれる人とは、安定収入がある仕事をしており借入総額が年収の3分の1以下、更にブラックリストに入っていない人です。

大手消費者金融

大手は最も審査が厳しい部類に入ります。 最初の審査は自動審査で行われるため、大手各社が設定している除外フィルターすべてを通過できる人でなければ通りません。

過去に返済事故などを起こしておらず、安定収入がある非雇用者で他社借入が無いか少ない人が審査に通る可能性が高いでしょう。

勤務先が上場企業などの場合は、個人の信用力にプラスされていると考えられるので審査の時には少々有利に働くようです。

中小消費者金融

基本的には大手の審査に通過できなかった人が中小を使います。

そもそも、中小も大手が審査で弾いた人で返済の見込みが有る人に対して融資することを生業としています。

大手のように自動フィルター審査の仕組みがないので、融資申請があればその都度審査を個別に実施します。

審査担当者が手作業で確認するため、過去に何か問題があった人でも、審査の結果、現在の返済能力があると判断された人ならば融資が可能になるケースがほとんどです。

WEB審査の仕組み等がない業者も多数あるので、申込みは電話や店頭を利用することが基本となるので借りに行く時には不便さを感じることもあるでしょう。

違法貸金業者でしか借りれない人

中小金融で借りれない人に対してお金を貸してくれる可能性があるのは闇金ぐらいです。

返済の見込みが無い人にお金を貸せるのはどうにかして回収できる自信があることの裏返しです。

ブラックリスト

過去に滞納や返済不能となりトラブルがあった場合は、金融機関はブラックリストとして信用情報を共有します。

正規の金融業者であれば返済能力に疑問がある人にはお金を貸すことができないので、ブラックリスト者はお金を借りることができません。

そんなときに最終的に行き着く可能性があるのが違法な貸金業者です。

一度、このような状況に陥った人は返済をするために新たな借金をするなど借金地獄にハマることが多いのでとても危険です。

借り過ぎ

総量規制の範囲を超えた借入を希望する人は正規の貸金業者から融資を受けることができません。

このような人の場合、一度に多額の借金を抱えたというよりも借金を返済するために他社で借金をして返してきた結果であることが多く既に破綻状態にある人です。

本来であれば借りれるところはありませんが、違法な金融業者であれば「その後」の対応も想定しての貸付を行う可能性があります。

闇金の客の拾い方

違法な貸金業者は通常の金融会社が貸すことができない人をターゲットにしています。

返済能力に見込みがなくても、本人だけでなく家族や職場、知り合いにまで取り立ての影響が出るなどトラブルは付き物です。

闇金が集客する方法は単純で、お金を借りれない状態の人に対して「私たちなら貸せます」と誘うことが一般的です。

審査なし

審査なしと宣伝すれば、他の金融会社の審査に落ちた人が集まるのは必然です。

審査なしを望む人はお金が必要な状況を自力で改善させることは難しく最終的にどこかでお金を借りることでしょう。

その場合の最終的な行き先が闇金です。

ブラックOK

ブラックOKと宣伝すれば、過去に何らかの金銭トラブルを起こした人にとって希望の光となり借りたい人が集まります。

しかし、このような人の場合、貸す側にも貸し倒れや逃亡リスクがあるのでそれに対応できるだけの手段があるということを言っているようなものです。

無職OK

無職も正規の金融業者からお金を借りることができないので違法業者のターゲットとなります。

無職でも金遣いが激しく状況の把握やお金の管理ができない人も多く居るのが実情なんです。

このような人は、本来であれば就職先を探して働き続けるだけで状況が改善しますが、一度無職に慣れてしまうと抜け出すことが難しいものです。

無職になったことがきっかけで、審査に通らない人になって行く傾向があります。

即日でお金を借りれない理由

お金を借りれる業者は信用情報によって変わりますが、正規の貸金業者でも即日でお金を借りれない場合があります。

審査が遅れてしまう主な原因は在籍確認ができないこと。

借入希望者側の工夫で解決できることが多いので、審査を申込むときは次の点に配慮しておくことをお勧めします。

土日祝の申込み

土日祝も審査は行われますが、申込者の勤務先が定休日の場合は、勤務先に電話連絡があっても対応されないままになってしまいます。

在籍確認ができなければ審査を進めることができないので中断する可能性が高まります。

勤務先が定休日の土日祝にお金を借りたければ電話連絡ではない在籍確認ができる会社を選ぶか、掛かってくる電話に出るために会社で留守番をするなどの方法でかいけつすることができます。

営業時間外の申込み

土日祝と同様に、勤務先の営業時間が終了している場合も会社側の人が確認電話を受けることができないので審査が中断します。

金融機関の審査は21時が最終ですが、勤務先がそれ以前に完全退勤になる場合には要注意です。

審査のことを考えると、金融業者からの連絡に対応できる営業時間中に申込むのがベストでしょう。

会社休業日の申込み

美容師や住宅販売、自動車販売の仕事をしている人は平日が休みになっているため、店舗定休日の在籍確認対応が難しくなります。

その他、年末年始だけでなく社員研修などで全員が留守にする場合も気を付けなければなりません。

どうしても必要な場合は、対応できるように留守番を立てるなど工夫することも手段の一つです。

自営業者の申込み

自営業者が即日融資を希望するなら在籍確認の連絡先は自宅の固定電話になる可能性があります。

最近は固定電話を持たずに自営をする人も増えているのでどこに金融会社から電話があるかをチェックしておいても良いのではないでしょうか。

予め、固定電話がないことを担当者に伝えておくか、携帯電話で対応できるところを探すのが良いでしょう。

自宅の固定電話に連絡がある場合は、他の人が在籍確認の電話に出てしまえば借金をしたことを家族にバレてしまう可能性がある点には要注意です。

業者以外から即日で借りる方法

どうしても即日の融資が必要なのに消費者金融からお金を借りれなかったら他の手段を考えなければなりません。

お金を借りるための一般的な方法は、銀行や消費者金融以外であれば個人から借りることになります。

個人から借りる方法も予防的な状況で借りるのか、緊迫した状況で借りるかで大きな違いがあることを知っておいても良いでしょう。

業者以外からお金を借りる理由

貸金業者以外からお金を借りるときには一定の事情が存在します。

ひとつ目は、貸金業者からお金を借りれなかった場合。

ふたつ目は、貸金業者からお金を借りるのが嫌だった場合。

大手消費者金融でも銀行でも借金をすることへの精神的な抵抗感が強いのは日本人の性質です。

住宅ローンや自動車ローンも借金ですが、こちらは一般化されていて利用への抵抗は弱いようです。

借金の経験者でなければ、普通は消費者金融やカードローンという言葉を聞くだけで怖いと感じるのではないでしょうか。

そうした気持ちになるのを避けてるために行われているのが家族や親族、友人にお金を借りるという方法です。

これは日本人特有の「困っている人は助けなければならない」という気持ちや、「同情」を引き出すので比較的借りやすい相手です。

業者と個人の優先順位とリスクとは

金融業者と身内のどちらからお金を借りるのが良いのかを判断するなら、それぞれのリスクを考えて決めるのがよいのではないでしょうか。

そのためには、借金への潜在的な恐怖感と身内の人に頼んだ場合の今後の関係を天秤にかけることになります。

家族・親族に借りる

お金に困っている場合、最も事情を話しやすいのが家族です。 親や親戚などは最終的に味方になってくれやすく、何かと助けてもらえる存在です。

頼み方

家族への頼み方1:「生活費に困っています」
家族への頼み方2:「家を買うので援助してください」

頼むことのリスク

家族や親族などの身内に頼んだ場合にも一定のリスクは存在します。

家族リスク:家族もお金に余裕がない
親族リスク:当人以外の感情

友人に借りる

家族に話せない事情でお金が必要になった場合や、信頼できる人がいる場合はお金を借りる相手として選択肢に入ります。

頼み方

友人への頼み方1:「事業の資金を助けてくれませんか」
友人への頼み方2:「家族には言えない事情でお金が必要です」

頼むことのリスク

友人にお金を借りようとした場合のリスクは比較的高いものとなります。

友人リスク1:絶縁のきっかけとなる
友人リスク2:状況が変わった時に豹変する

特に、あとになってからトラブルになることが多いのがこの方法です。

頼む時には、その友人を失くす可能性もあるということを理解しておかなければなりません。

個人間融資

個人間融資は、身内や友人などの知り合いではなく、不特定の中から貸してくれる人を自分で探す方法です。

主にSNSで頻繁に行われている方法ですが、犯罪被害にあうリスクが高いことが特徴です。

頼み方

Twitterにて:#援助、#個人間融資、#ひととき

など、お金が必要なことを暗示する文章と、上記のようなハッシュタグをつけて投稿すると融資をしたい人からDMが来ます。

基本的には、下心を持った男性が援助を申し出る仕組みですので、女性が借りる側になります。

頼むことのリスク

違法な取引や、犯罪被害への入口となることが多々あります。

ブラックギリギリのグレーな契約取引なので、性犯罪や脅迫などのトラブル以外にも、詐欺や違法金利での貸付が横行していて利用には高いリスクを伴います。

詳細記事
手を出せば人生終了?今流行の個人間融資が危ない理由

即日にお金を借りるための手順

最終的に、即日で融資を希望する人は次の手順が最適です。

借りたい人の状況次第で借りれるまでの最短ルートが違うので状況に合った選択をすることが求められます。

借りれない人

次の人は、基本的に金融会社からお金を借りることはできません。

  1. 無職
  2. ブラックリスト
  3. 借り過ぎ(年収の1/3以上の借金)

何らかの対策をしてから再度申込み方法を検討してください。

詳細記事
カードローン審査が通らない理由と対策

会社員の借り方

会社員は、安定した収入があるので信用情報に問題がなければ比較的借りやすい条件が揃っています。

会社員が即日でお金を借りるための最短手順は次の通りです。

  1. 大手消費者金融のWEB申込みを利用する
    (※プロミスまたはSMBCモビットがおすすめ)
  2. 在籍確認の方法を確認し、書類のみで対応できるところを選ぶ
    (※社会保険証の提出などで代用できる)
  3. 公式WEBページから審査を申込む
    (※審査実施時間内に申込むこと)
  4. 契約して、融資を受ける
  5. コンビニATMなどで現金を引き出す

早ければ、ここまで90分ぐらいで完了します。

即日融資を望む場合は、事前に提出書類を揃えた状態にしてプロミスまたはSMBCモビットに審査申込みすることがお金を借りるための最短ルートです。

専業主婦の借り方

専業主婦は無職と同じなので基本的にお金を借りることはできません。

一部の銀行カードローンでは、配偶者貸付を実施しており夫の信用情報を元にお金を借りれる可能性があります。

専業主婦が単独で即日融資を受けるなら次のことが必要です。

  1. 就職して収入を得る
    (※正社員、パートでもOK)
  2. 3か月程度継続する
  3. 大手消費者金融のWEB申込みを利用する
    (※プロミスまたはSMBCモビットがおすすめ)
  4. 在籍確認の方法を確認し、書類のみで対応できるところを選ぶ
    (※社会保険証の提出などで代用できる)
  5. 公式WEBページから審査を申込む
    (※審査実施時間内に申込むこと)
  6. 契約して、融資を受ける
  7. コンビニATMなどで現金を引き出す

ここまで、最低でも3か月程度必要になります。

一方、夫の了解を取り付けられる専業主婦の場合はもっと早く借りることができます。

  1. 専業主婦への貸付OKの銀行を探す
  2. 夫の了解を得る
  3. 銀行カードローンを申込む

この方法であれば、夫にバレるかわりに銀行カードローンを契約することができます。

ただし、夫の信用情報が傷ついていたり、審査が滞る原因があれば審査落ちになる可能性もあるので注意が必要です。

即日融資可能!おすすめの金融会社

借りるまでに必要なものや手続き手順についての詳細は以下の記事にまとめています。

各社それぞれ、必要な書類や手続きの順番が違うので、以下の「大手消費者金融の手続き方法」で紹介する記事を一読して自分にとって簡単そうなところで申込むのが良いと思います。

一括で特徴を確認したい場合は、審査が早いキャッシング特集をご確認ください。

大手消費者金融の手続き方法

  1. WEB完結なら電話連絡なしが可能なSMBCモビット。即日融資に必要な保証人や提出書類をまとめた
  2. アイフルで借りるには?申込みから借入までの流れ

絶対に借りれるカードローンに出会うための近道

カードローンを借りる場合、審査に通ればお金を借りることができます。
審査に落ちれば借りることができず、さらに落ちた理由も公開してもらうことはできません。
ここで諦めてしまえば、どこからも借りることができないままです。

もし事前に審査に落ちる原因を知っていたなら、借りれたかもしれないと思いませんか?

では、その肝心な審査は「何を基準に判断されている」のでしょうか?
そこを考えていくことで、審査に落ちる原因を推測することできます。

この記事でわかること
  • カードローンに落ちる理由
  • カードローンに通りやすくなるための具体的な対策

今から紹介する内容には、諦めてしまう前に借りれるようになるために自分で対応できることがあるはずです。審査に落ちる原因と通りやすくなる方法を知り、どこも審査に通らない状況から抜け出しましょう。

それが、絶対に借りれるカードローンに出会うための近道です。

カード審査が通らない3つの理由

お金がないときに誰にも迷惑を掛けず借りれるカードローンはとても便利です。急いでいれば「審査がなければもっと早く借りれるのに」と思う人もいるかもしれません。

しかし、貸す側からすると返済能力がない人に融資を行えば「貸し倒れ」になるリスクがあります。正規の金融機関で必ず審査があるのは金融業者が事前にリスクを回避するための手段の一つです。
逆に言えば、焦りから冷静な判断ができなくなっている状況の借り主が、返しきれない借金を背負わないためにも必要と言えます。

このことから、カードローン審査に通らない具体的な理由として、以下の3項目が考えられます。

  1. 返済のための収入に不安があると見なされる
  2. ブラック状態から返済能力に不安があると判断される
  3. 貸金業法が定める総量規制以上の借入が既にある

貸し倒れを防ぐには、融資をした後にお金がきちんと返せそうか?つまり、借り主の「返済能力」を判断しているということになります。

1.返済のための収入に不安があると見なされる

20歳未満または70歳以上である
無職(専業主婦含む)である

以上2点のどちらか1つでも該当する場合は、お金を借りることはできません。

返済するためには当然ながら、収入がなければお金を返すことができないからです。また、カードローンは一括返済ではなく長期間で少額ずつ返済できる点がメリットなので、一時収入ではなく「継続的に安定した収入」があることが重要だと判断されます。

そのため、年齢と就業状況に基準が設けられています

年齢と就業状況 就業中 無職
未成年 X X
20歳以上
※学生含む
X
主婦
※20歳以上
X

例えば、20歳以上の学生であれば長期アルバイトをしていれば申込むことができますが、正社員で働いていても未成年であれば残念ながら申込み時点で断られてしまいます。
主婦の方であれば、アルバイトやパートなどで収入がある場合は申込みができますが、専業主婦つまり無収入であれば申込めない、と言った具合です。

2.ブラック状態から返済能力に不安があると判断される

5年以内に長期延滞があった
カードローンを6か月以内に何社も申込んだ
クレジットカードを6か月以内に複数作った

この項目に当てはまると、審査に通らない可能性が高まります。

なぜかと言うと、カードローン審査では必ず信用情報が審査の判断材料として使用され、信用情報の中に記録されている事故情報も影響するからです。事故情報には保存期間があるため、いくら申込みをしても事故情報が残っている間は審査に通らない可能性が高いと言えます。

※信用情報とは?※
クレジットカードやローン、キャッシングなどの信用取引の利用履歴を信用情報と言います。
この信用情報はお金にまつわる「個人の信用力の証明」となるため、カードローン会社は信用情報を基に返済力を審査しています。

特に、長期延滞支払いができなかったという証明になってしまいます。致し方ない場合もあるので、1日遅れたけどすぐ振込んだという場合であれば過度に気にする必要はありません(私も恥ずかしながら、返済用の口座を間違えたことが1度あります)。

ですが、遅延がないに越したことはありませんし、返済していても毎回遅延であれば話は変わってきます。延滞の事実があるから今回も同じように延滞されるかもしれない、と貸主に不安を抱かせてしまいます

この延滞には携帯代の未払いも該当します。携帯代だからと軽い気持ちで支払いをうっかり忘れてしまうのは要注意です。

また、カードローンやクレジットなど信用取引の複数申込みは、お金に困っている人、審査に落ちる理由がすでにある人と判断されやすいので、必然的に審査が厳しくなり審査に通らない結果を招きます。

ブラック状態はカードローンだけでなく、住宅ローンなどの目的別ローンにも影響がある場合があります。いざマイホームを購入しようとした際に「まさかで住宅ローンに通らなかった…」との困った事態になる場合がありますので要注意なポイントです。

携帯代やクレジットカードも関係してるのは意外だと思うので、注意してください。

3.貸金業法が定める総量規制以上の借入が既にある

借入総額が年収の1/3以上ある

貸金業法という法律の中に総量規制というものがあります。これは「貸金業者からの借入総額は年収の1/3まで」と定めているものです。そのため、年齢や遅延などをしたことがなくとも、借入総額が総量規制を超えている場合はお金を借りることができません

例えば、多額の借金を抱えている友人から「絶対に返すからお金を貸してくれ」と言われても説得力がありませんよね。「本当に返せる…?(信じたいけど返せない可能性の方が高いよね)」と大半の方が思うでしょう。友人であればそれまでの信用関係がありますが、金融機関であればその信用関係すらありませんので判断基準が必要となります。

また、複数の借金があっても他社のカードローンを利用することは可能です。他社からの借入れがあるから必ず審査に落ちるということはありません。ですが、例えば20万ずつ5社から借りているとなれば総借入額は100万円になるように、借入先が多くなれば必ず総借入額も大きくなります。収入と借金のバランスを考慮して、返済能力を判断するための基準が「年収の1/3まで」ということです

絶対に借りれるようにするための対策

カードローンを絶対に借りるには、審査に落ちない状態であることが必須です。自分でできる重要な対策は信用情報から事故情報をなくすことです。

すでに審査に通らなかった場合は、別の申込みを行う前に信用情報を確認することでムダな審査落ちを防止することにつながります。(多重申込みの防止)信用情報は自分で開示することができるため、確認すれば事故情報の有無がわかります。

審査落ちを防ぐ対策①

信用情報がクリーンな状態、または回復した状態で申込む

信用情報の回復方法

審査落ちの対策になる信用情報が回復した状態とは、信用情報から事故情報が消えることです。

事故情報の保存期間が過ぎて信用情報がクリーンになれば、信用情報における審査に通らない理由を減らすことができます

以下の表が、事故情報が消えるまでの最長期間です。

登録事故情報 KSC CIC JICC
61日以上の長期延滞 5年 5年 1年
代位弁済 5年 5年 5年
契約解除 5年 5年 5年
多重申込 6か月 6か月 6か月
任意整理 5年
個人再生 10年 5年
自己破産 10年 5年 5年

※延滞解消後からの保存年数

保管期間が長いため、回避できるものは履歴が残らないようにしたいものです。

ですが、信用情報が回復すれば絶対に審査が通るようになるわけではありません。
なぜなら、カードローン会社も独自の審査基準や情報管理を行っているからです。

延滞を例に上げると…
数日遅れた程度であればいきなり信用情報がブラック入りすることはありませんが、カードローン会社では遅延として履歴管理をしている可能性があるといった具合です。

そのため、どうしても返済が遅れそうな時は、事前に電話で支払いの相談をするなど決して支払いを放置しないことも大切です。

信用情報の回復は、あくまで「審査落ち対策の1つ」ですが、クリーンにしておいて損はありません。

審査落ちを防ぐ対策②
  • まずは、事故情報が残らないようにする
  • 事故情報が記録されている場合は、できるだけ信用情報の回復を待つ

6か月が申込みブラックの回復目安

お金を借りたい時、焦りから短期間で複数のカードローン申込みを重ねると、申込みブラック(多重申込み)の判断をされ、さらに状況を悪化させてしてしまう場合があります

申込みブラックになり1社で審査が通らなければ、当然他社での審査も厳しくなります
なぜこのような仕組みかと言うと、お金を借りる際に多重債務を回避するためです。

また、ここで要注意なことがもう1点あります。

クレジットカードも関係アリ?!

申込みブラックはカードローンだけではなく、実はクレジットカードの申込み数も関係してきます

クレジットカードには魅力的な入会特典がたくさんありますよね。ですが、クレジットカードも信用取引なので、信用情報に申込み記録が残ります

そのため一気にたくさん作ってしまうと、知らない間に申込みブラック状態になっている…ということがあります。

作るのは問題ないのですが「短期間に複数枚の作成」は要注意です。

回復期間中にする具体的な対策

審査基準はカードローン会社次第ですが、すでに申込みブラックになっている場合は、残念ながら申込み履歴の保存期間である6か月間は審査通過が難しいと考えられます。

そうなるとできる対策は、以下の2点を6か月間継続して信用情報を回復させましょう。

  • ローンやクレジットを申込まない
  • リボ払いの利用や返済遅延をしない

そうすると審査に通る可能性を上げることができるので、審査通過の近道になります。

また、リボ払いについてです。リボ払いはとても便利ですが、つい使い過ぎてしまう傾向があり、返済トラブルになる人が非常に多いのも事実です。
そのため、リボ払いを多用しすぎていると審査に影響することがあります

これを知っていれば普段からカードを作りすぎないよう自分で対策でき、いざお金を借りるとなった時に困りません。

審査落ちを防ぐ対策③
  • 審査に通らなかった場合、6か月間は新たにカードやローンを申込まない
  • リボ払いはできるだけ控える

6か月も待てない!という方もおられると思うので、日頃からカードの作りすぎには注意してください。

不要なクレジットカードは解約する

現在、使用していないクレジットカードがあれば解約することも信用情報の回復につながります。

特にキャッシング付きのクレジットカードは、持っているだけでいつでもお金を引き出せる状態であるため、借入総額に考慮される場合があるからです。

審査落ちを防ぐ対策④

不要なクレジットカードを解約する

年会費がかかるクレカもあるので、この際に見直しましょう!

絶対に借りれるカードローンのまとめ

カードローン審査に通らない原因、そして自分でできる借りれるための対策を解説しました。

カードローンは信用取引という個人の信用力でお金を借りるサービスです。

そのため、普段耳にしない信用情報や一見カードローン審査とは関係なさそうなクレジットカード、リボ払いなど、さまざまなことが影響しています。

知っているか、知っていないか。

それだけで自分ができる対策がありますので、役立ちそうならうれしいです。

絶対に借りれるカードローン対策
  • 信用情報に事故情報が残らないようにする
  • 事故情報があれば回復を待つ
  • 審査に落ちたら6か月間はカードやローンを申込まない
  • リボ払いは控える
  • 不要なクレジットカードは解約する

借りれるための対策をした後に重要なのは、借入先です。最後に、私が実際に融資してもらった安心できるおすすめカードローンもお伝えしておきます。

借入は大手カードローンが安心

お金を借りる際、返済能力以上にならないために法律に基づいたキャッシングを選択することも重要になります。正規の消費者金融の中でも利便性が高く安心感もあるのは、やはり大手消費者金融です。

出金の利便性だけでなく、WEB申込み後に電話で優先希望を伝えるとアイフルのように審査を優先してくれる会社や、電話確認が億劫な方向けにSMBCモビットだとWEB完結だと電話連絡なしで審査が可能な申込み方法があったりと、各社それぞれに借入までのサービスが手厚いことも特徴です。

「借りたお金を返済できるのだろうか」と金融機関に不安を与えないことが、絶対借りれるカードローンに出会うための近道です。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 原則、収入証明も印鑑も不要
    ※収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証
    (お持ちでない方は健康保険証など)
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

お金がない…

慢性的にお金がない理由

お金はどれだけあっても足りないものですが、慢性的にお金がない人と一時的にお金がない人では決定的に違うのがお金の使い方です。

お金の不足には、イベントが重なりやすい年末年始などの一時的な不足と、ローンや生活費の支払いなどに毎月追われる慢性的な不足があります。

使い方に関して言えば、慢性的にお金がない人は一時的にお金がない人に比べてお金の感覚にルーズな側面があります。

毎月、なぜか給料日前にお金がない状態になっていれば、慢性的にお金がない状態です。

慢性的にお金がない状態を招く主な原因は、次のいずれかであることが多いようです。

  1. 収入の不足
  2. 支払い能力を超えた住宅ローンや家賃
  3. 子供費用の高騰
  4. 食費が多い
  5. 遊興費関連を使い過ぎ

このような状態にある場合、家計の構造を見直すなど大幅な対策を検討しなければなりません。お金がない状態を解決するためには、生活自体を収入に見合ったものに合わせるか、十分なお金を得られるように収入を増やすしかありません。

慢性的に金欠状態が続いている人は、抜本的な改善をする前に安易に消費者金融に手を出すべきではありません。その状態でキャッシングやカードローンを使ってしまえば、既存のローンや固定費支払いだけでなく新たに借りるキャッシングやカードローンも返済が苦しくなり破綻に近付いてしまいます。

お金がないとはじまらない

何か新しいことを計画したときに最初の壁になりやすいのが、お金がないとはじまらないということ。家計も仕事も同じで、何かをはじめるためには必ず手元に使えるお金があることが重要です。

定期預金や国債などは、解約するために時間や手数料がかかってしまうのですぐに使えるお金とは言えません。

大切なのは、預金口座に現金が入っていること。
もちろん、クレジットカードも上限額まで使うことができますが、支払い時期にお金がなければカード支払いも延滞してしまいうので信用情報を大きく傷つけてしまいます。

したがって、支払いに影響がない金額は、払える形で確保しておく必要があります。

どうしよう

お金が厳しいとき
嬉しいけど困るのは…

家族や交際相手ができると出費は増えること。

お金がないときに付き合いが増えてしまうと、出費が嵩み金銭面で苦労することが多くなってしまいます。最もお金がかからないのは、費用が発生するところには行かず一人で過ごすことです。

寂しいですが、慣れれば逆に楽と言う人もいるほどです。

切羽詰まっているのに強気でお金を使える人は、自己啓発本を勘違いしたか人か無謀な人です。

自己啓発本や成功者の執筆本にはこのような言葉が並びます。

  • お金を増やすならどんどん使いなさい
  • すすんで借金をしなさい

お金に悩んでいるときにこのような話を知っていると、都合の良い言葉だけが記憶から拾われて実行してしまいます。

おそらく、そのような言葉の周囲には、「どう使うか」や、「借金していいものと悪いもの」まで書いてあるはずですが…

記憶が抜けてしまうことが多いようです。

お金がない時こそ必要なこと

お金がない時こそ必要なのが、お金を確保するために働く意欲と体力。また、精神的にも辛くなることが想定されるので、状況に耐えられるメンタルも必要と言えるでしょう。

予めわかっている場合の一番の改善方法は、ダブルワークや副業で収入を増やすことなので意欲や体力はどうしても必要です。

ダブルワークは、時間をお金に変えるだけなので誰でも始められる一番確実な方法ですが、普段の仕事に加えて別の仕事をするのはしんどいので踏み出すまでにはある程度の覚悟が必要です。

大切なのは、「お金がない」や「お金が足りない」状態になることをどれだけ早く気付けるかにかかっていることです。

早ければ早いほど、余裕を持てるので緩やかにお金を稼ぐことができるようになります。

社会人が一番お金がない時とは

社会人になると仕事関係の付き合いが増えてしまいます。なぜか、日本のサラリーマンのコミュニケーションは飲み会と昔から決まっていて様々な理由付けで飲み会が開催される会社がたくさんあります。

この、おかしなサラリーマン風習の象徴とも言える飲みニケーションは強制参加が多いだけではなく自腹での支払い当然のように発生します。

楽しくもない会に無理やり参加させられただけでなく、「食べる」「飲む」「話す」のすべてに形式的な配慮が必要。パワハラ、セクハラが蔓延し、熱血社員の演説を聞かされ、宴会芸のネタ探しに時間を割かなければならない。そして最後には会費と言う名目の罰金まで徴収され…

お金が飛んでいく…

頻繁に強制参加の飲み会があれば貯金や生活費の部分を削らなければ回らないということも発生してしまいます。

1年の中では、接待や社内の飲み会が増える年末は社会人にとって一番お金がない時です。

お金がない社会人の特徴

お金がない社会人、特にサラリーマンはなんとなく見た目にも現れます。身の周りの清楚感が著しく劣ればお金がないと見られても文句は言えません。

偏見ですが、お金がない人に見える代表例は次の通り。

  1. キレやすい人
  2. 電車内でビールやチューハイを飲んでいる人
  3. 臭い人
  4. 不自然な見栄っ張り

更に、男性ではダボダボスーツ、女性はプリン頭や安物の高級ブランドのコピーデザインの服や靴を見るとお金がないそれ相応の人に見えてしまいますね。

お金の余裕=心の余裕
心の余裕=清楚感

社会人はすべて自己管理なので、余裕がない部分は明確に外に現れます。

普通の人や知性のあるお金持ちはどんな感じなのだろうと自分の知っている範囲でイメージしてみるのも面白いのではないでしょうか。

お金がない人の特徴に当てはまる人との付き合いが増えてしまうと、自分もそうなりやすくなってしまう負の連鎖は存在するので注意が必要です。

お金がない時の乗り切り方

社会人が本当にお金がない時に状況を改善する方法は、稼ぐか借りるの2択です。しかし、稼ぐにはある程度の時間的な余裕が必要なので、会社員なら総合的に見てカードローンなどで借りるという選択をしても良いときがあります。

毎月の給料収入があれば借りても返せる見込みがあるので、問題の早期解決のためにお金を借りることを検討することも可能です。

逆に、稼いだり借りることが無理な人にとって、お金がない時の乗り切り方は節約しかありません。

可能な限りお金が掛かるものを削り、固定費も収入に見合わないものは解約したり借り換えるなどして支払いを軽減していけばなんとか延命を続けることが可能です。

その場合、理想の生活から離れ、今の生活レベルも落とさなければならないので抵抗があるはずです。更に家族が居れば強い反発や反対に遭いどうにもならなくなるかもしれません。

理解が無ければ別離の話になることもあるでしょう。
お金が詰んだときは、人生の転機の代表的なものです。

一度壊れてしまったとしても、これをうまく乗り切ることができれば新たなスタートが明るいものになります。

お金がない時に起きる問題の多くは心の余裕がなくなった時に起きる身近な人との衝突です。
家族が居れば、家族全体が余裕がない状態になっているので、些細なことでも崩れる原因となりかねません。

お金がない人が心の余裕を持つために、おすすめの方法があります。

それは、自分がお金を借りれるかどうかを一度確認しておくことです。

給料収入があり、他に借金がない会社員は比較的借りやすいので、審査だけ通しておいて必要になったときに借りれる状態を作っておくことができれば理想的です。

家族や身近な人との関係を壊して無くしてしまう前に、少しでも心にゆとりを持てるように一度アイフルの審査を試してください。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。

チカミチでよく検索される言葉
慢性的にお金がない/お金がない 借金/お金がない時の乗り切り方/お金がない どうしよう/とにかく お金 が ない/本当にお金がない 借りれない/お金がない時こそ/社会人 お金がない時/お金がない時 アプリ

お金を借りるなら…

口コミを信じない

どこでお金を借りるのが良いかを探すために口コミを検索していませんか?

口コミは体験者の言葉が書いてあると信じている人も多いと思いますが実態は違います。最近はAmazonや楽天などの偽レビューが話題になりましたがこれは口コミ全体に言えることです。

いまや口コミやレビューは販売者にとってお金やアクセス数を稼ぐための一つの手法でしかありません。

星4や星5の評価をたくさん投稿しておくことで多くの人がそれが本当の評価として参考にします。あまりにも良い評価に偏っているのは不自然なので星2程度のレビューを少しだけ混ぜることで不自然さを軽減しています。

類似商品が多いものほどレビューが多いと思いませんか?これは、口コミを見て決める人が増えたことを利用しているためです。

評価が高いレビューが多いほど良い商品であると思い込んで購入する人が増えますが、実は販売者の自作自演のステマです。

しかし最近になって、口コミやレビューを見て購入を決める人が激増しています。

なぜ口コミに依存し、騙されるのか?

それは、「自分で調べることをしなくなったから」です。

調べたり考えたりする手間を省いて、人が言うままに決断する人が増えた結果、偽レビューも更に増え、騙される人も増る結果となりました。

お金を借りるところを探すときも同じで、いろんなサイトにとりあえず掲載されたいる口コミをアテにするべきではありません。

お金を借りるなら、閲覧しているサイトの詳細を確認しましょう。

  1. サイト独自の要点説明を読む
  2. 審査をclickし進む(公式へ移動)
  3. 公式サイトで気になる点を確認する
  4. 申込みに進む

このような手順で進むのが正解です。

色々なサイトがありますが、書いてある説明はほぼ同じ内容なので一通り確認した後に公式サイトで気になる点が理解できる記載を読んでから審査に進むようにします。

実は、公式サイトの記載をじっくり読むだけで4つ以上のサイトを見るのと同じぐらいの情報が得られるので、判断するのに十分な情報を得ることができます。

知恵袋に頼らない

口コミのほか、ヤフー知恵袋に質問を投稿することによって経験者から詳しく教えて貰うという方法があります。

メリットは、自分の知りたいことを聞くことができるので、口コミのようにステマだらけにならないことです。しかし、デメリットも存在します。

知恵袋は知識の共有としてとても価値のあるツールですが、ざっくりと言えば暇潰しツールのようなものになっています。登場初期は有意義な知恵共有の場として使われていましたが、最近の用途目的は、自己満足とアンケート取りなっているのはお気付きですか?

例えば、
魚にかけるおすすめのソースはなんですか?

という質問を出しているのは実は飲食関係や食品メーカーということがあります。最近ではママブロガーやYoutuberのアイデア漁りの場としてマーケティング的に利用されているのが実態です。

その他にも、非現実的な出来事を投稿して注目を集めたうえで別サイトに誘導する人や、何気なくいろんなことを投稿して反応を楽しむ暇潰し的にコミュニケーションを目的とする人などがいます。

簡単なことであれば、適切な回答をすぐに貰うことができますが、すべてがそうなるとは限りません。ベストアンサー狙いでテキトーな回答がされてそのまま期限切れになってしまった投稿も無数にあります。

知恵袋の主目的は、アイデア探しや回答者の反応を掴むためのマーケティングの場でもあるので、投稿された回答を参考にしたい場合は注意すべき点があります。

それは、
人生を決めるような決定のために知恵袋を使わないこと。

お金や健康、人との交友に関することなどは特に注意が必要です。あくまで、興味本位で軽く使ってみる程度がちょうど良い使用方法です。

学生が借りれない理由

学生は学生ローンや奨学金以外の手段で金融会社からお金を借りれませんが、それには理由があります。

まずは、未成年であること。
金融各社は融資対象の年齢を20歳以上と規定しています。

もし、年齢規定がなく19歳以下でも借りれるような記載をしている金融会社があれば闇金であることを疑わなければなりません。

学生や未成年の頃からお金に困り、闇金に関わってしまうと以降の人生にとんでもない悪影響を及ぼすことが予測できるはずです。

では、未成年や学生がなぜ借りれないのでしょうか。
それは、社会責任能力と、知識や経験と判断能力の不足が理由です。

判断能力の不足について、ある研究結果からイメージができます。

OECD(経済開発協力機構)の生徒の学習到達度調査(PISA)の読解力の項目で、日本の15歳の読解力レベルはOECD加盟国中11位でした。(参考:国立教育政策研究所(OECD生徒の学習到達度調査)

このテストで、米国では15歳のうち事実と意見を区別できたのは全体の13.5%しかいなかった発表されているので、米国よりも順位が下に位置し、英国と同順位の日本は、英国同様11.5%程度と考えられます。

OECD全体の平均が9%であることを考えると、若干上回っていますが、日本の特徴として理解の平均ポイントが高いが、情報を探す能力、熟考し評価するポイントが年々下降しているので課題とされています。

2018年のPISAの結果からも日本人未成年は、情報を探す能力と正しさを判断する能力が不足しがちなので、借金などリスクが大きい契約や取引をすることは本人と融資側双方にとって不利益であり適当ではないと判断されていると考えることができます。

極甘審査ファイナンスを疑う理由

借りるときの審査に通りにくい人、繰り返し落ちてしまった人は一般的な大手消費者金融で借りることを諦めてしまい、極甘審査ファイナンスの利用を検討します。

ですが、審査が甘い分だけリスクが高くなることを理解しておかなければなりません。

大手の審査に落ちる人は、金融会社が想定するお金を貸す相手のモデルから外れています。これらの人は、収入や勤務先、過去歴や借入総額など様々な要素から判断された個人の信用力のいずれかに審査に落ちる要因があります。

このような金融会社を疑わなければならない理由は、ほとんどが闇金だから。

闇金に関わってしまう人には、精神的に追い込まれた人と、情報弱者で騙されやすい人の2パターンがあります。

一般的に知られた金融会社で借りれなかった人にお金を貸せるのは、相応の理由があると疑問を持てるかどうかがポイントです。

主婦が借りれない理由

カードローンやキャッシングの申込みが多いのは専業主婦です。家計を管理する中で生活費が不足してしまう場合や、預かった金額以上を使ってしまった場合に必要になるようです。

最近は、スマホアプリの課金などが原因で高額請求に対応しきれなくなったときにも使われることがあります。

ところが、金融会社で専業主婦がお金を借りるためには収入が一番大きな壁となります。
総量規制で借金は年収の1/3までとなっているので、無収入であれば借りることは不可能です。

会社員の夫に事情を話して夫名義のカードローンで借りるか、数は少ないものの総量規制対象外の銀行ならば専業主婦でも借りれるカードローンもあります。そのほかにも配偶者貸付が使えるローンを選ぶという選択肢があります。

しかし、いずれの場合も借入できる金額が最大30万円以下など、それぞれ条件あるので高額な借入は期待できないことは考慮しなければなりません。

借りれない問題を解決するには、主婦が審査に落ちてしまう原因が無職無収入であることを理解することが大切で、解決手段は雇用状態で働いて給料を得るということが最も効果的です。

低金利の探し方

借りるなら金利は低い方が良いと考えるのは当然のことでしょう。金利は銀行カードローンと消費者金融で金利帯が異なります。

一般的に、銀行カードローンは上限金利が15%なのに対して、消費者金融は18%に設定されています。
更に各銀行と消費者金融それぞれで若干の差があります。

銀行カードローンを選択する場合は、その銀行の口座の有無や取引ランクなどにより金利が優遇されるキャンペーンなどを利用することで更に金利を抑えることができます。

一方の消費者金融は、借入金額によって変わる上限金利以外に、プロミスの上限金利17.8%のように他社の上限18%と差をつけている金融会社もあります。

最初に使いたいのは、大手のweb完結やweb審査申込みから契約すると初回融資は30日間利息0円になるキャンペーンの利用です。

借入額が少なければ毎月の金利は気になるほどではありませんが、借入額が増えると金利の返済だけで苦労するようになるので節約できるものは利用するようにしましょう。

お金を借りるなら結局どこ?

借りるならしっかりと検討してからにするべきですが、最終的に決めるためには何を重視するかで変わります。他社借入がない会社員ならば大手で借りることができるので借入金額を無理しなければ比較的簡単に審査を通過することができます。

申込者の条件が悪くなるに連れ、審査が通りそうな金融会社を探すようになることが一般的です。誰もが知っているような大手消費者金融でお金を借りれる人はまだ良いほうです。

審査に落ちたとき、次に申込む業者を探すために調べる情報に振り回されないようにすることが重要です。

口コミや知恵袋に書いてあることは全く知らない人が言ってることで噂と同じです。そんなものを鵜呑みにせず、自ら説明を読んで熟考してから判断するようにしましょう。

様々な要素を検討した結果、結局のところお金を借りるなら次のことが必要です。

  1. 利便性(便利・早い)
  2. 金利の低さ
  3. 審査の甘さ

審査の甘さを重視するのは審査に通らない人なので、除外する必要がありますが便利で早く、金利も安いとなればやはり信用力が高い大手を選ぶべきで、更にweb申込みをすれば電話での在籍確認を避けることができるSMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビット

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:1万円~800万円
    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人も借入しています。利便性抜群当!サイトでも人気です★

    10秒簡易審査で借りれるかすぐ分かる!

    最短3分で振込融資!

    Tポイントもクレカ機能もある

    ※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります。詳細はSMBCモビット公式サイトをご確認ください。

  • スマホの方は横にスクロールできます
    どんな人が借りれる? 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
    ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(SMBCモビットの基準を満たす方)
    ATMは使える? 提携ATMで借入も返済も可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 原則、収入証明も印鑑も不要
    ※収入証明の提出が必要な場合もあります
    即日融資は可能? 最短、即日借りれる!
    ※詳細はSMBCモビットの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? 最長60回(5年)
    ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10か月)
    必要な申込書類は? 運転免許証
    (お持ちでない方は健康保険証など)
    返済方式は? 残高スライド元利定額返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、SMBCモビットの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずSMBCモビットの公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 通常クレジットカードやカードローンは勤務先に在籍しているかの確認が入りますが、SMBCモビットの場合は電話確認無しの方法もあります。条件は「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っていて「社会保険証または組合保険証」の提示。条件が揃っている方は「WEB完結」から申込むと電話連絡なしで審査が可能です。詳しくは、SMBCモビットの公式サイトをご覧ください。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

※SMBCモビットの簡易審査は最短10秒で結果が分かりますが、他社の審査より本審査に近い審査になります。簡易審査で「融資可能」という結果が出た方は、本審査することをおすすめします!

チカミチでよく検索される言葉
お金借りるなら 口コミ/お金を借りるなら 知恵袋/お金借りるなら 学生/お金借りるなら 主婦/お金を借りるなら 低金利/お金借りるなら どこ

お金を借りる方法とは

お金を借りたい!今すぐ5万円必要!審査に通りたい!

お金借りる 即日

できるだけ近道で、お金借りる悩みを解決しよう。

お金借りるチカミチは、「お金の借り方」や「お金に関する知恵」「お金に関する悩みを解決する方法」をその道に詳しい先輩たちが教えてくれます!
あなたに合った最短コースを一緒に考えましょう。

あなたがお金を借りる理由はなんですか?

  • 給料まであとちょっと足りない!
  • 友達に旅行に誘われた!
  • どうしても買いたいモノがある!
  • 学費が現金で必要!
  • 事業資金を借りたい!

このサイトに訪れたあなたは、何らかの理由で現金でお金を借りる必要がある方だと思います。

お金借りる先を探している女性の画像

あ~もうっ!うんちくはイラナイ!
急いでるんだから、お金借りるのにドコがいいかさっさと教えてよー

おすすめのカードローン記事を紹介する女性の画像

はい!
お急ぎの方は読み飛ばして、この特集ページをご覧ください!
審査が早いカードローン特集

時間のある方は、お金を借りる時に必要なことや知識を少し勉強してから申込みをしましょう。

知っていれば、審査結果が変わるかもしれない大事な情報を掲載していますので、ぜひご一読くださいね。

大手は最短1時間で融資可能

お金を借りるときにWEBを使う最大のメリットは、誰にもバレずに簡単な手続きでお金を借りれることです。

更に、WEBからの申込みであれば、申込みから30分程度で審査が終わるので最短1時間でお金が振込まれた状態も可能です。

お金を借りたいと思ったときに一番早いのは、WEBを使って大手消費者金融で借入審査を申込むことです。

銀行や大手消費者金融では、電話申込みや、店頭契約よりもWEB申込みが人気で、スマホかパソコンがあれば誰でも簡単にできます。

大手消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの契約をWEB経由で行うと、金利の優遇サービスを行っている会社もあります。

銀行カードローンと消費者金融の違い

「お金をどこで借りるか」は、緊急性で選ぶことをおすすめします。

銀行カードローンと消費者金融ともにWEBでお金を借りることができますが、金利や借入可能額、融資までの時間など融資条件が違います。
お金を借りる際は、緊急性を考慮して損しない借り方を考えましょう。

一般的に銀行カードローンは、消費者金融に比べて金利が低い代わりに審査が厳しくなるので、融資を受けるまでの日数が増えます

借入れ先のおすすめ3社

10万円のローンにおすすめなカードローン会社は大手で安心感のあるプロミス、SMBCモビット、アイフルの3社です。

カードローンのおすすめポイントを解説する女性の画像

おすすめポイントは
安い・早い・便利です。

更に3社の特徴を比較すると、上限金利が17.8%と他社より0.2%安いプロミス、人気の10秒簡易審査があるスピード重視のSMBCモビット、審査申込みが分かりやすく便利なアイフルとなります。

3社とも大手なので借入れ先としての安心感と、申込みから返済時の利便性が高いことが魅力です。

大手のおすすめポイント
  • プロミス上限金利が安い(17.8%)
  • SMBCモビット審査が早い(10秒簡易審査)
  • アイフル便利(審査優先対応あり)

もちろん3社ともスマホからの申込みができ、WEB上で契約まで完結させることができることもおすすめポイントです。

カードローンで10万円借りた場合の上限金利と返済計画

銀行や消費者金融の利息は利息制限法に基づいた上限金利が適用されています。
現在は、2010年に改正された利息制限法に基づいて、10万円借りた場合の利息は年利18.0%が上限となっています。

利息制限法に定められている借入金額ごとの上限金利は次の通りです。

利息制限法による上限金利
  • 10万円未満上限年20.0%
  • 10万円〜100万円未満上限年18%
  • 100万円以上上限年15.0%

銀行と消費者金融では、金利の設定が異なります。
上限金利は、銀行が14%台が多いのに対し、消費者金融は18.0%に設定されている場合がほとんどです。

利息で借入れ先を選ぶのであれば、銀行カードローンの方が年率で3%ほど節約することができます。

10万円借りた場合の金利は実際いくら?

消費者金融などで10万円を借りる時、利息が年利18.0%と聞けば高いと感じる方が多いと思います。
ですが、実際に計算すると10万円を30日間、年利18%で借りた場合の利息額は1,479円です。

借入れまでの手間とスピードお金を用意できたことの安心感一括返済でなく月々の支払いで返していける利便性などを考えると、月々の負担がものすごく重いとは感じないのではないでしょうか。

消費者金融でお金を借りる場合、初回借入30日間利息0円サービスがある借入れ先もありますので、上手く利用したいですね。
30日以内の返済であれば利息は0円になります。

返済計画の重要さ、借入の際は必ず返済計画を立てる

利息は軽く考えていると返済不能に陥る可能性もあるので、お金を借りる時は予め「返済計画」を考えておくことが重要です。

また、毎月の返済方法と完済までの期間によって、最終的に支払った利息の総額に大きな差が出ます。
10万円借りる場合の利息はそれほど大きく感じませんが、借金が30万円、50万円と金額が膨らむと毎月の利息も比例して大きくなります。

したがって、借入れの際は必ずしっかりと返済計画を立てましょう

消費者金融の場合、返済できる金額以上を追加で借入れしないように注意しながら、毎月の返済計画通りに返済できれば完済できます。

すぐに10万円を借りたい方は、審査の結果がすぐに分かる10秒簡易審査がある「SMBCモビット」がおすすめです。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

即日お金を借りるための条件

当日中にお金が必要な時、即日で借りる方法をご存知でしょうか。

家族や知人以外からお金を借りる場合、銀行カードローンもしくは消費者金融を考えるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら現在は銀行カードローンでは即日でお金を借りることができなくなっています

少し前まで銀行カードローンはすぐにお金を借りることができました。
理由は、総量規制の対象外のため比較的審査が緩かったのです。

しかし、銀行カードローンで借入れをする人の中には既に消費者金融などでお金を借りている人もおり、借りた人の返済能力を大きく超えた融資になるトラブルが急増しました。

このようなトラブルが続発した結果、金融庁が対策として、自主規制で銀行カードローンの審査を厳しくすることを求めたので、2018年から銀行は即日融資ができなくなっています

現在のところ、銀行カードローンでお金を借りるための審査には3日〜1週間程度必要な銀行がほとんどです。

したがって、即日お金借りるための条件1つ目は「消費者金融でお金を借りる」です。

即日でお金借りるポイント①

即日借入を希望する場合は消費者金融でお金を借りる

即日で借りれる人とは

消費者金融は即日融資が可能ですが、そのためには借りることができる信用力が必要です。

では、どういった人が「信用力がある」のでしょうか?
即日借りれる可能性が高い人の条件は次の通りです。

  • 過去に延滞などが無い(ブラックじゃない)
  • 会社勤めで安定収入がある(年収200万円以上)
  • 50万円未満の低額融資である
  • 他社での借入が無い
  • 提出書類が既に揃えられている

即日でお金借りるための条件2つ目は、優良顧客であること」です。

即日でお金借りるポイント②

即日で借りやすい人は「優良顧客」である信用力が高い人

即日借りる方法とは

すぐにお金が必要な時に手続きが複雑だと大変です。

大手消費者金融は利用客が多く、独自のノウハウに加え、資金力を活かした仕組みが出来上がっているため、スマホなどから借入申込みが簡単にできます。

特に、プロミスアイフルWEBから契約すると最短1時間でお金の振込みまで完了できます。
※審査状況や利用する銀行口座、曜日、時間により異なる

プロミスに申込む場合なら…

50万円未満の借入ならば、本人確認として「運転免許証」があれば申込みが可能です。

  1. 簡単審査入力フォーマットへの入力に最短10分
  2. 審査回答までに最短30分
  3. WEBで契約が確認できたらすぐに振込み

このように、早ければ最短1時間程度でお金を引き出せる状態になります。

即日でお金借りるための条件3つ目は大手消費者金融でWEB契約するです。

大手の消費者金融でお金を借りると、かかる時間は最短1時間程度。言い換えれば、お金を借りるために必要な時間最低でも1時間は必要になると考えておかなければなりません。

もし、実店舗を構えている金融機関に行ってお金を借りようとしても、近くにない場合は行くだけでも時間がかなりかかる場合もあります。

どうにかしてお金を借りるなら、お金を借りるアプリを使うよりもスマホから申込み〜契約までできるWEB申込みお金を借りる近道です。
振込まれたお金はコンビニATMなどで引き出すことができますよ。

即日でお金借りるポイント③

大手消費者金融へ「WEB申込み」をすることが、お金を借りるための最短ルート!

カードローン審査が通らない理由

カードローン審査が通らない理由の1つに、信用情報に記録される事故情報の影響があります。なぜかと言うと、カードローン審査では必ず信用情報が使用されるからです。

そして、事故情報には保存期間があり、いくら申込みをしても事故情報が残っている間は審査に通らない可能性が高いと言えます。

ただし、審査に使用される信用情報は、返済の延滞履歴などの「事故情報」だけではありません。現在の収入や勤続年数などのさまざまな信用情報から返済能力を判断しています。

また他に、貸金業法で定められている総量規制や、各カードローン会社の独自の審査基準なども関係しています。

審査落ちを防ぐための対策

自分でできる審査に落ちないための重要な対策は、信用情報から事故情報をなくすことです。

信用情報は自分で開示でき、確認すれば事故情報の有無がわかります。

すでに審査に通らなかった場合、別の申込みを行う前に信用情報を確認することでムダな審査落ちを防止することにつながります。
(多重申込みの防止)

審査落ちを防ぐ方法

審査落ちを防ぐ1番の対策は信用情報がクリーンな状態であること、または回復した状態で申込むこと。

6か月が申込みブラックの回復目安

お金を借りたい時、気持ちが焦って手当たり次第に申込んでしまうかもしれません。

焦りから短期間で複数のカードローン申込みを重ねると、申込みブラック(多重申込み)の判断をされ、さらに状況を悪化させてしてしまう場合があるからです。

申込みブラックになり1社で審査が通らなければ、当然他社での審査も厳しくなります

なぜこのような仕組みかと言うと、お金を借りる際に多重債務を回避するためです。総量規制が法律で定められているのも、このためです。

申込みブラックはカードローンだけではなく、クレジットカードの申込み数も関係してきます

クレジットカードには魅力的な入会特典がたくさんありますよね。
ですが、クレジットカードも信用取引なので、信用情報に申込み記録が残ります。

そのため一気にたくさん作ってしまうと、知らない間に申込みブラック状態になっている…という最悪なパターンになっていることがあります。

審査基準はカードローン会社次第ですが、すでに申込みブラックになっている場合は、残念ながら申込み履歴の保存期間である6か月間は審査通過が難しいと考えられます。

そうなるとできる対策は、以下の2点を6か月間継続して信用情報を回復させ、審査に通る可能性を上げることが審査通過の近道になります。

信用情報を回復させる方法

6か月間は、ローンやクレジットを申込まない。
6か月間は、リボ払いの利用や返済遅延をしない。

クレカの作りすぎを注意する女性の画像

6か月も待てない!
という方もおられると思うので、日頃からカードの作りすぎには注意してください。

これを知っていれば普段からカードを作りすぎないよう自分で対策でき、いざお金を借りるとなった時に困りません。

不要なクレジットカードは解約する

現在、使用していないクレジットカードがあれば解約することも信用情報の回復につながります。

特にキャッシング付きのクレジットカードは、持っているだけでいつでもお金を引き出せる状態であるため、借入総額に考慮される場合があるからです。

年会費がかかるクレカもあるので、この際に見直すことをおすすめします。

自分の信用情報、知ってますか?

自分の信用情報、知ってますか?

クレジットやローンなど、いざ「お金借りる必要がある」となった時の審査に欠かせないのが信用情報です。

特に以下のような時に信用情報が関わってきます。

  • ローン審査に落ちた…なぜ?
  • クレジットカードを作りたい!
  • お金借りたいけど借りれる?

審査が通らなかった場合は、自分の信用情報を確認することで、「事故情報(ブラック情報)があって審査に落ちた」など、ある程度理由を判断できる場合があります

ここでは、信用情報にまつわる内容を解説していきます。

信用情報とは?から開示方法までを知ることで、お金借りる必要がある!となった時に困らずに済みますよ。

信用情報は個人の信用力の証明になる

信用情報とは、簡単に言うとクレジットカードやキャッシングなどの信用取引における利用記録のことです。

信用情報は以下の内容が一定期間、記録されています。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容
  • 返済や支払状況
  • 取引事実に関する情報 など

信用情報はクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ぶこともあります。

あなたが、いざ「お金借りたい!」「ローン組みたい!」となった時に、信用情報は「個人の信用力」を判断するための参考資料になります。

一度も延滞せずきちんと返済を繰返していれば、返済能力の良い判断材料になります。

逆に、延滞など信用情報に傷があると、審査落ちの原因になることもあります。(これを俗にブラックと呼びます。)

※キャッシング未利用の場合は??※
ちなみに、クレジットやキャッシングを全く利用したことがなければ「信用情報が何もない」状態です。(これを俗にスーパーホワイトと呼びます。)
この場合、年齢や勤続年数など申込時の状況にも寄りますが、返済能力の判断材料がないため、いきなり高額な融資は受けにくかったり、金利が高めだったりします。

このように消費者にとっての信用情報は、自分が築き上げてきた「個人の信用力」の証明です。

そのため消費者は、信用情報を基にキャッシングなどの「個人の信用」に対する信用サービスを、必要な時に迅速に受けることができます

お金借りる審査に必要な信用情報

銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などの金融機関は、信用情報を基に「個人の返済能力」を審査しています。

一例を上げると、クレジットカードや住宅ローン、キャッシングなどを新たに契約する際です。

貸す側で考えてみると、貸しても返ってこない可能性のある相手にお金を貸すのは、不安が大きいですよね。

また、消費者金融でお金を借りる場合は、法律による規制(総量規制)も絡んできます。

信用情報を利用することによって、随時適正に審査が行え、返済しきれないような過剰貸付を防ぐ役割もあります。(多重債務の防止)

信用情報が「どのように管理されているか?」を知っておくことが、申込みや審査に関係する重要なポイントになりますので、見ていきましょう。

信用情報機関とはどんな機関?

信用取引の利用記録である「信用情報」を管理をしている機関を「信用情報機関」と言います。

信用情報機関では、信用情報の「収集・保管・提供・開示」を行っています。

日本の信用情報機関は3つあります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)

この3つの信用情報機関は、加盟している主な加盟会員に違いがあるのが特徴です。

信用情報機関の種類と加盟会員

信用情報機関名 主な加盟会員
【 KSC 】
全国銀行個人信用情報センター
運営元:一般社団法人全国銀行協会
( JBA / 全銀協 )
銀行
銀行系クレジットカード会社
銀行と同視される金融機関など
【 CIC 】
シー・アイ・シー
運営元:株式会社シー・アイ・シー
クレジットカード会社
信販会社
携帯電話会社など
【 JICC 】
日本信用情報機構
運営元:株式会社日本信用情報機構
消費者金融など
信販会社
携帯電話会社など

上の表の通り、KSCは銀行系CICはクレジットカード会社・信販系JICCは消費者金融系がそれぞれの主な加盟会員になります。

信用情報機関への加盟は1つとは限りません。
加盟会員によっては、例えばCICとJICCの2つに加盟している場合もあります。

信用情報機関での登録情報

信用情報機関に信用情報が送られてくるのは、各金融機関にキャッシングなどの申込みをした段階です。

送られてきた信用情報は、信用情報機関で登録を行います。
また、返済状況なども定期的に送られ、追加更新されていきます。

そして、登録された信用情報は審査のために加盟会員に提供されます。

※信用情報の登録と追加※

ちなみに、信用情報の登録・追加は、キャッシングなどの申込みを行う際に申込者に同意を求められます
どの信用情報機関を利用するかは同意書に記載されているはずなので、申込時はチェックしてくださいね。

登録される信用情報の中には、延滞情報や債務整理などの事故情報も含まれます。(いわゆるブラック情報と呼ばれるものです。)

なぜ事故情報も含まれるのでしょうか?

それは、加盟会員は個人の返済能力を判断するために審査を行いますが、返済能力は単純に年収や職業だけでは分からないことも多いからです。

そのため、適正な審査を行うには、過去の延滞や返済不能などの事故情報も確認する必要があります

よって、信用情報機関は事故情報も提供しています。

信用情報機関での保管期間

各信用情報機関によって、信用情報の保管期間が異なります

信用情報の保管期間はおおよそ5年、短いもので数か月、最長だと10年のものもあります。

登録情報と保管期間の詳しい内容については、各機関の公式HPで確認することができます。

信用情報機関の詳しい情報

信用情報機関は独立運営

3つの信用情報機関は、それぞれ独立して信用情報を管理しています。

そのため、各信用情報機関で管理している信用情報は加盟している加盟会員でないと照会ができません

例えば、CIC加盟会員はKSCやJICCに記録されている情報は分かりませんでした。

そのため、お金が必要になれば「別の信用情報機関に加盟している金融機関からお金を借りればいい」という誤った認識のもと、結果的に多くの多重債務者が生まれ、社会問題になるほど自己破産などの債務整理が増加しました。

つまり、加盟している信用情報機関からの信用情報だけでは情報が足りず、多重債務を防ぐためには他の信用情報機関の情報も必要だということです。

多重債務の問題を解決するために現在では、全信用情報機関で事故情報を共有しています。

この共有ネットワークをCRIN(クリン)と言います。

CRIN(クリン)があることで、信用情報機関のどれか1つで事故情報がつけば「この人は事故情報が登録されている」と、他の信用情報機関に加盟している会社も確認できるようになりました

そのため、信用情報機関の加盟が異なる会社に申込んだとしても、いずれかの機関で事故情報が残っている間は、審査落ちする可能性が高いということです。

信用情報についてここまで知ると、自分の信用情報はどうなっているんだろう?と気になりませんか?

信用情報の開示は自分でできる!

信用情報は各信用情報機関にて管理されていますが、個人情報のため、必要書類と手数料を用意すれば、いつでも自分で開示請求をすることができます

開示請求すると、信用情報に照会履歴は残ります。
ですが、キャッシングなどの申込み審査には関係ないため、デメリットにはなりません

また、稀にですが自分の信用情報で身に覚えのない情報が載っている場合があります。
必要に応じて開示請求をした時は合わせて「誤情報の登録がないか?」もチェックしましょう

開示請求はしてみたいけど、「いちいち、めんどう」「たくさん申込みすれば、どこかは通るんじゃない?」と思うかもしれません。

ですが、「短期間の間に複数の申込み」をするのは少し待ってください!

なぜかと言うと、短期間の間に複数のクレジットカードやキャッシングに申込みをすると「お金に困っている人ではないか?」と、「多重申込み(申込みブラック)」の判断をされてしまい、審査に落ちる可能性が高くなる場合があります。

審査に落ちた場合、信用情報に「審査に通らなかった」との履歴は残りませんが、注意しなければならないのは「申込み履歴」は記録される点です。

通常、審査に通った場合の信用情報には「申込み履歴」と「クレジット情報」が出てきます。

ですが、審査に落ちた場合は、申込情報はあるのに、クレジット情報がない状態が続きます。

これにより「クレジット情報がない=審査に落ちた」とバレてしまうわけです。

他社で審査落ちした人に、自社の審査を通そう…とは、中々ならないですよね。

なので、多重申込み(申込みブラック)の判定をされてしまわないように、手当たり次第にたくさん申込みをするのは絶対にやめましょう

審査に通るか不安な場合は、多少めんどうに感じても開示請求をするという方法があることを知っておいてください。

それではまず、信用情報を開示する時のポイントを見ていきましょう。

信用情報を開示方法と種類

各機関によって、請求方法や手数料や受取り方法が異なります。

開示請求方法は、窓口や郵送、ネット、アプリなどがあります。

また、請求方法によって手数料が異なる場合もありますので、よくチェックしましょう!

機関 開示請求 手数料 受け取り
KSC 郵送 税込1,000円 郵送
CIC 郵送
窓口
ネット
【窓口】
税込500円
【窓口以外】
税込1,000円
ネット
郵送
JICC 郵送
窓口
アプリ
【郵送】
税込1,000円
【窓口】
税込500円
郵送
窓口

信用情報は個人情報のため、原則として開示請求できるのは本人のみです。
家族であっても本人の同意が必要です。

郵送の場合は簡易書留か本人限定受取郵便(特例型)現住所宛に届きます。

※信用情報機関の確認※
業社が加盟している信用情報機関を確認したい場合は、キャッシングなどの申込み時に確認する「同意事項内」に記載されています。

KSCの信用情報を開示請求する

銀行関係の信用情報を調べたい場合は、KSC(ケーエスシー)へ開示請求をしましょう。

KSCで開示請求するポイント!

  1. KSC開示は、郵送のみ
  2. 発行手数料は「定額小為替証書」で用意する
  3. 開示報告書は本人限定受取郵便(特例型)で届く

KSCの開示方法は「郵送のみ」になるので、注意してくださいね。

必要書類として、申込書や本人確認書類があります。

詳しくはKSC公式HPから確認できます。

CICの信用情報を開示請求する

クレジットカードや信販会社、携帯電話会社などの信用情報を調べたい場合は、CIC(シーアイシー)へ信用情報開示請求をしましょう。

CICで開示請求するポイント!

  1. CIC開示は、インターネット、郵便、窓口の3種類
  2. 早いのは、ネット開示!
  3. 安いのは、窓口開示!

CICの開示方法は3種類ありますが、インターネット開示だと申込みから開示報告書の確認まで自宅でできるのでとても便利です!

また、インターネット開示は、初回開示から96時間以内の再開示は手数料が無料ですよ。

※ただし、ネット開示手数料の引き落とし案内がはがきで届くため、家族にバレたくない方は郵送物の受取に注意してくださいね!

必要書類などはCIC公式HPから詳しく確認できます。
 

JICCの信用情報を開示請求する

消費者金融会社関係の信用情報を調べたい方は、JICC(ジェイアイシーシー)に信用情報開示請求をしましょう。

JICCで開示請求する場合のポイント!

  1. JICC開示は、アプリ、郵便、窓口の3種類
  2. 手軽なのは、アプリ開示!
  3. 安いのは、窓口開示!

JICCの開示方法は3種類あります。

一番手軽なのは、スマホでできるアプリ開示です。

ただし、アプリでできるのは「申込みのみ」になり、開示報告書は郵送で届きますので注意してくださいね。

窓口開示の場合は、その場で相談すれば再開示が可能です。

必要書類などはJICC公式HPから確認できます。

無職だと金融会社からお金を借りれない

結論から言えば、無職では金融会社からお金を借りることはできません

審査には職業と収入の確認に加えて職場の在籍確認があるので、所属が明確である必要があります。
もし、無職でも借りることができると言う金融会社があったとすれば、それは違法な貸金業者(闇金)である可能性が非常に高いです。

無職のままだと、貸金業として登録されている正規の金融会社からお金を借りることは不可能ですが、金融会社以外からお金を借りることができる場合があります。

専業主婦は夫の収入でお金を借りれる

専業主婦は無職と同じ扱いのため、単独でお金を借りることはできません

銀行カードローンであれば専業主婦でもお金を借りることができます。

しかしその場合は、夫に付属するローンとなるので審査は夫が勤務する会社と収入をベースとしたものになります。

更に、審査の時に銀行から夫の会社宛に在籍確認の連絡がありますので、バレずにこっそり借りるということは難しくなります。

隠れた借金をしたいと考えている場合は、専業主婦の状態では難しいと考えられます。
どうしても借りたい場合は、1か月5万円程度のパートやアルバイトを数か月続けてから審査を申込むという方法になります。

無職でもクレジットカードならお金を借りれる理由

無職は正規の金融会社から融資を受けることができません。

しかし、専業主婦や無職でもイオンやアマゾンなど、スーパー系のクレジットカードであれば比較的簡単に作れることがあります。

専業主婦が金融会社からお金を借りると夫にバレた時に問題となってしまいますが、クレジットカードを作る程度であれば夫の会社に在籍確認があったとしても特に問題にならないケースがほとんどです。

予めショッピング系のクレジットカードを作っておき、後からキャッシング枠でお金を引出せば無職でもお金を借りることはできます。

無職がお金を借りる時の注意点

無職でもなんとかしてお金を借りたい場合、次のことは理解しておかなければなりません。

  • 無職の種類により借りれる可能性が違う
  • 高額な借入は期待できない
  • 借入を隠したい時は郵送物を確認する
  • 自分の返済能力は過信しない

どうして無職がお金を借りれないかと言うと、ずばり返済能力が無いからです。

どのようなパターンでも、お金を借りれば返済していく必要があるので、返すアテが無いのであれば理解してくれそうな近親者を探してお金を借りるしかないでしょう。

学生はお金がかかる

大学や専門学校に通い始めると、まず最初に驚くことは、教材費の出費ではないでしょうか。

授業に必ず必要になるのが教材。
1冊あたり…2,000円~5,000円程します。

学部によっては辞書なども必要になり、更に高額に…。

そして、これが4年間続きます。

私の周りでも3年生以降、実習や就職活動で思うようにバイトができなくてお金が足りなくなってしまった学生が何人かいました。

  • 友人同士でお金の貸し借りをするのは、リスクが大きい
  • 心配をかけたくないから、親にお金を借りることはしたくない

そんな方が金欠に陥ってしまった時は、大手消費者金融でお金を借りることがおすすめです。

学生がお金を借りる時のまとめ

大手消費者金融をおすすめする最大の理由は、安心感です。

お金を借りるのは怖いイメージですが、銀行グループであることの安心感はやはり大きいです。
また、コンビニや銀行のATMが使えるので返済の手軽さが特徴です。

ただし、借入れできる金額の決定や事前審査のために収入が必要なので、現在バイトをして安定した収入がある学生が対象になります。

学生の方が急にお金が必要になった時は、次の点を確認しておきましょう。

借りれる金額 借入先により異なる
保証人の有無 原則、不要
※借入金額により必要
高校生がお金借りる ローンは満20歳以上でないと借りれないため不可
バイトしていない学生がお金借りる 無収入は借りれないので不可
親バレの可能性 同居の場合、利用明細が届くのでバレる可能性アリ
友バレの可能性 自ら話したり、友人に自宅の郵送物などを見られなければ大丈夫
結婚する時にバレる可能性 滞りなく返済し完済していれば問題ないが、返済が滞ったことがある場合は住宅ローンを組む時に融資が降りず、信用情報の開示でバレる可能性アリ
学生がお金借りる時の注意点 学生がお金借りる時の注意点は次の4つ
1.郵送物の届き先
2.保証人の有無
3.収入の有無(審査に影響あり)
4.自分の返済能力の確認

バイトしていない学生がお金を借りるには

奨学金や学生ローン以外でお金を借りるためには、基本的に定期収入が必要です。

収入額は特に影響することはありませんが、数か月間継続して収入があるようにしておきましょう。

バイトをしていない学生はもちろん、単発バイトを数回しただけの学生は借りることができない可能性が高いと考えてください。

その場合は、定期収入がなくても借りることができる学生ローンの利用をお勧めします。

高校生がお金借りるには

大手消費者金融では、未成年はお金を借りることはできません

高校生はもちろん、20歳未満の大学生や専門学生、会社員も借りることができません。

例え、安定した収入があっても「未成年」というだけで利用することができませんので注意が必要です。

学生がお金を借りたらバレる?

学生が家族以外からお金を借りる時の一番のリスクは、お金を借りたことが親や家族にバレることではないでしょうか。

基本的に、大手消費者金融でお金を借りたことは他人に知られることはありません。

ですが、学生時代の借金の返済が滞ってしまったとしたら、将来の結婚生活に大きく影響が出てしまいます。

住宅ローンを使って家を買う時に、滞納の履歴が借入審査にマイナスとなってしまいます。

親バレせずにお金を借りる方法

お金を借りると、消費者金融会社からはがきなどでお知らせが送られてくることがあります。

「親展」なので、基本的に本人以外は開封することはないでしょうが、送り元の名前が消費者金融会社(別名の場合もあり)の名前であれば、すぐにバレてしまいます。

消費者金融会社から送られてくる郵送物は主に次の5つです。

  1. 契約書
  2. キャッシングカード
  3. 利用明細書
  4. 重要なお知らせなど
  5. 督促状

残念ながら、これらの郵送物が届くのは避けられません。

どうしても確実に回避したいのであれば「一人暮らしをする」ということが最善策になります。
ですが、そう簡単にいきませんよね。

家族と同居の場合でも、以下のように工夫すれば郵送物を減らすことは可能です。

  • WEBで審査申込みした後に店舗に行き契約する
  • 口座振替は使わず利用明細が発行されないようにする
  • カードは発行しないor店舗で受取る
  • 催促状が届かないよう延滞しない

最も大切なことは、なんと言っても「延滞しない」ことです。
郵送物だけでなく信用情報や以降のローン系審査に影響が出るため、延滞はデメリットしかありません。

将来、家族にバレる可能性

学生時代の借金が将来家族にバレるパターンは延滞履歴がある場合です。

金融機関での借入で返済が遅れると借り手の信用情報が悪くなります。(ブラック化)

影響が出そうなパターンとしては、結婚などの機会に「住宅ローン」を組んで家を買うとなったときです。
ローンの審査で信用情報が必ず確認されます。

その際に、延滞履歴や返済されていない履歴があれば審査に通過しなくなってしまいます

審査落ちの場合、銀行などの金融機関から審査を落ちた理由を教えてもらうことはできないので、自分たちで信用情報を確認することになります。

そのときに、過去の借金履歴が出てくるので、家族に知られてしまう可能性が非常に高くなります。

お金を借りると履歴が残る?

お金を借りると、金融機関が共同で管理している信用情報に履歴が溜まっていきます。

この信用情報を元に、お金を貸す金融機関が申込者を審査し、融資の可否や金額を決定しています。

これらは、自分で確認しなければ金融機関以外に知られることはありません。

身内からお金借りるときのまとめ

どうしても「お金を借りる」以外に方法がない場合、思いつく方法の一つに「身内にお願いする」が挙げられます。

困ったときにお金を借りるというデリケートな相談ができるのは、まず身内である親、祖父母、親戚ではないでしょうか。

ですが、「お金を借してほしい」と頼むとなると、身内であったとしてもリスクがないわけではないですし、不安も浮かんできます。

  • 親はお金が無いから頼めそうにない
  • 余計な心配は最小限にしたい
  • 親戚の叔父なら事情を分かってくれそうか…
  • 可愛がってくれる祖母なら助けてくれるかな

お金を借りる理由にもよりますが距離の近い身内程、心配をかけてしまうものです。

心配はかけたくない、大事にはしたくない、後々になってグチグチ言われたくない、叱られたくない。
…でも、どうにかしなければならない。

お金を借りたことで、身内と関係性が悪化してしまうのは避けたい事態です。
相手との関係性や借りたい金額、相手の生活状況、貸してもらえそうか、黙っていてくれそうか、などによってお願いする相手を慎重に判断する必要があります

親にお金を借りるには

家庭環境に問題がない一般的な家族であれば、親が助けてくれる可能性は高いでしょう
「お金を貸してほしい」と言わなくても、話をほのめかすだけで助けてくれるかもしれません。

相談のしやすさという点では、親が一番相談しやすいのではないでしょうか。特に同居しているのなら、借りた後の返済などやり取りが最もスムーズです。

しかし、親も収入が思わしくなかったり、高齢や病気など、自分たちのことで精一杯という状況もあり得ます。

親身になってくれるがゆえに、気まずい思いをしたり、叱られることもあるかもしれませんね。

また、親が高齢の場合は「詐欺の被害に遭いやすくなる状況を作ってしまう」ということも気をつけておかなければなりません。
親にお金を借りなければならない状況が度々あると、オレオレ詐欺などの特殊詐欺にも引っ掛かりやすくなってしまうことも考えられるからです。

親戚にお金を借りるには

親戚とは、夫婦の両親や祖父母または兄弟姉妹であり、別々の家族を持つ人たちの集まりです。

距離がある分、親のようにうるさいことは言わずに親身になってくれる可能性があります。
関係が良好であれば、身内の縁で自分の家庭事情も理解してもらいやすいので相談はしやすいです。

しかし、その繋がりをアテにしてお金の貸し借りをすれば借りた本人だけでなく、親戚間の信頼関係も壊れてしまう可能性があることは忘れてはいけません。

親戚同士の借金は、のちのトラブルに発展しやすい問題の一つです。

これは、自分を特別に可愛がってくれる親戚や、お金持ちの親戚がいる場合も同じです。

ちゃんと返していれば問題ないのでは?と思うかもしれませんが、貸してくれたその親戚自身の状況が変わり、急にお金が必要になることがないとも限りません。

借金でもお金をもらったら贈与税がかかる場合がある

個人間でお金をあげたりもらったりした場合、もらった方は贈与税を課せられることがあります。

これは借金として受け取った場合でも対象になり、利息の支払いや返済の約束を書面で交わしておらず、返済を怠っているものは贈与と見なされますので注意してください。

基礎控除額である110万円を超えた場合に贈与税がかかってきます。税務署が借金と認めなければ、借りた方が贈与税を支払わなければなりませんので、借用書の作成と返済はきちんと行いましょう

お金を借りるときの頼み方とは

先に述べたように、身内であってもお金を貸し借りは後にトラブルに繋がる可能性が高いのです。

それを承知の上でどうしてもお金が必要になり、仕方なく身内の誰かにお金を借りる場合、最も大切なのは借りる相手と借りるときの頼み方です。

そして、相手にお願いするときに重要なのは「お金を必要とする理由」です。
消費者金融などのフリーローンのように「貸したお金の使い道は自由」とはいきません

お金を貸すのですから、貸す側は当然「何に使うのか」「どうして必要なのか?」を知りたいと思います。 いくら身内でも不誠実な態度や言い訳をする人にお金を貸そうとは思えませんので、ここは誠実さが大切です。

誰もがお金を貸すことに抵抗があります。
そのため、借りる側は誠実な態度と相手が納得できる理由が大切です。

それでは、お金を借りるときの頼み方を左右する「お金を借りるときの言い方」について紹介します。

くれぐれも、「とりあえず借りれればいい」ではなく、返済もきちんと行いましょう。

親にお金を借りるときの頼み方

お金を借りることができる可能性が一番高いのは、親ではないでしょうか。

家庭事情などにより変わるため一概には言えませんが、生活に必要なお金やトラブル解決のためのお金を借りるために頼みやすい相手です。

親にお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 生活費の補助として
  • 医療費の補助として
  • 事故の賠償・慰謝料の補助として
  • その他トラブル解決金の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として
  • 車購入費の補助として

お金を借りる理由は、ある程度ネガティブなものでも助けてもらえる可能性があります。

しかし、相手が親だからといって嘘によってお金を借りると詐欺になってしまう可能性があるので、困っている場合は素直に相談する形でお願いするのが賢明です。

祖父母にお金を借りるときの頼み方

祖父母にお金を借りる場合、もしかしたら親にも言えない事情があったとしても、お金に関して余計な心配をさせないように気を付けることが大切です。

祖父母にお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 生活費の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として
  • 車購入費の補助として

高齢になってくると、一度感じた不安は強く記憶に残ってしまいます。

そうすると、オレオレ詐欺のように顔が見えない相手から「トラブルに巻き込まれた」という内容の連絡があったときに「助けてあげないと!」と簡単に騙されてしまいます。

祖父母にお金を借りる場合は、できるだけ健康状態の悪化やトラブルを感じさせない理由でお願いをしましょう。

親戚にお金を借りるときの頼み方

親戚のおじさんやおばさんにお金を借りる場合、親や祖父母のように「万が一返済してもらえなくても仕方ない」と割り切れないことが多いでしょう。つまり貸す側の不安も大きいということです。

そのため、お金を借りる場合は普段の親しさは置いておき、借りる理由や伝え方などで不安を抱かせないように誠実な態度が必要です。不信感を抱かせてしまえば、貸してもらえるものも貸してもらえないとなってしまいます。

それらを知った上で、親戚からお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 医療費の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として

「お金がなくて困っている」ということを知られることになるため、信頼関係のダメージが小さい理由の方が良いです。 そのため、どうしても急に必要になったという「緊急性」のある理由でお金を借りることがベストでしょう。

市役所でお金借りる方法がある

市役所でお金借りるの画像

市役所でお金借りる条件を知る前に…

当サイトお金借りるチカミチでご紹介している市役所でお金借りる場合の解説は、各種貸付制度の要約をまとめています。

市役所の支援制度は、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金など、複数用意されており、種類ごとに貸付条件や必要書類等が異なってきます

そのため、お住まいの地域の市役所HPや福祉協議会サイトを必ず参照してください。

ある程度の知識を持って市役所の窓口で相談すると、職員の方もスムーズに対応できます。

まずは自分が市役所でお金借りる条件に当てはまるか?や、貸付制度の概要を知りましょう。

市役所サイトを確認しよう

居住地の各市町村のHPへアクセスし、サイト内検索で「生活福祉資金貸付」または「貸付制度」と検索してください。
該当のページの一覧が表示されます。

福祉協議会サイトを確認しよう

市役所等の貸付制度は、各都道府県の福祉協議会が運営しています。
市役所のサイトにより詳しい情報もありますので、詳細を確認しておきましょう。

市役所で借りたお金、どんな用途で使える?

市役所の貸付制度は複数ありますが「生活福祉資金貸付制度」の場合、以下の資金使途で借入ができます

  • 生業を営むために必要な経費
  • 技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 居住する住宅を増改築、拡張、補修、保全するのに必要な経費または公営住宅を譲り受けるのに必要な経費
  • 福祉用具等の購入に必要な経費
  • 障がい者用自動車の購入に必要な経費
  • 中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費
  • 負傷または疾病の療養に必要な経費
  • 介護サービス、障がい福祉サービス等を受けるのに必要な経費
  • 災害を受けたことにより自立のため臨時に必要となる経費
  • 冠婚葬祭に必要な経費
  • 住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
  • 就職、技能習得等の支度に必要な経費
  • その他日常生活上一時的に必要な経  

どの貸付も、借入から据置期間が6か月設定されているので、翌月からすぐにお金を返さなければならないということはありません。

6か月後から返済開始となります。

市役所でお金を借りれるのは、最短即日?審査期間は?

市役所の貸付制度は全国の福祉協議会が運営していますので、市役所などが書類の確認をした後、審査は福祉協議会に託されます。

低所得者と認定するのに厳密な審査が必要になるので、審査期間は最短で1か月程度かかります。

公的機関の貸付制度

市役所等の公的機関の貸付制度は、生活福祉資金貸付制度など複数用意されており、各都道府県の福祉協議会が運営を行っている

この貸付制度の基本は、生活に困っている人を自立した生活ができる様に支援することを目的としている為、何らかの正当な理由で生活困窮に陥った人でない限りお金を貸してくれません。

低所得者で貸付を希望する場合、認定はよほど正当で無い限り難しいと考えておいた方が無難です。

私の経験上、世帯に働ける家族がいる場合は「パートに出れないか?」、車をもっている場合は「売却できないか?」など、「現状でどうにか対応策はないか?」とできるだけ自活できる方向の話になります。

借りた後の返済のこともありますし、公的資金で運用されるので当然と言えば当然です。

他の方法も視野に入れて考えてみる

返済できるアテがあり、一時的な資金を必要としているのであれば、カードローンも検討してみてはいかがでしょか?

市役所の貸付制度ですと、審査から貸付まで1か月程度かかります
加えて連帯保証人の印鑑証明の提出等、手続きも煩雑になります。

それに比べて、消費者金融系のカードローンであれば、保証人不要・収入証明も不要です。
※50万円以上の借入の場合収入証明が必要な場合があります

消費者金融系のカードローンはWEBサイトで申込みが完結する為、今すぐ審査申込みが可能です。

そして、最短即日で振込まで対応してくれます。

お金を借りたいけど金融機関は「審査が通るか不安」という方は、シュミレーション診断を試してみてはいかがでしょうか?
おすすめ特集ページ「審査が早いカードローン特集」から診断に進めますので、気になるカードローンを選んでみてくださいね。
審査が早いカードローン特集