お金借りる 近道【チカミチ】

 

 

 

 

「クレカ」の記事一覧

お金を借りる方法とは

お金を借りたい!今すぐ5万円必要!審査に通りたい!

お金借りる 即日

できるだけ近道で、お金借りる悩みを解決しよう。

お金借りるチカミチは、「お金の借り方」や「お金に関する知恵」「お金に関する悩みを解決する方法」をその道に詳しい先輩たちが教えてくれます!
あなたに合った最短コースを一緒に考えましょう。

あなたがお金を借りる理由はなんですか?

  • 給料まであとちょっと足りない!
  • 友達に旅行に誘われた!
  • どうしても買いたいモノがある!
  • 学費が現金で必要!
  • 事業資金を借りたい!

このサイトに訪れたあなたは、何らかの理由で現金でお金を借りる必要がある方だと思います。

お金借りる先を探している女性の画像

あ~もうっ!うんちくはイラナイ!
急いでるんだから、お金借りるのにドコがいいかさっさと教えてよー

おすすめのカードローン記事を紹介する女性の画像

はい!
お急ぎの方は読み飛ばして、この特集ページをご覧ください!
審査が早いカードローン特集

時間のある方は、お金を借りる時に必要なことや知識を少し勉強してから申込みをしましょう。

知っていれば、審査結果が変わるかもしれない大事な情報を掲載していますので、ぜひご一読くださいね。

大手は最短1時間で融資可能

お金を借りるときにWEBを使う最大のメリットは、誰にもバレずに簡単な手続きでお金を借りれることです。

更に、WEBからの申込みであれば、申込みから30分程度で審査が終わるので最短1時間でお金が振込まれた状態も可能です。

お金を借りたいと思ったときに一番早いのは、WEBを使って大手消費者金融で借入審査を申込むことです。

銀行や大手消費者金融では、電話申込みや、店頭契約よりもWEB申込みが人気で、スマホかパソコンがあれば誰でも簡単にできます。

大手消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの契約をWEB経由で行うと、金利の優遇サービスを行っている会社もあります。

銀行カードローンと消費者金融の違い

「お金をどこで借りるか」は、緊急性で選ぶことをおすすめします。

銀行カードローンと消費者金融ともにWEBでお金を借りることができますが、金利や借入可能額、融資までの時間など融資条件が違います。
お金を借りる際は、緊急性を考慮して損しない借り方を考えましょう。

一般的に銀行カードローンは、消費者金融に比べて金利が低い代わりに審査が厳しくなるので、融資を受けるまでの日数が増えます

借入れ先のおすすめ3社

10万円のローンにおすすめなカードローン会社は大手で安心感のあるプロミス、SMBCモビット、アイフルの3社です。

カードローンのおすすめポイントを解説する女性の画像

おすすめポイントは
安い・早い・便利です。

更に3社の特徴を比較すると、上限金利が17.8%と他社より0.2%安いプロミス、人気の10秒簡易審査があるスピード重視のSMBCモビット、審査申込みが分かりやすく便利なアイフルとなります。

3社とも大手なので借入れ先としての安心感と、申込みから返済時の利便性が高いことが魅力です。

大手のおすすめポイント
  • プロミス上限金利が安い(17.8%)
  • SMBCモビット審査が早い(10秒簡易審査)
  • アイフル便利(審査優先対応あり)

もちろん3社ともスマホからの申込みができ、WEB上で契約まで完結させることができることもおすすめポイントです。

カードローンで10万円借りた場合の上限金利と返済計画

銀行や消費者金融の利息は利息制限法に基づいた上限金利が適用されています。
現在は、2010年に改正された利息制限法に基づいて、10万円借りた場合の利息は年利18.0%が上限となっています。

利息制限法に定められている借入金額ごとの上限金利は次の通りです。

利息制限法による上限金利
  • 10万円未満上限年20.0%
  • 10万円〜100万円未満上限年18%
  • 100万円以上上限年15.0%

銀行と消費者金融では、金利の設定が異なります。
上限金利は、銀行が14%台が多いのに対し、消費者金融は18.0%に設定されている場合がほとんどです。

利息で借入れ先を選ぶのであれば、銀行カードローンの方が年率で3%ほど節約することができます。

10万円借りた場合の金利は実際いくら?

消費者金融などで10万円を借りる時、利息が年利18.0%と聞けば高いと感じる方が多いと思います。
ですが、実際に計算すると10万円を30日間、年利18%で借りた場合の利息額は1,479円です。

借入れまでの手間とスピードお金を用意できたことの安心感一括返済でなく月々の支払いで返していける利便性などを考えると、月々の負担がものすごく重いとは感じないのではないでしょうか。

消費者金融でお金を借りる場合、初回借入30日間利息0円サービスがある借入れ先もありますので、上手く利用したいですね。
30日以内の返済であれば利息は0円になります。

返済計画の重要さ、借入の際は必ず返済計画を立てる

利息は軽く考えていると返済不能に陥る可能性もあるので、お金を借りる時は予め「返済計画」を考えておくことが重要です。

また、毎月の返済方法と完済までの期間によって、最終的に支払った利息の総額に大きな差が出ます。
10万円借りる場合の利息はそれほど大きく感じませんが、借金が30万円、50万円と金額が膨らむと毎月の利息も比例して大きくなります。

したがって、借入れの際は必ずしっかりと返済計画を立てましょう

消費者金融の場合、返済できる金額以上を追加で借入れしないように注意しながら、毎月の返済計画通りに返済できれば完済できます。

すぐに10万円を借りたい方は、審査の結果がすぐに分かる10秒簡易審査がある「SMBCモビット」がおすすめです。

公式サイトでもっと詳しく
10秒で結果がわかる簡易審査あり

即日お金を借りるための条件

当日中にお金が必要な時、即日で借りる方法をご存知でしょうか。

家族や知人以外からお金を借りる場合、銀行カードローンもしくは消費者金融を考えるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら現在は銀行カードローンでは即日でお金を借りることができなくなっています

少し前まで銀行カードローンはすぐにお金を借りることができました。
理由は、総量規制の対象外のため比較的審査が緩かったのです。

しかし、銀行カードローンで借入れをする人の中には既に消費者金融などでお金を借りている人もおり、借りた人の返済能力を大きく超えた融資になるトラブルが急増しました。

このようなトラブルが続発した結果、金融庁が対策として、自主規制で銀行カードローンの審査を厳しくすることを求めたので、2018年から銀行は即日融資ができなくなっています

現在のところ、銀行カードローンでお金を借りるための審査には3日〜1週間程度必要な銀行がほとんどです。

したがって、即日お金借りるための条件1つ目は「消費者金融でお金を借りる」です。

即日でお金借りるポイント①

即日借入を希望する場合は消費者金融でお金を借りる

即日で借りれる人とは

消費者金融は即日融資が可能ですが、そのためには借りることができる信用力が必要です。

では、どういった人が「信用力がある」のでしょうか?
即日借りれる可能性が高い人の条件は次の通りです。

  • 過去に延滞などが無い(ブラックじゃない)
  • 会社勤めで安定収入がある(年収200万円以上)
  • 50万円未満の低額融資である
  • 他社での借入が無い
  • 提出書類が既に揃えられている

即日でお金借りるための条件2つ目は、優良顧客であること」です。

即日でお金借りるポイント②

即日で借りやすい人は「優良顧客」である信用力が高い人

即日借りる方法とは

すぐにお金が必要な時に手続きが複雑だと大変です。

大手消費者金融は利用客が多く、独自のノウハウに加え、資金力を活かした仕組みが出来上がっているため、スマホなどから借入申込みが簡単にできます。

特に、プロミスアイフルWEBから契約すると最短1時間でお金の振込みまで完了できます。
※審査状況や利用する銀行口座、曜日、時間により異なる

プロミスに申込む場合なら…

50万円未満の借入ならば、本人確認として「運転免許証」があれば申込みが可能です。

  1. 簡単審査入力フォーマットへの入力に最短10分
  2. 審査回答までに最短30分
  3. WEBで契約が確認できたらすぐに振込み

このように、早ければ最短1時間程度でお金を引き出せる状態になります。

即日でお金借りるための条件3つ目は大手消費者金融でWEB契約するです。

大手の消費者金融でお金を借りると、かかる時間は最短1時間程度。言い換えれば、お金を借りるために必要な時間最低でも1時間は必要になると考えておかなければなりません。

もし、実店舗を構えている金融機関に行ってお金を借りようとしても、近くにない場合は行くだけでも時間がかなりかかる場合もあります。

どうにかしてお金を借りるなら、お金を借りるアプリを使うよりもスマホから申込み〜契約までできるWEB申込みお金を借りる近道です。
振込まれたお金はコンビニATMなどで引き出すことができますよ。

即日でお金借りるポイント③

大手消費者金融へ「WEB申込み」をすることが、お金を借りるための最短ルート!

カードローン審査が通らない理由

カードローン審査が通らない理由の1つに、信用情報に記録される事故情報の影響があります。なぜかと言うと、カードローン審査では必ず信用情報が使用されるからです。

そして、事故情報には保存期間があり、いくら申込みをしても事故情報が残っている間は審査に通らない可能性が高いと言えます。

ただし、審査に使用される信用情報は、返済の延滞履歴などの「事故情報」だけではありません。現在の収入や勤続年数などのさまざまな信用情報から返済能力を判断しています。

また他に、貸金業法で定められている総量規制や、各カードローン会社の独自の審査基準なども関係しています。

審査落ちを防ぐための対策

自分でできる審査に落ちないための重要な対策は、信用情報から事故情報をなくすことです。

信用情報は自分で開示でき、確認すれば事故情報の有無がわかります。

すでに審査に通らなかった場合、別の申込みを行う前に信用情報を確認することでムダな審査落ちを防止することにつながります。
(多重申込みの防止)

審査落ちを防ぐ方法

審査落ちを防ぐ1番の対策は信用情報がクリーンな状態であること、または回復した状態で申込むこと。

6か月が申込みブラックの回復目安

お金を借りたい時、気持ちが焦って手当たり次第に申込んでしまうかもしれません。

焦りから短期間で複数のカードローン申込みを重ねると、申込みブラック(多重申込み)の判断をされ、さらに状況を悪化させてしてしまう場合があるからです。

申込みブラックになり1社で審査が通らなければ、当然他社での審査も厳しくなります

なぜこのような仕組みかと言うと、お金を借りる際に多重債務を回避するためです。総量規制が法律で定められているのも、このためです。

申込みブラックはカードローンだけではなく、クレジットカードの申込み数も関係してきます

クレジットカードには魅力的な入会特典がたくさんありますよね。
ですが、クレジットカードも信用取引なので、信用情報に申込み記録が残ります。

そのため一気にたくさん作ってしまうと、知らない間に申込みブラック状態になっている…という最悪なパターンになっていることがあります。

審査基準はカードローン会社次第ですが、すでに申込みブラックになっている場合は、残念ながら申込み履歴の保存期間である6か月間は審査通過が難しいと考えられます。

そうなるとできる対策は、以下の2点を6か月間継続して信用情報を回復させ、審査に通る可能性を上げることが審査通過の近道になります。

信用情報を回復させる方法

6か月間は、ローンやクレジットを申込まない。
6か月間は、リボ払いの利用や返済遅延をしない。

クレカの作りすぎを注意する女性の画像

6か月も待てない!
という方もおられると思うので、日頃からカードの作りすぎには注意してください。

これを知っていれば普段からカードを作りすぎないよう自分で対策でき、いざお金を借りるとなった時に困りません。

不要なクレジットカードは解約する

現在、使用していないクレジットカードがあれば解約することも信用情報の回復につながります。

特にキャッシング付きのクレジットカードは、持っているだけでいつでもお金を引き出せる状態であるため、借入総額に考慮される場合があるからです。

年会費がかかるクレカもあるので、この際に見直すことをおすすめします。

自分の信用情報、知ってますか?

自分の信用情報、知ってますか?

クレジットやローンなど、いざ「お金借りる必要がある」となった時の審査に欠かせないのが信用情報です。

特に以下のような時に信用情報が関わってきます。

  • ローン審査に落ちた…なぜ?
  • クレジットカードを作りたい!
  • お金借りたいけど借りれる?

審査が通らなかった場合は、自分の信用情報を確認することで、「事故情報(ブラック情報)があって審査に落ちた」など、ある程度理由を判断できる場合があります

ここでは、信用情報にまつわる内容を解説していきます。

信用情報とは?から開示方法までを知ることで、お金借りる必要がある!となった時に困らずに済みますよ。

信用情報は個人の信用力の証明になる

信用情報とは、簡単に言うとクレジットカードやキャッシングなどの信用取引における利用記録のことです。

信用情報は以下の内容が一定期間、記録されています。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容
  • 返済や支払状況
  • 取引事実に関する情報 など

信用情報はクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ぶこともあります。

あなたが、いざ「お金借りたい!」「ローン組みたい!」となった時に、信用情報は「個人の信用力」を判断するための参考資料になります。

一度も延滞せずきちんと返済を繰返していれば、返済能力の良い判断材料になります。

逆に、延滞など信用情報に傷があると、審査落ちの原因になることもあります。(これを俗にブラックと呼びます。)

※キャッシング未利用の場合は??※
ちなみに、クレジットやキャッシングを全く利用したことがなければ「信用情報が何もない」状態です。(これを俗にスーパーホワイトと呼びます。)
この場合、年齢や勤続年数など申込時の状況にも寄りますが、返済能力の判断材料がないため、いきなり高額な融資は受けにくかったり、金利が高めだったりします。

このように消費者にとっての信用情報は、自分が築き上げてきた「個人の信用力」の証明です。

そのため消費者は、信用情報を基にキャッシングなどの「個人の信用」に対する信用サービスを、必要な時に迅速に受けることができます

お金借りる審査に必要な信用情報

銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などの金融機関は、信用情報を基に「個人の返済能力」を審査しています。

一例を上げると、クレジットカードや住宅ローン、キャッシングなどを新たに契約する際です。

貸す側で考えてみると、貸しても返ってこない可能性のある相手にお金を貸すのは、不安が大きいですよね。

また、消費者金融でお金を借りる場合は、法律による規制(総量規制)も絡んできます。

信用情報を利用することによって、随時適正に審査が行え、返済しきれないような過剰貸付を防ぐ役割もあります。(多重債務の防止)

信用情報が「どのように管理されているか?」を知っておくことが、申込みや審査に関係する重要なポイントになりますので、見ていきましょう。

信用情報機関とはどんな機関?

信用取引の利用記録である「信用情報」を管理をしている機関を「信用情報機関」と言います。

信用情報機関では、信用情報の「収集・保管・提供・開示」を行っています。

日本の信用情報機関は3つあります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)

この3つの信用情報機関は、加盟している主な加盟会員に違いがあるのが特徴です。

信用情報機関の種類と加盟会員

信用情報機関名 主な加盟会員
【 KSC 】
全国銀行個人信用情報センター
運営元:一般社団法人全国銀行協会
( JBA / 全銀協 )
銀行
銀行系クレジットカード会社
銀行と同視される金融機関など
【 CIC 】
シー・アイ・シー
運営元:株式会社シー・アイ・シー
クレジットカード会社
信販会社
携帯電話会社など
【 JICC 】
日本信用情報機構
運営元:株式会社日本信用情報機構
消費者金融など
信販会社
携帯電話会社など

上の表の通り、KSCは銀行系CICはクレジットカード会社・信販系JICCは消費者金融系がそれぞれの主な加盟会員になります。

信用情報機関への加盟は1つとは限りません。
加盟会員によっては、例えばCICとJICCの2つに加盟している場合もあります。

信用情報機関での登録情報

信用情報機関に信用情報が送られてくるのは、各金融機関にキャッシングなどの申込みをした段階です。

送られてきた信用情報は、信用情報機関で登録を行います。
また、返済状況なども定期的に送られ、追加更新されていきます。

そして、登録された信用情報は審査のために加盟会員に提供されます。

※信用情報の登録と追加※

ちなみに、信用情報の登録・追加は、キャッシングなどの申込みを行う際に申込者に同意を求められます
どの信用情報機関を利用するかは同意書に記載されているはずなので、申込時はチェックしてくださいね。

登録される信用情報の中には、延滞情報や債務整理などの事故情報も含まれます。(いわゆるブラック情報と呼ばれるものです。)

なぜ事故情報も含まれるのでしょうか?

それは、加盟会員は個人の返済能力を判断するために審査を行いますが、返済能力は単純に年収や職業だけでは分からないことも多いからです。

そのため、適正な審査を行うには、過去の延滞や返済不能などの事故情報も確認する必要があります

よって、信用情報機関は事故情報も提供しています。

信用情報機関での保管期間

各信用情報機関によって、信用情報の保管期間が異なります

信用情報の保管期間はおおよそ5年、短いもので数か月、最長だと10年のものもあります。

登録情報と保管期間の詳しい内容については、各機関の公式HPで確認することができます。

信用情報機関の詳しい情報

信用情報機関は独立運営

3つの信用情報機関は、それぞれ独立して信用情報を管理しています。

そのため、各信用情報機関で管理している信用情報は加盟している加盟会員でないと照会ができません

例えば、CIC加盟会員はKSCやJICCに記録されている情報は分かりませんでした。

そのため、お金が必要になれば「別の信用情報機関に加盟している金融機関からお金を借りればいい」という誤った認識のもと、結果的に多くの多重債務者が生まれ、社会問題になるほど自己破産などの債務整理が増加しました。

つまり、加盟している信用情報機関からの信用情報だけでは情報が足りず、多重債務を防ぐためには他の信用情報機関の情報も必要だということです。

多重債務の問題を解決するために現在では、全信用情報機関で事故情報を共有しています。

この共有ネットワークをCRIN(クリン)と言います。

CRIN(クリン)があることで、信用情報機関のどれか1つで事故情報がつけば「この人は事故情報が登録されている」と、他の信用情報機関に加盟している会社も確認できるようになりました

そのため、信用情報機関の加盟が異なる会社に申込んだとしても、いずれかの機関で事故情報が残っている間は、審査落ちする可能性が高いということです。

信用情報についてここまで知ると、自分の信用情報はどうなっているんだろう?と気になりませんか?

信用情報の開示は自分でできる!

信用情報は各信用情報機関にて管理されていますが、個人情報のため、必要書類と手数料を用意すれば、いつでも自分で開示請求をすることができます

開示請求すると、信用情報に照会履歴は残ります。
ですが、キャッシングなどの申込み審査には関係ないため、デメリットにはなりません

また、稀にですが自分の信用情報で身に覚えのない情報が載っている場合があります。
必要に応じて開示請求をした時は合わせて「誤情報の登録がないか?」もチェックしましょう

開示請求はしてみたいけど、「いちいち、めんどう」「たくさん申込みすれば、どこかは通るんじゃない?」と思うかもしれません。

ですが、「短期間の間に複数の申込み」をするのは少し待ってください!

なぜかと言うと、短期間の間に複数のクレジットカードやキャッシングに申込みをすると「お金に困っている人ではないか?」と、「多重申込み(申込みブラック)」の判断をされてしまい、審査に落ちる可能性が高くなる場合があります。

審査に落ちた場合、信用情報に「審査に通らなかった」との履歴は残りませんが、注意しなければならないのは「申込み履歴」は記録される点です。

通常、審査に通った場合の信用情報には「申込み履歴」と「クレジット情報」が出てきます。

ですが、審査に落ちた場合は、申込情報はあるのに、クレジット情報がない状態が続きます。

これにより「クレジット情報がない=審査に落ちた」とバレてしまうわけです。

他社で審査落ちした人に、自社の審査を通そう…とは、中々ならないですよね。

なので、多重申込み(申込みブラック)の判定をされてしまわないように、手当たり次第にたくさん申込みをするのは絶対にやめましょう

審査に通るか不安な場合は、多少めんどうに感じても開示請求をするという方法があることを知っておいてください。

それではまず、信用情報を開示する時のポイントを見ていきましょう。

信用情報を開示方法と種類

各機関によって、請求方法や手数料や受取り方法が異なります。

開示請求方法は、窓口や郵送、ネット、アプリなどがあります。

また、請求方法によって手数料が異なる場合もありますので、よくチェックしましょう!

機関 開示請求 手数料 受け取り
KSC 郵送 税込1,000円 郵送
CIC 郵送
窓口
ネット
【窓口】
税込500円
【窓口以外】
税込1,000円
ネット
郵送
JICC 郵送
窓口
アプリ
【郵送】
税込1,000円
【窓口】
税込500円
郵送
窓口

信用情報は個人情報のため、原則として開示請求できるのは本人のみです。
家族であっても本人の同意が必要です。

郵送の場合は簡易書留か本人限定受取郵便(特例型)現住所宛に届きます。

※信用情報機関の確認※
業社が加盟している信用情報機関を確認したい場合は、キャッシングなどの申込み時に確認する「同意事項内」に記載されています。

KSCの信用情報を開示請求する

銀行関係の信用情報を調べたい場合は、KSC(ケーエスシー)へ開示請求をしましょう。

KSCで開示請求するポイント!

  1. KSC開示は、郵送のみ
  2. 発行手数料は「定額小為替証書」で用意する
  3. 開示報告書は本人限定受取郵便(特例型)で届く

KSCの開示方法は「郵送のみ」になるので、注意してくださいね。

必要書類として、申込書や本人確認書類があります。

詳しくはKSC公式HPから確認できます。

CICの信用情報を開示請求する

クレジットカードや信販会社、携帯電話会社などの信用情報を調べたい場合は、CIC(シーアイシー)へ信用情報開示請求をしましょう。

CICで開示請求するポイント!

  1. CIC開示は、インターネット、郵便、窓口の3種類
  2. 早いのは、ネット開示!
  3. 安いのは、窓口開示!

CICの開示方法は3種類ありますが、インターネット開示だと申込みから開示報告書の確認まで自宅でできるのでとても便利です!

また、インターネット開示は、初回開示から96時間以内の再開示は手数料が無料ですよ。

※ただし、ネット開示手数料の引き落とし案内がはがきで届くため、家族にバレたくない方は郵送物の受取に注意してくださいね!

必要書類などはCIC公式HPから詳しく確認できます。
 

JICCの信用情報を開示請求する

消費者金融会社関係の信用情報を調べたい方は、JICC(ジェイアイシーシー)に信用情報開示請求をしましょう。

JICCで開示請求する場合のポイント!

  1. JICC開示は、アプリ、郵便、窓口の3種類
  2. 手軽なのは、アプリ開示!
  3. 安いのは、窓口開示!

JICCの開示方法は3種類あります。

一番手軽なのは、スマホでできるアプリ開示です。

ただし、アプリでできるのは「申込みのみ」になり、開示報告書は郵送で届きますので注意してくださいね。

窓口開示の場合は、その場で相談すれば再開示が可能です。

必要書類などはJICC公式HPから確認できます。

無職だと金融会社からお金を借りれない

結論から言えば、無職では金融会社からお金を借りることはできません

審査には職業と収入の確認に加えて職場の在籍確認があるので、所属が明確である必要があります。
もし、無職でも借りることができると言う金融会社があったとすれば、それは違法な貸金業者(闇金)である可能性が非常に高いです。

無職のままだと、貸金業として登録されている正規の金融会社からお金を借りることは不可能ですが、金融会社以外からお金を借りることができる場合があります。

専業主婦は夫の収入でお金を借りれる

専業主婦は無職と同じ扱いのため、単独でお金を借りることはできません

銀行カードローンであれば専業主婦でもお金を借りることができます。

しかしその場合は、夫に付属するローンとなるので審査は夫が勤務する会社と収入をベースとしたものになります。

更に、審査の時に銀行から夫の会社宛に在籍確認の連絡がありますので、バレずにこっそり借りるということは難しくなります。

隠れた借金をしたいと考えている場合は、専業主婦の状態では難しいと考えられます。
どうしても借りたい場合は、1か月5万円程度のパートやアルバイトを数か月続けてから審査を申込むという方法になります。

無職でもクレジットカードならお金を借りれる理由

無職は正規の金融会社から融資を受けることができません。

しかし、専業主婦や無職でもイオンやアマゾンなど、スーパー系のクレジットカードであれば比較的簡単に作れることがあります。

専業主婦が金融会社からお金を借りると夫にバレた時に問題となってしまいますが、クレジットカードを作る程度であれば夫の会社に在籍確認があったとしても特に問題にならないケースがほとんどです。

予めショッピング系のクレジットカードを作っておき、後からキャッシング枠でお金を引出せば無職でもお金を借りることはできます。

無職がお金を借りる時の注意点

無職でもなんとかしてお金を借りたい場合、次のことは理解しておかなければなりません。

  • 無職の種類により借りれる可能性が違う
  • 高額な借入は期待できない
  • 借入を隠したい時は郵送物を確認する
  • 自分の返済能力は過信しない

どうして無職がお金を借りれないかと言うと、ずばり返済能力が無いからです。

どのようなパターンでも、お金を借りれば返済していく必要があるので、返すアテが無いのであれば理解してくれそうな近親者を探してお金を借りるしかないでしょう。

学生はお金がかかる

大学や専門学校に通い始めると、まず最初に驚くことは、教材費の出費ではないでしょうか。

授業に必ず必要になるのが教材。
1冊あたり…2,000円~5,000円程します。

学部によっては辞書なども必要になり、更に高額に…。

そして、これが4年間続きます。

私の周りでも3年生以降、実習や就職活動で思うようにバイトができなくてお金が足りなくなってしまった学生が何人かいました。

  • 友人同士でお金の貸し借りをするのは、リスクが大きい
  • 心配をかけたくないから、親にお金を借りることはしたくない

そんな方が金欠に陥ってしまった時は、大手消費者金融でお金を借りることがおすすめです。

学生がお金を借りる時のまとめ

大手消費者金融をおすすめする最大の理由は、安心感です。

お金を借りるのは怖いイメージですが、銀行グループであることの安心感はやはり大きいです。
また、コンビニや銀行のATMが使えるので返済の手軽さが特徴です。

ただし、借入れできる金額の決定や事前審査のために収入が必要なので、現在バイトをして安定した収入がある学生が対象になります。

学生の方が急にお金が必要になった時は、次の点を確認しておきましょう。

借りれる金額 借入先により異なる
保証人の有無 原則、不要
※借入金額により必要
高校生がお金借りる ローンは満20歳以上でないと借りれないため不可
バイトしていない学生がお金借りる 無収入は借りれないので不可
親バレの可能性 同居の場合、利用明細が届くのでバレる可能性アリ
友バレの可能性 自ら話したり、友人に自宅の郵送物などを見られなければ大丈夫
結婚する時にバレる可能性 滞りなく返済し完済していれば問題ないが、返済が滞ったことがある場合は住宅ローンを組む時に融資が降りず、信用情報の開示でバレる可能性アリ
学生がお金借りる時の注意点 学生がお金借りる時の注意点は次の4つ
1.郵送物の届き先
2.保証人の有無
3.収入の有無(審査に影響あり)
4.自分の返済能力の確認

バイトしていない学生がお金を借りるには

奨学金や学生ローン以外でお金を借りるためには、基本的に定期収入が必要です。

収入額は特に影響することはありませんが、数か月間継続して収入があるようにしておきましょう。

バイトをしていない学生はもちろん、単発バイトを数回しただけの学生は借りることができない可能性が高いと考えてください。

その場合は、定期収入がなくても借りることができる学生ローンの利用をお勧めします。

高校生がお金借りるには

大手消費者金融では、未成年はお金を借りることはできません

高校生はもちろん、20歳未満の大学生や専門学生、会社員も借りることができません。

例え、安定した収入があっても「未成年」というだけで利用することができませんので注意が必要です。

学生がお金を借りたらバレる?

学生が家族以外からお金を借りる時の一番のリスクは、お金を借りたことが親や家族にバレることではないでしょうか。

基本的に、大手消費者金融でお金を借りたことは他人に知られることはありません。

ですが、学生時代の借金の返済が滞ってしまったとしたら、将来の結婚生活に大きく影響が出てしまいます。

住宅ローンを使って家を買う時に、滞納の履歴が借入審査にマイナスとなってしまいます。

親バレせずにお金を借りる方法

お金を借りると、消費者金融会社からはがきなどでお知らせが送られてくることがあります。

「親展」なので、基本的に本人以外は開封することはないでしょうが、送り元の名前が消費者金融会社(別名の場合もあり)の名前であれば、すぐにバレてしまいます。

消費者金融会社から送られてくる郵送物は主に次の5つです。

  1. 契約書
  2. キャッシングカード
  3. 利用明細書
  4. 重要なお知らせなど
  5. 督促状

残念ながら、これらの郵送物が届くのは避けられません。

どうしても確実に回避したいのであれば「一人暮らしをする」ということが最善策になります。
ですが、そう簡単にいきませんよね。

家族と同居の場合でも、以下のように工夫すれば郵送物を減らすことは可能です。

  • WEBで審査申込みした後に店舗に行き契約する
  • 口座振替は使わず利用明細が発行されないようにする
  • カードは発行しないor店舗で受取る
  • 催促状が届かないよう延滞しない

最も大切なことは、なんと言っても「延滞しない」ことです。
郵送物だけでなく信用情報や以降のローン系審査に影響が出るため、延滞はデメリットしかありません。

将来、家族にバレる可能性

学生時代の借金が将来家族にバレるパターンは延滞履歴がある場合です。

金融機関での借入で返済が遅れると借り手の信用情報が悪くなります。(ブラック化)

影響が出そうなパターンとしては、結婚などの機会に「住宅ローン」を組んで家を買うとなったときです。
ローンの審査で信用情報が必ず確認されます。

その際に、延滞履歴や返済されていない履歴があれば審査に通過しなくなってしまいます

審査落ちの場合、銀行などの金融機関から審査を落ちた理由を教えてもらうことはできないので、自分たちで信用情報を確認することになります。

そのときに、過去の借金履歴が出てくるので、家族に知られてしまう可能性が非常に高くなります。

お金を借りると履歴が残る?

お金を借りると、金融機関が共同で管理している信用情報に履歴が溜まっていきます。

この信用情報を元に、お金を貸す金融機関が申込者を審査し、融資の可否や金額を決定しています。

これらは、自分で確認しなければ金融機関以外に知られることはありません。

身内からお金借りるときのまとめ

どうしても「お金を借りる」以外に方法がない場合、思いつく方法の一つに「身内にお願いする」が挙げられます。

困ったときにお金を借りるというデリケートな相談ができるのは、まず身内である親、祖父母、親戚ではないでしょうか。

ですが、「お金を借してほしい」と頼むとなると、身内であったとしてもリスクがないわけではないですし、不安も浮かんできます。

  • 親はお金が無いから頼めそうにない
  • 余計な心配は最小限にしたい
  • 親戚の叔父なら事情を分かってくれそうか…
  • 可愛がってくれる祖母なら助けてくれるかな

お金を借りる理由にもよりますが距離の近い身内程、心配をかけてしまうものです。

心配はかけたくない、大事にはしたくない、後々になってグチグチ言われたくない、叱られたくない。
…でも、どうにかしなければならない。

お金を借りたことで、身内と関係性が悪化してしまうのは避けたい事態です。
相手との関係性や借りたい金額、相手の生活状況、貸してもらえそうか、黙っていてくれそうか、などによってお願いする相手を慎重に判断する必要があります

親にお金を借りるには

家庭環境に問題がない一般的な家族であれば、親が助けてくれる可能性は高いでしょう
「お金を貸してほしい」と言わなくても、話をほのめかすだけで助けてくれるかもしれません。

相談のしやすさという点では、親が一番相談しやすいのではないでしょうか。特に同居しているのなら、借りた後の返済などやり取りが最もスムーズです。

しかし、親も収入が思わしくなかったり、高齢や病気など、自分たちのことで精一杯という状況もあり得ます。

親身になってくれるがゆえに、気まずい思いをしたり、叱られることもあるかもしれませんね。

また、親が高齢の場合は「詐欺の被害に遭いやすくなる状況を作ってしまう」ということも気をつけておかなければなりません。
親にお金を借りなければならない状況が度々あると、オレオレ詐欺などの特殊詐欺にも引っ掛かりやすくなってしまうことも考えられるからです。

親戚にお金を借りるには

親戚とは、夫婦の両親や祖父母または兄弟姉妹であり、別々の家族を持つ人たちの集まりです。

距離がある分、親のようにうるさいことは言わずに親身になってくれる可能性があります。
関係が良好であれば、身内の縁で自分の家庭事情も理解してもらいやすいので相談はしやすいです。

しかし、その繋がりをアテにしてお金の貸し借りをすれば借りた本人だけでなく、親戚間の信頼関係も壊れてしまう可能性があることは忘れてはいけません。

親戚同士の借金は、のちのトラブルに発展しやすい問題の一つです。

これは、自分を特別に可愛がってくれる親戚や、お金持ちの親戚がいる場合も同じです。

ちゃんと返していれば問題ないのでは?と思うかもしれませんが、貸してくれたその親戚自身の状況が変わり、急にお金が必要になることがないとも限りません。

借金でもお金をもらったら贈与税がかかる場合がある

個人間でお金をあげたりもらったりした場合、もらった方は贈与税を課せられることがあります。

これは借金として受け取った場合でも対象になり、利息の支払いや返済の約束を書面で交わしておらず、返済を怠っているものは贈与と見なされますので注意してください。

基礎控除額である110万円を超えた場合に贈与税がかかってきます。税務署が借金と認めなければ、借りた方が贈与税を支払わなければなりませんので、借用書の作成と返済はきちんと行いましょう

お金を借りるときの頼み方とは

先に述べたように、身内であってもお金を貸し借りは後にトラブルに繋がる可能性が高いのです。

それを承知の上でどうしてもお金が必要になり、仕方なく身内の誰かにお金を借りる場合、最も大切なのは借りる相手と借りるときの頼み方です。

そして、相手にお願いするときに重要なのは「お金を必要とする理由」です。
消費者金融などのフリーローンのように「貸したお金の使い道は自由」とはいきません

お金を貸すのですから、貸す側は当然「何に使うのか」「どうして必要なのか?」を知りたいと思います。 いくら身内でも不誠実な態度や言い訳をする人にお金を貸そうとは思えませんので、ここは誠実さが大切です。

誰もがお金を貸すことに抵抗があります。
そのため、借りる側は誠実な態度と相手が納得できる理由が大切です。

それでは、お金を借りるときの頼み方を左右する「お金を借りるときの言い方」について紹介します。

くれぐれも、「とりあえず借りれればいい」ではなく、返済もきちんと行いましょう。

親にお金を借りるときの頼み方

お金を借りることができる可能性が一番高いのは、親ではないでしょうか。

家庭事情などにより変わるため一概には言えませんが、生活に必要なお金やトラブル解決のためのお金を借りるために頼みやすい相手です。

親にお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 生活費の補助として
  • 医療費の補助として
  • 事故の賠償・慰謝料の補助として
  • その他トラブル解決金の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として
  • 車購入費の補助として

お金を借りる理由は、ある程度ネガティブなものでも助けてもらえる可能性があります。

しかし、相手が親だからといって嘘によってお金を借りると詐欺になってしまう可能性があるので、困っている場合は素直に相談する形でお願いするのが賢明です。

祖父母にお金を借りるときの頼み方

祖父母にお金を借りる場合、もしかしたら親にも言えない事情があったとしても、お金に関して余計な心配をさせないように気を付けることが大切です。

祖父母にお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 生活費の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として
  • 車購入費の補助として

高齢になってくると、一度感じた不安は強く記憶に残ってしまいます。

そうすると、オレオレ詐欺のように顔が見えない相手から「トラブルに巻き込まれた」という内容の連絡があったときに「助けてあげないと!」と簡単に騙されてしまいます。

祖父母にお金を借りる場合は、できるだけ健康状態の悪化やトラブルを感じさせない理由でお願いをしましょう。

親戚にお金を借りるときの頼み方

親戚のおじさんやおばさんにお金を借りる場合、親や祖父母のように「万が一返済してもらえなくても仕方ない」と割り切れないことが多いでしょう。つまり貸す側の不安も大きいということです。

そのため、お金を借りる場合は普段の親しさは置いておき、借りる理由や伝え方などで不安を抱かせないように誠実な態度が必要です。不信感を抱かせてしまえば、貸してもらえるものも貸してもらえないとなってしまいます。

それらを知った上で、親戚からお金を借りるときに適している理由は次の通りです。

  • 学費の補助として
  • 医療費の補助として
  • 住宅購入・引っ越し資金の補助として

「お金がなくて困っている」ということを知られることになるため、信頼関係のダメージが小さい理由の方が良いです。 そのため、どうしても急に必要になったという「緊急性」のある理由でお金を借りることがベストでしょう。

市役所でお金借りる方法がある

市役所でお金借りるの画像

市役所でお金借りる条件を知る前に…

当サイトお金借りるチカミチでご紹介している市役所でお金借りる場合の解説は、各種貸付制度の要約をまとめています。

市役所の支援制度は、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金など、複数用意されており、種類ごとに貸付条件や必要書類等が異なってきます

そのため、お住まいの地域の市役所HPや福祉協議会サイトを必ず参照してください。

ある程度の知識を持って市役所の窓口で相談すると、職員の方もスムーズに対応できます。

まずは自分が市役所でお金借りる条件に当てはまるか?や、貸付制度の概要を知りましょう。

市役所サイトを確認しよう

居住地の各市町村のHPへアクセスし、サイト内検索で「生活福祉資金貸付」または「貸付制度」と検索してください。
該当のページの一覧が表示されます。

福祉協議会サイトを確認しよう

市役所等の貸付制度は、各都道府県の福祉協議会が運営しています。
市役所のサイトにより詳しい情報もありますので、詳細を確認しておきましょう。

市役所で借りたお金、どんな用途で使える?

市役所の貸付制度は複数ありますが「生活福祉資金貸付制度」の場合、以下の資金使途で借入ができます

  • 生業を営むために必要な経費
  • 技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 居住する住宅を増改築、拡張、補修、保全するのに必要な経費または公営住宅を譲り受けるのに必要な経費
  • 福祉用具等の購入に必要な経費
  • 障がい者用自動車の購入に必要な経費
  • 中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費
  • 負傷または疾病の療養に必要な経費
  • 介護サービス、障がい福祉サービス等を受けるのに必要な経費
  • 災害を受けたことにより自立のため臨時に必要となる経費
  • 冠婚葬祭に必要な経費
  • 住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
  • 就職、技能習得等の支度に必要な経費
  • その他日常生活上一時的に必要な経  

どの貸付も、借入から据置期間が6か月設定されているので、翌月からすぐにお金を返さなければならないということはありません。

6か月後から返済開始となります。

市役所でお金を借りれるのは、最短即日?審査期間は?

市役所の貸付制度は全国の福祉協議会が運営していますので、市役所などが書類の確認をした後、審査は福祉協議会に託されます。

低所得者と認定するのに厳密な審査が必要になるので、審査期間は最短で1か月程度かかります。

公的機関の貸付制度

市役所等の公的機関の貸付制度は、生活福祉資金貸付制度など複数用意されており、各都道府県の福祉協議会が運営を行っている

この貸付制度の基本は、生活に困っている人を自立した生活ができる様に支援することを目的としている為、何らかの正当な理由で生活困窮に陥った人でない限りお金を貸してくれません。

低所得者で貸付を希望する場合、認定はよほど正当で無い限り難しいと考えておいた方が無難です。

私の経験上、世帯に働ける家族がいる場合は「パートに出れないか?」、車をもっている場合は「売却できないか?」など、「現状でどうにか対応策はないか?」とできるだけ自活できる方向の話になります。

借りた後の返済のこともありますし、公的資金で運用されるので当然と言えば当然です。

他の方法も視野に入れて考えてみる

返済できるアテがあり、一時的な資金を必要としているのであれば、カードローンも検討してみてはいかがでしょか?

市役所の貸付制度ですと、審査から貸付まで1か月程度かかります
加えて連帯保証人の印鑑証明の提出等、手続きも煩雑になります。

それに比べて、消費者金融系のカードローンであれば、保証人不要・収入証明も不要です。
※50万円以上の借入の場合収入証明が必要な場合があります

消費者金融系のカードローンはWEBサイトで申込みが完結する為、今すぐ審査申込みが可能です。

そして、最短即日で振込まで対応してくれます。

お金を借りたいけど金融機関は「審査が通るか不安」という方は、シュミレーション診断を試してみてはいかがでしょうか?
おすすめ特集ページ「審査が早いカードローン特集」から診断に進めますので、気になるカードローンを選んでみてくださいね。
審査が早いカードローン特集