「今月、お金を使いすぎてしまった」「臨時出費が立て込んで給料日までもたないかも」
このように生活費が足りないなどの理由から、お金を借りたいと思う人は意外と多いものです。

この記事でわかること
  • お金を「借りれる人」と「借りれない人」の違い
  • 借りれない人の対策
  • 借りれる人の強み

ここでは、お金を借りたいと思ったときに「借りれる人」と「借りれない人」がいる理由と実際に借りる手段を紹介しています。

お金を借りたいならまず借りれる状態か確認すること

お金を「借りれる人」と「借りれない人」がいます。あなたは「借りれる人」と「借りれない人」のどちらに該当するでしょうか?その違いに大きく関係しているのは返済能力です。

「借りれる人」とは、具体的な例を挙げると会社員です。その理由は簡単で安定した収入があり、借りたお金の返済が見込めるためです。

逆に「借りれない人」とは、無職・専業主婦・20歳未満・ブラックリストに該当する人です。なぜなら収入が無いのでお金を貸しても返済の見込みが低いと判断されるためです。20歳未満の場合は法的な責任能力が低いと判断されます。

借りれる人には安定収入がある

会社員がお金を借りれるのは、安定した収入が見込めることが最も大きな理由です。お金を貸す金融会社は、利息分を含めて借金を返済できる人にしか貸すことはできませんので、借りる金額と返済までの回数を考慮して十分な収入がある人に対して融資を行っています。

その点でいえば、会社員は月20万円以上の収入があると、その中から毎月1~3万円程度の返済ができると判断することができます

したがって、他に借入がなければ50万円程度までなら、比較的簡単に借りることができるはずです。

50万円以下の融資を探すなら次のページがおすすめです。

無収入は借りれない人になってしまう

失業者やニート、専業主婦などの無職、20歳未満、借り過ぎ、ブラックリストの人は「借りれない人」に該当します。なぜなら、これらの人は会社員と違って収入が無いので、返済するためのお金を用意することができないと判断されるためです。

返済能力が無い人にお金を貸すのは金融会社にとって貸し倒れリスクの高い融資になってしまうので、審査を受けても落とされることになります。

また、滞納や自己破産、債務整理のように金融会社に大きな損害を与える金融事故を起こした人は、以降金融業者間で情報共有されます。このように一度ブラックリストに登録されると金融会社は「踏み倒しの恐れあり」と判断するため融資を避けるようになります。

借りれない人の問題解決法2つ

では、借りれない人がその問題を解決するためには何をすれば良いのでしょうか。

今回は「借りれない人」に該当した人でも、問題を解決すれば一定の期間を経過したあとに「借りれる人」になることは可能です。ここでは、「借り過ぎの場合」「収入がない場合」に分けて解決法を紹介します。

借り過ぎの場合の解決法

借り過ぎとは、1社もしくは複数社からの借入総額が年収の1/3を越えていることです。これが「借りれない人」になってしまった理由です。

「借入総額は年収の1/3まで」というのは、法律で定められている総量規制というルールに基づいたものです。これを解決するには、借入総額を減らす収入を上げるかの方法で解決することができます。

おすすめの解決方法は、複数社から借金がある場合はまず1社完済することです。しかし、お金を借りようとしているときに繰り上げ返済をするのは難しいと考えられるので、現実的には収入を上げて返済能力を高める方が対応しやすいでしょう。

収入がない場合の解決法

収入がないことが理由でお金を借りれない無職の場合は、収入を得ることで問題が解決できます

なぜなら、金融会社が無職にお金を貸せないのは無職の人には返済のためのお金を得る手段が無いことが理由なので、働き先を見付けて毎月の収入がある状態になれば貸せない理由が減ります。

収入がある状態を3か月程度継続するだけで、お金を借りれるようになります。

働ける人は働き先を確保する

ハローワークや求人誌を見て、とりあえず働き先を確保しましょう

「お金を借りる」という点のみで言えば、正社員とアルバイト・パートどちらの雇用形態でも構いません。とにかく雇用されていて毎月の給与収入があることが重要です。

給与が入れば新たな借金をする必要がなくなるかもしれませんが、まとまったお金が必要な方であれば3か月続けて給料が入れば、金融会社でお金を借りることができるようになります。

働いて3か月続けて給料を貰ったら次の記事へ進みましょう。

働けない人は市役所の制度を確認してみる

病気や怪我、障害などで働くことができない人の場合は、金融会社からお金を借りることは諦めなければなりません。
このような場合は、市役所などに行き相談することで生活保護生活福祉資金貸付制度(※参照:生活福祉資金-全国社会福祉協議会)を利用できる可能性があります。

働けない場合は、客観的な証拠を用意しておくことが必要になります。

会社員なら借りても良い理由3つ

人生、一度ぐらいはお金が足りなくなることがあってもおかしくはありません。そんなとき消費者金融の使い方がわかっていれば、心のどこかに余裕を持つことができるかもしれません。

会社員の強みは、雇用され労働を提供している限り給料が毎月支払われることが約束されていることです。これが、お金を借りるという信用サービスを受ける場合も強みになります。

安定収入がある会社員がお金を借りても大丈夫な理由は次の3つです。

返済する必要があることをわかっているから

一般的な会社員であれば、お金を借りたら返さないといけないことは理解しています。返済する必要があることを知った上で借りようとするときには、返せる見込みがあると自分で判断できているはずです。

借りる前に返済額を確認し、毎月の返済金額を想定した上での生活費を確認しておくことが理想的です。

給料で借りたお金を返せるから

会社員は毎月給料が入ってくるので、給料の一部を借金の返済に充てることは可能です。住宅ローンや自動車ローンなどのように毎月の返済額が高い借入があったとしても、給料から月1〜2万円ずつ返済する余力があればお金を借りても返済はできるはずです。

そう考えると、どうしても欲しいものがある場合や一時的な出費の時に、クレジットカードと同じように分割払いの感覚でカードローンを使用することはそんなに悪い方法ではありません。

では、最終的にどこでお金を借りればいいのでしょうか?

おすすめの1つにアイフルがあります。はじめての方は契約後30日間は利息0円サービスがあるため、1度少額で利用してみるのもありだと思います。

まずは簡易診断してみましょう。簡易診断の結果「融資可能と思われます」との回答が出た場合、そのまま審査に進むことができます。

下にある「まずは簡易診断をしてみる」ボタンから公式ページを確認してみてください。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。