「ゴールデンウィークを過ごすお金がない」

ゴールデンウィークに予定を立てたいけどお金がなくて困っていませんか?ゴールデンウィークの賢い過ごし方を探している人はここで解決していってください。

この記事でわかること

お金がない時のゴールデンウィークの賢い過ごし方

それでは早速、説明していきます。

ゴールデンウィークにお金がない時の過ごし方

ゴールデンウィークにお金がない時の過ごし方

令和2年のゴールデンウィークは5月2日から5月6日までの5日間です。4月30日と5月1日の祝日を休みにして大型連休を狙っている人もいるのではないでしょうか?

連休を外で過ごすなら人数や日数が増えるほど必要なお金も増えていきます。

金欠時に連休を過ごす鉄則

自宅で過ごす

金欠で連休を迎えるなら自宅で過ごすのがベストです。実家が近ければ帰省して家族で過ごすことも節約になるでしょう。

お金を使わずに連休の思い出を作る

旅行に行けば普段と違う経験ができるので子供にとっては良い思い出になります。ですが、お金がなければそれもできませんよね。

子供を連れて旅行するとなれば国内も海外も値段が嵩みます。特にゴールデンウィークはハイシーズンなので通常よりも価格が高く、更に予約の取り辛さと移動手段の混雑が目立ちます。

お金を使わずに連休の過ごし方を考えた場合、実家に帰省するだけでも普段と違う経験ができることに変わりありません。

いつもと違う場所、違う人と接することで気分転換にもなります。

自宅で過ごすのが一番の金欠対策

家計が苦しい時は遠方の実家へ帰省は諦めて自宅で過ごしましょう。

一人暮らしでお金がない人は自宅で掃除や洗濯など家事をして過ごすのがベストです。

ゴールデンウィークは夏や冬のように冷暖房で光熱費が上がることもありません。最もお金をかけずに自宅で過ごすことができるおすすめの季節です。

自宅で過ごすならスマホアプリや読書は時間を忘れて没頭できるので時間を持て余す時の過ごし方としておすすめですよ。ただし、課金で首を締めないように注意しましょう。

ゴールデンウィークを後払いで楽しむ方法

ゴールデンウィークを後払いで楽しむ方法

ゴールデンウィークの過ごし方は家族、子供、友人などによって大きく変わります。

連休を使って人気の海外旅行や国内ツアーの計画を立てる人もたくさんいますよね。

ゴールデンウィークなどの旅行計画は少なくとも3か月前には予約が必要ですが、今年は新型コロナの影響で旅行需要が落ちて代金高騰が緩やかになると考えられますので普段は実現しにくい英語圏への旅行が狙い目かもしれません。

ゴールデンウィークの資金計画のコツ

年1回のイベント料金は数か月かけて払う

旅行計画は金欠の原因

ゴールデンウィークは5月ですが2月中には計画しなければなりません。

ツアーの予約は基本的に先払いなので予約時に支払いが発生します。2月は新生活に向けて出費が嵩むのでお金が少なくなりで支払いが難しくなることもあるでしょう。

そんな状況からでもなんとかする方法を紹介します。

現金払いも多い旅行代理店

年1回ぐらいしかできない家族イベントはできるだけ大切にしたいと誰もが思っていることです。

したがって、少し無理をしてでも可能な範囲でなんとか計画を実現しようとする人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードなら分割払いが可能ですが、旅行代理店には現金振込しかできないところもたくさん残っています。そうなると一度に全額を準備しなければならないことが大きな壁になってしまいます。

後払いで連休を楽しむ方法

大切なイベント1回にかかる費用を後払いする方法を紹介します。

ただしこれができるのは現在も働いていて安定収入がある人に限ります。頻繁に使うような方法ではありませんので計画的に使わなければなりませんし、金額も10万円を超えないようにしなければなりません。

ここで紹介する後払い方法とは、カードローンの利用です。

カードローンは、定期的に返済できる範囲で計画的に利用すれば賢い後払い手段と考えることができます。

カードローンのメリット

現金が引き出せる

先述の通り、旅行を計画するにはクレジットカードで支払いができない旅行代理店がたくさんありますので、現金を引き出したり振込ができるのはカードローンの大きなメリットです。

また、日本にもクレジットカードなどの電子決済が進んでいない地方もたくさんあります。そのような場所で過ごす時には現金を準備しておかなければなりませんのでカードローンは使えます。

返済計画にもよりますが、6回〜12回に分けて返済すれば毎月1万円〜2万円の返済なので利用しやすい範囲です。

今すぐ現金が必要な人は次の特集記事から金融会社の公式サイトを確認してください。