「借りたお金をおろすまでの時間はどれぐらい?」
「どこでお金をおろせるの?」

カードローンを申込んだあとにお金をおろすまでの時間が気になる人はここで解決していってください。

この記事でわかること

借りたお金をおろすまでの最短時間と早く借りる方法

それでは早速説明していきます。

最短でお金をおろす借り方

最短でお金をおろす借り方

審査を申込んでからお金をおろすまでに必要な時間は最短で60分です。あなたは「最短の60分でお金をおろすための借り方」というものがあるのをご存知ですか?

より早くお金をおろせるようにするためには、少しだけカードローンの仕組みを知っておく必要があります。

まずは、カードローンでお金をおろすまでの3つの手順を確かめましょう。

お金をおろすまでの3 Step

申込み→審査→契約

カードローンは必ずこの3 Stepを経たうえでお金をおろすことになります。

順番に説明すると・・・

手順1.公式サイトから申込む

コールセンターに電話するのが一番早いと思うかもしれませんが、実はスマホやPCを使って公式サイトから審査に進むのが確実に早く申込む方法です。

スマホやPCを使うことで電話の混雑を避けられるだけでなく「周囲の人に話を聞かれなくて済む」という最大のメリットがあります。

公式サイトで申込むメリットは早さや便利さだけでなく、事前に簡易審査を受けることができることです。

簡易審査は公式サイトにある「1秒簡易審査」(アイフル)や「10秒簡易審査」(SMBCモビット)のボタンから受けることができます。

本審査前に予め簡易審査を受けておけば希望額が借りれるかどうかを確認できます。

もし、簡易審査をせずに審査を申込んだ結果「審査落ち」になると、それ以降に申込む審査でマイナス評価になってしまいます。

申込みにかかる時間は入力速度にもよりますが大手消費者金融の審査申込みならだいたい10分程度で完了するはずです。

手順2.審査を受ける

アイフルやSMBCモビットの公式サイトで簡易審査を受けると主に3パターンの結果が出ます。

この簡易審査の結果で「融資の検討が可能」と判定された場合にそのまま本審査入力に進みましょう。

予め準備しておくもの

本人確認書類(免許証など)、収入証明書類(50万円以上の借入希望または他社との総額が100万円を超える場合

本審査に進んだ時の注意は、カードローン利用目的を「生計費」にしましょう。カードローン会社は事業資金目的を受付けていないことが多いためです。

審査結果判断のポイント
  1. 融資可能と思われます(審査通過の可能性が高く、融資の検討が可能な状態)
  2. 入力された情報だけでは融資できるかわからないので仮審査に進んでください(収入と借入総額で総量規制に該当する問題があり審査は通らないだろうと判断された状態
  3. 規定により借入はできません(20歳未満や70歳以上や無職は各社規定により融資はできないと判定されます

パターン2のように「入力された情報だけでは〜」という回答が出た場合は、借入希望額を下げることでパターン1に変化させることができるかもしれません。

ここで重要なのは、借入総額が年収の1/3以下に収まるかどうかです。

本審査に進む際には必ず本人確認書類(運転免許証やパスポートがベスト)と収入証明書(必要な場合)を提出しなければなりません。WEBで申込む場合はWEB上からアップロードすることができるのでスマホの写真などを使います。

また、スムーズに審査を進めるために在籍確認対策を忘れてはいけません。

在籍確認

審査の段階で電話による職場に在籍確認が行われます。

借入を希望する人が本当に社員として在籍しているのかを確認するだけなので「○○さん居ますか?」程度の簡単な内容です。

基本的には在籍確認によって消費者金融からの電話であることがバレることはありません。

しかし、この電話に誰も出ることができなかったり、「該当する社員は在籍していない」などと電話対応者が回答してしまうと契約が止まってしまいます。

当日中、更に言えば最短1時間程度でお金をおろしたい場合、「在籍確認に対応できるようにする」ことが一番大切なことです。

会社が休業日や全員不在時は要注意

本審査に進み、審査結果がわかるまでに必要な時間は最短30分(大手消費者金融の場合)です。

手順3.契約する

在籍確認は審査の最終段階で行われるため、確認があれば「もうすぐ審査を通過するかも」という目安にもなります。

審査申込みから30分程するとメールなどで審査結果が届きますので、融資可能の判定が出た場合は契約手続きに進みます。

審査に通過してしまえばあとは契約してお金をおろすだけなのですが、なるべく早く引き出したいならカードローン会社からの連絡に早く対応することを心がけることが大切です。

カードローン会社で確認手続きが終了すれば融資可能な範囲でお金をおろすことができるようになります。

早くお金をおろせるカードローン

1から3の手順を知っていると最短で審査申込みから契約を経てお金をおろすことができるかと思います。

審査申込みにかかる時間は入力速度にもよりますが、10分程度あればできます。更に審査にかかる時間が最短30分、その後契約して借入できる状態になるまでに30分ほど手続きにかかるため、借りようと調べてから最短で70分程度でお金を借りておろせる状態にできます。

ただ、それを実現するためには大手消費者金融のカードローンが必要です。

そこでおすすめなのは、次の審査が早い金融会社を集めた記事です。それぞれカードローン会社の公式サイトを確認しやすくなっていますのでチェックしてくださいね。