ビールで乾杯するサラリーマンの画像

年末年始の金欠に備える

12月は忘年会やクリスマス、そして年越しで「今年もよく頑張った」と、どことなく開放感が溢れる1か月です。と同時に、何かと出費がかかり金欠になりやすい1か月でもあります。

普段は節約を意識して暮らしている会社員でも、12月は「気が付けば10万円ぐらい使ってしまった」なんてことがよくあります。

付き合いで外せない忘年会

「今年もこの季節が来たか〜」となっているかもしれません。そう、忘年会シーズンです。最近では断る人も増えているようですが、営業マンなど職種によっては断れない場面も多いです。

経費精算できればいいですが、できたとしても先払いではなく一旦は自分で立て替えておくパターンも多いです。
2軒、3軒…とハシゴすることも。こうなるとご祝儀貧乏ならぬ、忘年会貧乏です。

クリスマスプレゼントにお年玉

それだけでなく、家族や恋人にはクリスマスプレゼントの準備、更に年末は帰省のための交通費やお年玉。成人を控えている子供がいれば成人のお祝いなど、1回の出費自体も大きくなりがちです。

どれも数が増えるほど出費が多くなるので、毎年年末になるとお金が足りないなんて状況に。

これらは節約しようと思えば節約できることではありますが、忘年会の不参加は印象が悪くなりますし、プレゼントをケチると喧嘩の原因になってしまったり。帰省先が遠い方であれば家族全員の交通費や飲食代で数万〜数十万ぐらいはかかってしまい、かなり痛い出費。ですが、年に数回しか会わない親を思えば年末年始ぐらい顔を見せに帰ろうと思います。

年末年始にかけて一時的な金欠になってしまう前に、現金を確保できるように備えておかなければなりません。

支払日の分散による家計調整

12月は金欠になりやすいことがわかっているので、支払日をずらして出金を分散するような工夫をするのが良いでしょう。

クレジットカードで支払い日をズラす

簡単な方法であれば、支払日が異なるクレジットカードを使って支払いを行います。それだけで、半月以上の支払いの余裕を作ることができます。

クレジットカードは会社ごとに締め日と支払日が異なるため、10日引き落としのカードや、27日引き落としのカードなど、いろいろなパターンがあります。

1枚のカードや支払日を1回にまとめておけば管理はしやすいですが、家計が自転車操業の状態なら、賢くお金を回すためにも支払いを分散させるのはおすすめです。

一時金が必要ならお金を借りるのもアリ

支払いで金欠状態になったときは、お金を借りるという選択も考えられます。特に忘年会であれば割り勘が多いので、カード払いが難しく現金が必要になります。一時的な金欠で現金が必要な場合は、計画的に借りて口座残高を補填しておくのが良いでしょう。

10万円程であれば早ければ翌月、無理でも12か月かけて毎月1万円程度を返済していけば大丈夫です。借りる金額が年末を過ごすための生活費ぐらいであれば、1年かけて返済すれば利息を含めてもそう大きな負担にはなりません。

もし借りた当時は苦しい生活状況でも、1年あれば転職や副業などなんとかすれば状況を変えられる可能性もあります。

銀行カードローンは12月27日以降が要注意

もし年末年始に銀行のカードローンでお金を借りようか検討している人は、「12月27日から1月6日」にかけては注意してください。

理由は、金融会社ごとに年末年始の営業日が異なるためです。

銀行カードローンは年末年始の融資可能日と審査締切日が大きく違っていて、特に審査締切日に注意が必要です。

例えば、三井住友銀行カードローンは、2019年12月30日までに振り込みが必要なら2019年12月27日14時までに審査申込みが必要です。審査申込みが12月27日14時以降になってしまうと、振込みはなんと2020年の1月6日以降になってしまいます。

これでは年末や正月にお金を用意することができないため、銀行カードローンは余裕を持って申込みをしてください。

大手消費者金融は元旦(1/1)に注意

大手消費者金融は、指定銀行口座を持っていれば融資審査通過後に最短、即日振込みが可能な点が最大の魅力ですが、気になるのは「年末年始も利用できるのか?」という点です。

大手消費者金融も元旦(1/1)は休業である場合がほとんどですが、12月31と1月2日であれば利用が可能です。ただし、時短営業になっているので時間には気をつけましょう。

唯一、元旦に利用できるのがアイフルです。
元旦(1/1)もATMや無人機などが利用可能ですので、元旦にお金が必要な方はアイフルを利用しましょう。WEBからの申込みは24時間可能です。

2019年〜2020年アイフル年末年始の営業時間

無人契約ルーム
「てまいらず」
店頭窓口 ATM
12/29(日) 8:00〜22:00 10:00〜18:00 7:00〜23:00
12/30(月) 休業
12/31(火)
1/1(水)
1/2(木)
1/3(金)
1/4(土) 10:00〜18:00

※一部、店舗により営業時間が異なります。また、ビル休館に伴い営業時間の変更が発生する場合があります。他店舗と営業時間の異なる店舗はアイフル公式サイトから確認できます。

年末年始の駆け込み需要に注意

年末年始は金融機関の営業が休みになるので、焦ってお金の工面をしようと思っても難しいです。

同じように焦った人が駆け込みで申込むことも多く、年末年始の融資申込みが重なってしまうため審査に時間がかることもあるようです。

忘年会やクリスマスはなんとか凌げそうだが、このままいけば年末や年明けに「金欠になる」と焦り始めている人は、早めに借りておくべきです。
簡易診断で借入可能かどうかシミュレーションできるので、先に診断しておくのもアリです。

そして、年末年始は安心してのんびり過ごしましょう。

アイフル

  1. 金利:3.0%~18.0%
    (実質年率)
    融資額:800万円以内

    ※当社ご利用限度額が50万円超、
     または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は
     源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

    おすすめ度 5.0
    速さ・利便性 5.0
    安心度 5.0
  • ポイント
  • 審査条件
  • アドバイス
  • 管理人借り入れ経験あり!最速審査で家族にバレない

    事前に融資可能か診断できる

    最短30分で審査

    WEBで完結するから誰にも知られない

    ※詳しくはアイフル公式サイトをご確認ください。
  • スマホの方は横にスクロールできます
    誰でも借りれる? 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
    ※取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資は停止となりますのでご注意ください
    ATMは使える? 提携ATMで借入や返済が可能
    担保・保証人は必要? 保証人も担保も不要
    収入証明は必要? 収入証明も印鑑も不要
    ※限度額が50万円未満、且つ他社を含めた借入総額100万円未満の場合は、原則不要
    即日融資は可能? 即日借りれる!
    ※詳細はアイフルの公式サイトをご確認ください
    返済回数や期間は? ・1回の支払いにつき
     35日以内または毎月約定日払い
    ・借入直後最長14年6か月(1~151回)
     ※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
    必要な申込書類は? 運転免許証など
    返済方式は? 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
    ※当サイトの情報には万全を期しておりますが、アイフルの貸付条件改定等でズレが生じる場合がございます。必ずアイフル公式サイトで詳細をご確認ください。
  • 最近の消費者金融系カードローンは銀行グループの傘下に入っていることが多いので審査基準が画一化されているかもしれない。アイフルは独立系ノンバンクとして生き残ってきた東証一部上場企業なので、審査基準が独自の可能性が高い。審査に少し不安があるなら申込みをして相談してみるのも。
    今なら契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りれる。借入と返済の利便性の高さの確認をしたり、入金までの時間なども実際に体感できるので申込みしておくべき。

公式サイトでもっと詳しく
1秒で結果がわかる簡易診断あり

アイフルの簡易診断は、たった4項目の質問に答えると1秒で融資可能か?結果が分かる。WEB上の仕組みだからあなたの情報は金融業者に送信されないので、安心してまずは融資可能か確かめてみよう。